マツコの知らない世界memo「この夏行きたい!軽井沢のカフェ&絶品グルメ」

マツコの知らない世界

2019年7月2日に放送された「マツコの知らない世界」は、夏の2時間SP!アウトレットモールや自然あふれる街並みが人気で年間800万人以上が訪れる避暑地、軽井沢。今回は軽井沢を40年取材し続けた女帝、広川小夜子と娘さんの美愛さんが軽井沢でぜひ訪れたいおすすめのカフェや絶品グルメのお店を紹介してくれました。

カフェブームの軽井沢で行くべきリノベーションカフェ

現在、軽井沢はカフェブーム!移りこんできた人がセカンドライフでカフェをオープンすることも多く、人口約2万人の街に約230軒ものカフェがある。そんなカフェブームの軽井沢で絶対に行くべきと広川さん母娘がおすすめしているのが歴史的な建物を改築したリノベーションカフェ。歴史を感じられる空間で絶品グルメも楽しむことができる。

エロイーズカフェ

南軽井沢にあるエロイーズカフェは、宣教師を両親にもつ音楽教師エロイーズさんが1983年に青少年のために建てた音楽ホール「ハーモニーハウス」を2015年にリノベーションしたカフェ。建物内にある元音楽ホールからはその歴史が感じられる。朝の8時から営業をしているので朝食にもおすすめ。

この投稿をInstagramで見る

@rina__gram__がシェアした投稿

  • フレンチトースト 980円・税抜
    おすすめのカフェグルメが名物のフレンチトースト。パンは軽井沢の駅前にある「山屋商店」の130年前に宣教師さんが伝えた製法でつくられた食パンを使用。

 

 

住所長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1067-9 ハーモニーハウス 地図
TEL050-5835-0554
営業時間8:00~15:00
定休日
食べログ

旧軽井沢cafe 涼の音

旧軽井沢にある旧軽井沢cafe 涼の音は、大正時代に建てられた別荘を間取りはそのままでリノベーションしたカフェ。実はこちらは朝ドラ「マッサン」のモデル小説「望郷」の作者である森瑤子さんが1980年ごろから5年間利用していた別荘で当時のテーブルも修繕して使用しており、大正時代にタイムスリップしたような感覚を味わえる。

View this post on Instagram

A post shared by 彩彩 (@aya_iroiro) on

View this post on Instagram

A post shared by neo_piece (@neo_piece) on

  • モーニングセットB(キッシュ) 1200円・税抜
    地元産の新鮮な野菜を使った本格メニューのモーニングは休日には朝から満席になるほど人気。

 

 

住所長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢972 室生犀星記念館前 地図
TEL0267-31-6889
営業時間9:00~17:00(L.O.16:30)
定休日水曜
食べログ

軽井沢で味わいたい世界の料理

軽井沢といえばピザや信州そばが有名だが、広川さん母娘がぜひ楽しんでほしいとおすすめするのが世界の料理。軽井沢にはフランス・イタリア・スペイン・ネパールなど12か国130軒以上ものお店ものお店がある。軽井沢はカナダ生まれの宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーが1886年自ら別荘を構えたことから宣教師の仲間たちが訪れるようになった他、戦時中には外国人の疎開地として利用され様々な国の上流階級の人たちが集まったために世界トップレベルの本場の味を楽しむことができる。

トラットリア プリモ

老舗のイタリアンレストラン。

この投稿をInstagramで見る

primo軽井沢さん(@primokaruizawa)がシェアした投稿

  • バーニャカウダ 1200円・税込
    ソースは生クリームをのばしておりクリーミーなので子供でも食べやすい。

 

 

住所長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢330-8 地図
TEL0267-42-1129
営業時間11:30~14:45、17:00~21:45
定休日不定休
食べログ

ミハエル

軽井沢にはロシア革命の時に日本に逃げてきたロシア貴族の人たちが戦時中に集まっており、ミハエルは、そんなロシア貴族の末裔がオーナーのお店。創業43年に軽井沢で最初にオープンテラスをはじめたお店でもある。

この投稿をInstagramで見る

minekoukiさん(@minesweeper96)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Y ωUさん(@gi_maru)がシェアした投稿

  • クリーム・チーズ・トルテ ※ドリンクセットのみ
    軽井沢最初のチーズケーキともいわれているロシアの伝統のメニュー。秘伝の生クリームを使ったやわらかさがたまらないレアのチーズケーキ風のお菓子の中にはブランデーに1週間つけこんだレーズンが入っており、良いアクセントになっている。
  • ロシアンティー(ジャム付き) 600円~800円・税込
    ジャムを紅茶で温めて食べるのがロシア流。今回、マツコさんがいただいたのは1つづつ手作業でヘタや花をとって作った手作りのすぐりジャム。

 

住所長野県北佐久郡軽井沢町六本辻1323 地図
TEL0267-42-6750
営業時間10:00~17:30(8月は9:00~18:30)
定休日営業期間は4~11月で土・日曜、祝日以外休(7月中旬~9月は無休)
食べログ

軽井沢デリカテッセン

日本・ドイツ・イタリアによる三国同盟を結んでいたため、当時多くのドイツ人が訪れていた軽井沢。軽井沢デリカテッセンは、ドイツ人の軍人だったヘルマン直伝のハムやソーセージをいただけるお店。薪で燻したソーセージは絶品!

  • フランクフルトソーセージ
  • ボロナソーセージ 100gあたり/280円・税込
  • ウインナーソーセージ 100gあたり/300円・税込

 

住所長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢660-3 地図
TEL0267-42-6427
営業時間9:00~17:30 ※冬季期間 9:00~17:00
定休日木曜日
※7月下旬~9月上旬は無休/1月~3月中旬は水・木曜定休
食べログ

エルミタージュ ドゥ タムラ

西麻布で人気を博した「ラフェドール」のオーナーだった田村良雄シェフが豊かな食材に魅せられ
軽井沢に移住し中軽井沢にオープンしたフランス料理のお店がエルミタージュ ドゥ タムラ。店ができた通りには「軽井沢グルメ通り」と名前が付いたほど人気のお店で、現在は田村シェフは引退し愛弟子の大塚哲也さんがオーナーシェフを務めている。

この投稿をInstagramで見る

Yuka Yasumotoさん(@yuka__yasumoto)がシェアした投稿

  • 桃のスープ ※コース料理のみ
    桃の旨味を充分に引き出した夏の限定メニュー。

 

 

住所長野県北佐久郡軽井沢町長倉820-98 地図
TEL0267-44-1611
営業時間12:00~13:00、17:30~19:30
定休日月曜・火曜(GW・夏季変則営業)
食べログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました