ヒルナンデスmemo「修善寺で久本雅美さんが女ひとり旅」

ヒルナンデス
※写真はイメージです

2017年10月6日に放送されたヒルナンデスは、久本雅美さんの女ひとり旅!今回は、伊豆の小京都とも呼ばれる人気の観光地、修善寺を訪れました。都心から約2時間、日帰りでも楽しめる修善寺のグルメや見どころが紹介されました。

スポンサーリンク

独鈷茶屋

独鈷茶屋は、足湯を気軽に楽しむことのできる河原湯のすぐ近くにあり、伊豆の名産である生わさびソフトクリームが人気のお店。

View this post on Instagram

A post shared by いわい (@shige9009) on

  • 生わさびソフトクリーム 290円
    ソフトクリーム自体の中にわさびを練りこむのではなく、ソフトクリームの横にド~ンと生わさびをトッピングした一品。

 

住所静岡県伊豆市修善寺970  地図
TEL0558-72-6112
営業時間9:30~17:00
定休日木曜(祝日の場合は営業)
食べログ

竹林の小径

修善寺の定番観光スポットのひとつが竹林の小径です。竹林の間を石畳の散歩道が約300メートル続いており、すぐ近くを流れている川のせせらぎを聞きながら静かな竹林の中をのんびりと散歩することができる。途中には竹で作られた丸い形のベンチもあるので疲れたら休憩もできる。日没後はライトアップされ、幻想的な世界が広がる。


Photo by じゃらん

ライトアップは日没~23時まで

 

住所静岡県伊豆市修善寺3463−1  地図
TEL 0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)

屋台 さくだ

番組収録中にたまたま通りかかった食通でもある放送作家、小山薫堂さんおすすめのお蕎麦屋さんが、修善寺温泉の裏通りにひっそりと佇んでいる屋台 さくだ。ワンコインで自慢の塩そばを始め、3品がセットになったそばのコースが楽しめる。

View this post on Instagram

A post shared by Kazuhito Yamashita (@yamashii70) on

View this post on Instagram

A post shared by Yuking (@minae378) on

  • おまかせコース 500円

 

  1. 塩そば
    北海道産のそば粉を使用した十割そば。ふりかけた岩塩とすりおろしたての生わさびをそばによく混ぜていただく。
  2. ぶっかけそば
    じゃがいもの天ぷらと岩のりがのったそば。
  3. そば湯
    ぶっかけそばの残った汁にそば湯と天かす、隠し味としてのゆずの皮を加えたシメにぴったりのまるでスープのような味わいの一品。

 

住所静岡県伊豆市修善寺3458-22  地図
TEL090-1479-3758
営業時間10:30〜15 :30
定休日水曜
食べログ

カルノ造船

カルノ造船は、伊豆を中心に活躍しているクラフト作家さんたちが共同で作ったギャラリー。作品の展示や販売の他、作家さんの指導による細く裂いた布でコースターを織る「裂織り体験」などのクラフト体験や紙切り作家である水口千令さんによる紙切りの似顔絵シルエットを作ってもらうことができる。

View this post on Instagram

A post shared by 室伏 シンヤ (@shinya_murofushi) on

水口さんは教科書の挿絵や切り絵による電車の装飾を手掛けた紙切り作家さん!一枚の紙を半分におり下書きはせずにイメージを膨らませ、手芸用のハサミを使い切っていく。5分ほどでできあがり紙を広げると横顔のシルエットの似顔絵切り絵が完成。その手さばきは、まさに神業!

他にも家具や木工、染物のクラフト作家さんがおり、お店では木の食器や手染めの布製品など温かみのある品々が販売されています。それぞれの作家さんが毎日お店にいるわけではありませんので体験希望の方は事前に問い合わせすることをおすすめします。

 

 

 

住所静岡県伊豆市修善寺697-1  地図
TEL0558-99-9006
営業時間11:00~15:00
定休日水曜、第1・第3木曜

修善寺 虹の郷

虹の郷は、東京ドーム約10個分という広大な敷地の中に中世のイギリスの村をイメージしたイギリス村やカナダ村、桜やアジサイなど季節ごとの花が楽しめる日本庭園、伊豆の村、匠の村あるテーマパーク。この中でグルメ好きな方におすすめなのが伊豆の様々な名物が食べられる昔の街並みを再現した伊豆の村です。

 

住所静岡県伊豆市修善寺4279−3  地図
TEL0558-72-7111
営業時間9:00~17:00
定休日火曜

鮎専門店 串や

伊豆の村にある串やでは、狩野川でとれた新鮮な天然鮎をいただくことができる。鮎は6月から8月は若鮎と呼ばれ香りが豊か、9月と10月は熟鮎と呼ばれ旨味が多く、11月と12月は下り鮎と呼ばれ卵を持っているそう。

  • 生かし鮎の塩焼き 700円
    心臓を避けて串を通し(こうすることにより身が引き締まりよりおいしくなるそうです)鱗を日本酒でぬらして炭火でじっくりと焼き、焼きあがったら昆布の旨味が凝縮した自家製の昆布塩をふりかけていただく。鮎の骨は、ご主人が骨抜きし中骨をから揚げにして昆布醤油をかけていただくことができる。
  • 鮎の焼き寿司 800円
    鮎の尻尾から白子まで一匹まるごと使い違った味を楽しめる。
  • 凍り酒 500円
    鮎と一緒にお酒だけを冷凍庫で凍らせた一品。

 

お店に行くには虹の郷の入場料(大人1200円・子ども600円)が必要
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
ヒルナンデス
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました