ぴったんこカン・カンmemo「広末涼子と行く!高知のご飯はうまいぜよ!ツアー」

11月2日に放送された「ぴったんこカン・カン」は「広末涼子と行く!高知のご飯はうまいぜよ!ツアー」でした。石塚英彦さんと安住アナが高知出身の広末涼子さんと一緒に高知のおいしいものを堪能、広末さん行きつけのお店などを巡ったぴったんこカン・カンmemoです。

スポンサーリンク

麺房 三宅

広末涼子さんが小学校の頃から通っているというお店が昭和48年創業のうどん屋さん「麺房 三宅」です。大通りから一本入った住宅街というわかりづらい立地にもかかわらず毎日多くのお客さんが訪れる人気のお店です。

ご主人が毎朝5時から麺作りをしているうどんは試行錯誤の末に生み出した茹で時間が最大35分という表面はツルツルしていますが、コシがあり食感はモチモチの独特の麺になっています。つゆはたっぷりの昆布からとったダシに濃厚なコクと深い香りのある土佐清水産の宗田節と高知産の鯖節をたっぷりと加えて作られています。

冷やしぶっかけうどん 天ぷら盛り合わせセット 950円 ※冷やしぶっかけうどん 単品500円

高知県特産のブシュカンをかけていただく冷やしうどんと天ぷらの盛り合わせがセットになった広末さんがいつも食べるというメニュー。天ぷらは季節やご主人の気分で種類や量は変わるそうですが、ほぼ高知の野菜を使っておりボリュームもたっぷりです。ちなみにこの日は今が旬の四方竹やウリの仲間であるチャーテ、銀杏などの天ぷらでした。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door 🌿 (@levosub.sbt) op

おろし肉うどん 800円

たっぷりの国産牛を甘めの味付けで煮込んだお肉はうどんのお出汁とも相性抜群な一品。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht dat is gedeeld door @narabooo op

食べログ

住所:高知県高知市伊勢崎町5-18
TEL:088-873-3120
営業時間:11:00~16:00 ※麺がなくなり次第終了
水曜日定休、他月2回火曜日不定休

上町池澤本店

坂本龍馬生誕の地として知られている上町にあるのが明治初期に創業、150年の歴史を持つ老舗の鮮魚店「上町池澤本店」です。高知を中心に四国の新鮮な魚を扱っているこちらの鮮魚店では1日3組限定でカツオのタタキのわら焼き体験をすることができます。

わら焼き体験 体験料サービス料無料/かつお料金のみ 約2500円~(時価によって値段は変動)

藁でカツオを焼き、切って盛り付け食べることのできるわら焼き体験はおよそ4人前の一串から注文することができます。ワラを焼いた時のパチパチという音が手を叩いている音のように聞こえることからタタキと呼ばれるようになったという説もあるカツオのタタキは、冷蔵庫のない時代に生で食べることを禁じられていたカツオをどうしても刺身で食べたかった高知の人が外側だけ炙って
焼き魚に見立てたことから広まったそうです。

上町池澤本店

住所:高知県高知市上町4-3-11
TEL:088-823-5225
営業時間:

帰家

広末さんが高知に来たら必ず友人と行くという本当は紹介したくないというお店が「帰家(きち)」です。平成15年に創業した路地裏の2階にある普段は一切取材拒否という隠れ家のようなお店で広末さんは10年ほど利用しているそうです。店主は広島県の呉の出身で地元の日本酒によく合う新鮮な地魚を使ったメニューが中心となっています。

魚すり身のパスタ風 一人前/800円

広末さんがいつも注文するという魚すり身のパスタ風はかまぼこを麺状にしたような食感が面白い一品。

四万十鶏藁焼きタタキ 一人前/850円

刺身でも食べられる新鮮な四万十鶏をワラで炙りスモーキーに仕上げた一品。高知のブシュカンを使った自家製の柚子こしょうでいただきます。

食べログ

住所:高知県高知市追手筋1-10-18 ワイズビル 2F
TEL:088-825-2575
営業時間:火~土 17:30~23:00  日・祝 17:30~22:30
月曜日定休

松ちゃん

高知の中心地には古くから屋台文化があり、今でも7~8軒の屋台が毎晩明け方近くまで営業をしています。高知の人がシメに屋台で好んで食べるのが餃子でシメ餃子と呼ばれています。広末さんがよく行くという「松ちゃん」は平成8年創業のシメ餃子が絶品と評判の屋台です。

餃子 一人前(8個入り)600円

薄皮なので破れてしまわないように注文を受けてから包む餃子の餡は高地が生産量日本一のニラと生姜、そしてニンニクがたっぷりと入った濃いめの味付けになっています。鶏ガラや豚骨ベースのラーメンスープを餃子のフライパンへたっぷりと注ぎ入れスープの旨味を餃子に吸わせてから、うま味が凝縮した油で餃子を揚げています。揚げ餃子のように外はカリカリで中はジューシーに仕上がっています。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door daisukeshi (@daisukeshi) op

食べログ

住所:高知県高知市廿代町6-27
TEL:20:00~27:00
営業時間:日曜日定休

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました