王様のブランチmemo 週末トラベル「箱根&小田原のNEWスポット巡り」

王様のブランチ

2020年1月11日に放送された王様のブランチの週末トラベルは「箱根&小田原のNEWスポット巡り」でした。昨年11月におよそ半年ぶりに立ち入り制限が解除された大涌谷や海の幸が満喫できる小田原にオープンした海の幸が満喫できる新名所などが紹介されました。

⇒⇒「王様のブランチ」(週末トラベル) のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

NEWスポット① 芦ノ湖に新海賊船が就航

クイーン芦ノ湖」は、2019年4月に新たに就航した新海賊船。クイーンの名にふさわしく優雅でラグジュアリーな船で箱根町港から桃源台港まで約30分の船旅を楽しめる。

箱根町港→桃源台港
片道運賃 大人1050円・税込、子ども520円・税込 ※特別船室利用の場合、大人+500円・税込、子ども+250円・税込

 

NEWスポット② 大涌谷の立ち入り制限解除

大涌谷は、噴火警戒レベルが引き上げられたため昨年5月から約半年に渡り立ち入り禁止となっていたが、その立ち入り制限が12月に解除!約3000年前の箱根火山の噴火によって造られ、噴煙が立ち昇り火山活動の迫力が感じられる大涌谷は、かつては地獄谷とも呼ばれていた。


Photo by じゃらん

 

住所神奈川県足柄下郡箱根町箱根 仙石原 地図

大涌谷くろたまご館

大涌谷の地熱を使ってつくられた黒たまごは大涌谷の名物。生卵を大涌谷の温泉で1時間ほど茹でると温泉に含まれる鉄分が殻に付着、そこに温泉に含まれる硫黄が結びつくことで殻が黒く変色している。1個食べると寿命が7年伸びると言われている。

View this post on Instagram

A post shared by まや (@my_maya_ym) on

黒たまご 5個入り 500円・税込

 

 

住所神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251 地図
TEL0460-84-9605
営業時間くろたまSHOP 9:00~16:30
黒たまごの販売 9:00~16:00 ※売り切れ次第終了

ロープウェイ

桃源台駅→早雲山駅を結ぶロープウェイは、大涌谷の真上を通過‼上空から噴気地帯を見下ろすことができる。

桃源台駅→早雲山駅 片道運賃 大人1480円・税込、子ども740円・税込

 

NEWスポット③ 箱根がアニメの街に!

箱根は、国民的人気アニメ、1995年にTVアニメ放送され社会現象を巻き起こしたエヴァンゲリオンの第3新東京市の舞台。新劇場版4部作の完結編となる映画が今年の6月に公開予定、さらに今年はシリーズ25周年のアニバーサリーイアーということもあり、1月10日からエヴァンゲリオンと箱根のコラボイベント「エヴァンゲリオン×箱根 2020」がスタート。箱根の街全体が史上最大規模でエヴァンゲリオン化!桃源台駅には巨大な初号機のフィギュアを展示、駅名もアニメに出てくる「第3新東京市」に。箱根の山中を走るバスにはエヴァンゲリオンがラッピングされている。

箱根小涌園ユネッサン

水着で入れる温泉施設、箱根小涌園ユネッサンでもエヴァコラボイベントを開催中。コーヒーやワインを使ったお風呂が人気のユネッサンでエヴァンゲリオンとコラボしたのは、洞窟風呂の中にあるセカンドインパクトという大災害により赤く染まった海をイメージした真っ赤なお風呂「セカンドインパクトの湯」。さらに洞窟風呂の外にある温泉スライダーの湯も赤く染まっている。売店では、キャラクターをイメージしたフードメニューも販売している。


Photo by じゃらん

ユネッサン(水着エリア)料金 大人2500円・税込、子ども1400円・税込
紹介されたメニュー
  • エヴァンゲリオン初号機サンデー 490円・税込 ※1月10日~6月30日まで販売
    抹茶アイスとベリーソースの下にはコーンフレークとグレープゼリーが入っている。

 

住所神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297 地図
TEL0460-82-4126
営業時間10:00~18:00 ※土日祝 9:00~19:00

NEWスポット④ 小田原に海の幸が満喫できる新名所オープン

漁港の駅 TOTOCO小田原

昨年11月にオープンした漁港の駅 TOTOCO小田原は、関東屈指の好漁場と言われる小田原の海の幸を使ったお土産屋さんやレストランなどが入った施設。1階は地場物産販売コーナー、2階はフードコート、そして3階にあるのが食べ放題のおさしみ天国!

 

 

住所神奈川県小田原市早川1番地の28 小田原漁港西側エリア 地図
TEL0465-20-6336

おさしみ天国・小田原海鮮ゴーゴー‼

3階にあるおさしみ天国は、新鮮な刺身を食べ放題で楽しめるお店。小田原漁港がすぐそばなので早朝のセリの朝獲れ魚が開店時間には店内に並ぶ。小田原産のキハダマグロやマダイなど、そのままお刺身として食べる他、オリジナルの海鮮丼をつくるのもおすすめ。

View this post on Instagram

A post shared by noon (@no.on9798) on

 

食べ放題料金:大人 2590円・税抜、子供(小学生以下)1390円・税抜 ※制限時間 59分間

 

TEL050-5456-3803
営業時間10:59~17:00(最終入店16:00)
食べログ

地場物産販売コーナー

1階にある地場物産販売コーナーでは、小田原であがった鮮魚や地元で採れた野菜をはじめ、地元の名産や魚介土産など約1700種類を販売している。

人気のお土産ベスト5

第5位 かつお節ポテトチップス 334円・税抜
鰹節の名産地、静岡県焼津市の鰹節屋さんが作ったポテトチップス。鰹節の小袋が付いており、それを袋に入れよく振ってからいただく。

第4位 小田原キウイの生ようかん 815円・税抜
老舗和菓子店が小田原の食材を使って作った生ようかんは、小田原梅・小田原キウイ・片浦レモンの3種類。中でも人気があるのがフルーティーな小田原キウイの生ようかん。キウイジャムと白あんを合わせている。

第3位 海のぺっちゃんズ 450円・税抜
ちりめんを鉄板でプレス焼き海の幸を使ったおせんべいのような商品。味付けはしておらず魚介の旨味が凝縮している。ちりめんの他にものりちりめん・えび・かいばしらとバリエーションは全部で4種類。砕いてサラダにのせたり、お茶漬けにして食べるのもおすすめ。

第2位 旨さば餃子 980円・税抜
小田原の老舗味噌屋「加藤兵太郎商店」の味噌を使ったさば味噌味の餃子。味噌味がしっかりついているのでタレなしでおいしく食べられる。

第1位 雲丹醤油 1200円・税抜
大手メーカーをはじめ全国からエントリーされた調味料選手権2019で総合1位に輝いたうにがたっぷりと入った醤油。本州で購入できるのは漁港の駅のみ。

営業時間9:00~17:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました