帰れマンデー見っけ隊memo「バスサンド!秘境路線バスで関東最後の秘湯、奥鬼怒温泉郷へ」

帰れマンデー見っけ隊グルメ, ホテル, 栃木県, 温泉

2019年5月27日に放送された「帰れマンデー見っけ隊」はバスサンド!日光市営バスの鬼怒川の源流に向かう秘境路線バス、女夫渕線でサンドウィッチマンがゲストのキンプリ岸さん、鈴木杏樹さん、オードリー春日さんと関東最後の秘湯、奥鬼怒温泉郷を目指しました。

スポンサーリンク

黒部ダム

鬼怒川上流に位置する黒部ダムは大正元年竣工された日本一古い発電専用重力式コンクリートダムです。雪解け水が流れ込む絶景スポットでもあります。

住所 栃木県日光市

蛇王の滝

南に位置する中禅寺湖の地下水が湧き出た蛇王の滝はこんもりと茂る木々の間を流れ落ちる姿が蛇のように見えることから名付けられました。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door りな (@kita_rina0308) op

住所 栃木県日光市
TEL 0288-22-1525(日光市観光協会)
アクセス 鬼怒川温泉駅より日光市営バス女夫渕温泉行バスで約60分

手打ちそば 山味

蛇王の滝のすぐ近くにある地元の山の幸をふるまうお蕎麦屋さん。もりそばには自家栽培のわさびがついてくるのでわさびをすって蕎麦の上にのせ全体にまぶしていただきます。

天ざるそば 1300円

この日の地元野菜の天ぷらはたらの芽・クレソン・こごみ・舞茸・かぼちゃ。

きのこそば 800円

きのこがたっぷりのおそば。濃い出汁が出る希少きのこで松茸以上の根がつくこともあるというちたけを使ったそばもあります。

住所 栃木県日光市若間830-1
TEL 0288-97-1515
営業時間 10:00~16:00 ※1月~3月半ばまで冬季休業
定休日 不定休

間欠泉

川俣温泉街の中心にある鬼怒川に架かる噴泉橋のたもとにある間欠泉。沸騰した地下水が水蒸気に押し上げられ周期的に温泉が地上に吹き出す間欠泉は日本全国でもここを入れて10箇所ほどしかありません。こちらの間欠泉は60~70分ごとに約120℃の温泉を噴出しており、その湯柱の高さは20~30mにも達します。間欠泉展望台には足湯もあります。


Photo by じゃらん

住所 栃木県日光市川俣
TEL 0288-97-1126(日光市観光協会湯西川・川俣・奥鬼怒支部)

仙心亭

仙心亭山の幸コース 5000円

宿泊の方もいただく地元でとれる山菜やきのこなどの山の幸をふんだんに使用した御膳。水質がきれいな鬼怒川で育ったイワナの薄造りや川俣温泉で採れる舞茸、しいたけ、山菜を使用した舞茸の炊き込みご飯など。

八丁の湯

関東最後の秘湯と言われる温泉があるのが「八丁の湯」です。温泉は全部で4つあり、自然に湧く源泉を利用し一切加温をしていないかけ流し温泉です。


Photo by じゃらん

鹿肉ステーキ 1200円
自家製カレーライス 900円(猪カツ+1500円)

スポンサーリンク