マツコ&有吉 かりそめ天国memo「ガチガチランキング!オムライス編(東京都内)」絶品オムライス ベスト10

話題のグルメ
※写真はイメージです

2020年3月6日に放送されたマツコ&有吉 かりそめ天国は、ガチガチランキングオムライス編!有識者4名が厳選した東京のオムライスの名店、BEST10が紹介されました。

⇒⇒「マツコ&有吉 かりそめ天国」(ガチガチランキング)のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

第10位 取材NG

 

第9位 メルシー(早稲田)

昭和33年創業のメルシーは、吉永小百合さんをはじめ早稲田の学生さんたち行きつけの町中華。

この投稿をInstagramで見る

jun(@mintons41)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • オムライス 650円
    中華鍋で豪快に炒めたケチャップ味のポークライスを昔ながらの薄焼き卵でくるっと包んだ長年、早稲田の学生さんたちに愛されてきたオムライス。ポークライスは、チャーハンのようにパラパラ、玉ねぎのシャキシャキ感も楽しめる。
店舗情報
住所東京都新宿区馬場下町63 地図
TEL03-3202-4980
営業時間11:00~19:00
定休日日曜、祝日
食べログ

第8位 Delizioso 0141(御徒町)

この投稿をInstagramで見る

Delizioso 0141(@delizioso0141)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • 白いオムライス ランチ 1600円
    お米を多く含んだ飼料を食べて育った”こめたま”という白い卵を使った白いオムライスに濃厚なチーズソースをかけた一品。ナイフを入れると半熟の黄身があふれだし、チーズソースがさらに濃厚に!
店舗情報
住所東京都台東区上野3-7-5 中戸川ビル 1F 地図
TEL050-5456-0549
営業時間ランチ  月~金 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー  月~木 17:00~22:30(L.O.22:00) 金・土 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日日曜、祝日
予約

第7位 キッチン たか(四谷三丁目)

キッチン たかは、四谷の名店「エリーゼ」で働いていた店主がオープンしたカウンター6席のみの小さなお店。メニューに揚げ物はなく、フライパンで作る焼き物メニューのみ。

この投稿をInstagramで見る

Reina🐤(@renacafegram)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • オムライス 1050円
    シェフ歴30年のシェフの鍋振りの技でケチャップの余分な水分を飛ばし食感はパラっとしながらも甘みが詰まったケチャップライスを超薄い玉子で包んだ余計な味付けはしないテクニックだけで作り上げた職人のオムライス。
店舗情報
住所東京都新宿区荒木町3-1 地図
TEL03-3356-2646
営業時間11:00~20:00  土 11:00~15:00
定休日日曜、祝日
食べログ

第6位 めぐろ三ツ星食堂(目黒)

この投稿をInstagramで見る

ぽよ(@chirashizushi_)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • お正油オムライス 1485円
    隠し味にナンプラーを使った和風ピラフに表面だけ半熟に仕上げた玉子をのせたオムライスには七味唐辛子とマヨネーズがかけられている。
店舗情報
住所東京都品川区上大崎3-4-6 瑛和目黒ビル 1F 地図
TEL03-3443-6568
営業時間月 11:30~14:30 火~金 11:30~14:30、18:00~21:30
定休日土曜、日曜、祝日
食べログ

 

第5位 ア・ヴォートル・サンテ・エンドー(中央区銀座)

銀座にあるア・ヴォートル・サンテ・エンドーでは、有識者曰く日本一美人なオムライスがいただける。

この投稿をInstagramで見る

RYOTARO ISHII(@ryo10151515)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • こだわりのオムライス 1750円~
    ベテランシェフの匠の技によって作りだされた卵の表面に艶があり美しいオムライス。契約農家から取り寄せた卵を4つ使い強火で加熱してから余熱でしっとりトロトロに仕上げ、ソースたっぷりで濃厚なリゾットタイプのチキンライスを包み込んでいる。

 

店舗情報
住所東京都中央区銀座5-9-5 田創館ビル2F 地図
TEL050-5872-2820
営業時間12:00~15:00、18:00~21:30 土 12:00~16:00、18:00〜21:30
日・祝 12:00~15:00、18:00〜21:30
定休日月曜
食べログ

第4位 麻布食堂(港区)

詳細な情報は放送NGだったため未確定ですが、お皿の模様から多分、麻布食堂

この投稿をInstagramで見る

弁護士JOKER(@lawyer_joker)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • オムライス ランチ 1000円
    ニュージーランド産の無塩バターを贅沢に使い香ばしく焼き上げたチキンライスには大ぶりな鶏肉がたっぷり。ケチャップに混ぜたソースが隠し味になっている。しっかりと表面を焼いた玉子でチキンライスを包んでおり、スプーンを差し込んだ時に香りが一気に広がるオムライスの宝石箱!

 

店舗情報
住所東京都港区西麻布4-18-1 麻布ウェスト B1F 地図
TEL03-3409-4767
営業時間11:30~14:00、17:30~21:30
定休日月曜、日曜、祝日
食べログ

 

第3位 取材NG(練馬区)

 

第2位 グリルグランド(台東区浅草)

浅草にあるグリルグランドは、昭和16年創業、3代に渡り続く行列の絶えない洋食の名店。

この投稿をInstagramで見る

リンリン(@rinrin99999)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

@i.nori_jpがシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • オムライス 1320円
    以前、マツコさんも食べたというオーソドックスな昔ながらのオムライス。
  • 特製オムライス 1760円
    有識者のおすすめは、自家製のデミグラスソースをたっぷりとかけたオムライス。デミグラスソースは、牛骨・牛スジ・香味野菜などを2週間煮込んだ濃厚なもの。チキンライスには、岩手県のブランド鶏、菜彩鶏を使用、バターと一緒に炊き込んだパラパラのご飯と一緒に香ばしく炒めている。

 

店舗情報
住所東京都台東区浅草3-24-6 地図
TEL03-3874-2351
営業時間11:30~14:30(L.O.13:45), 17:00~21:30(L.O.20:30)
定休日日曜、月曜
食べログ

第1位 レストラン 吾妻(墨田区本所吾妻橋)

レストラン 吾妻は、大正2年創業、現在は有識者がオムライス界の国宝という3代目が店主を務める洋食店。オムレツを上にのせて開く今では一般的なオムライスは、2代目の店主が最初に行ったそう。1955年頃からふわとろオムライスを提供し続けている。

この投稿をInstagramで見る

Melissa | Food & Travel(@supertastermel)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Toshi(@tossy0711)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • オムライス 3500円 ※生ハムのオードブル付き
    有識者が高いけど絶品というお客さんの目の前で仕上げてくれるオムライスは、そのパフォーマンスもレシピも昔と同じ。お米は、農家が自宅用に育てた市場に出回らないものを使用。2週間かけて作った芳醇なデミグラスソースがかかっている。
店舗情報
住所東京都墨田区吾妻橋2-7-8 地図
TEL03-3622-7857
営業時間17:30~20:30 日・祝 16:30~20:30
定休日火曜、水曜、木曜
食べログ
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
話題のグルメ
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました