台北駅の「一兆堂」お得な火鍋セットでお腹いっぱい!

台湾

おいしいものの宝庫である台湾に旅行に行くと食べることは最大の楽しみのひとつ!むしろおいしいものを食べるために台湾に旅行に行くと言っても過言ではありません。今回は台北でお得に火鍋を食べることのできるお店「一兆堂」を紹介します。

スポンサーリンク

ロケーション

台北駅の2階はフードフロアになっており、いろいろなお店がはいっています。日本食も人気のようで元気寿司というお寿司屋さんや大戸屋もありました。全体的におしゃれな感じのつくりのお店が多く、フードコートもアジアのごみごみっとした感じではなく、こぎれいなフードコートでした。お値段は街中にくらべると若干高めですが電車で郊外に行き疲れて帰ってきたときやお天気の悪い日など台北駅内のレストランやフードコートはとても便利でした。今回紹介する「一兆堂」もこちらのフロアにあります。

一兆堂のセットメニュー

店内はウッディなデザインでおしゃれなかんじです。4人席と2人席があり2人席は隣のテーブルとくっついていますが、テーブルとテーブルの間にはちょうど顔が隠れるような位置に仕切りがあり隣の人と顔を合わせることがないように配慮されています。

単品のメニューもありますが、いろいろとセットメニューが用意されており皆さんだいたいセットメニューを注文しているようでした。セットメニューはだいたい1000元くらいのものが多いです。

私たちもセットメニューを注文してみました。鍋のスープは9種類(薬膳、北海道昆布、日式味噌、東北酸白菜、四川麻辣、印度咖哩、韓式泡茶、鮮採蕃茄、牛奶養顔)の中から二種類を選ぶことができます。どんなスープなのかよくわからないものがいくつかありますが、それでも台湾では漢字からメニューがだいたい想像できるので便利です。私たちは四川麻辣と薬膳のスープにしました。

お鍋のスープに火を通している間に次々と具財がはこばれてきます。お腹がすいているときは待ち時間のない鍋は嬉しいです。まず最初に運ばれてきたのが、はまぐりやエビ、牡蠣など海鮮の盛り合わせ。

そして豚肉。メニューにもお店の名前の下に英語でSHABU SHABU SHOPと書かれていましたがしゃぶしゃぶ用の薄切りのお肉です。


そして鍋には欠かせない野菜の盛り合わせ。野菜以外にもつみれとえびがのっていました。これ以外に〆用のうどんのような太麺がそれぞれ一人に一皿づつ付いています。

二人用のテーブルはそんなに広くないのでこれだけ運ばれてくるともうお皿をおくスペースがありません。ということでお鍋に次々と投入!

私たちが選んだ二種類のスープですが、私は辛いものが好きと言うこともあり四川麻辣のほうがおいしかったです。薬膳のスープも変な薬膳くささはなくさっぱりしていて食べやすかったです。最後にデザートで可愛いお顔がお皿にかかれたハーゲンダッツのアイスクリームが出てきました。他にも選べる飲み物(アルコール以外)も付いています。かなりお腹がいっぱいになったので結構お得なセットだったのではないかなと思います。

感想

私たちは日帰りで郊外まで出かけた日にこちらのお店を利用しました。疲れて帰ってきたので台北駅にこのようなフードフロアがあるのはとても助かりました。一兆堂は席は若干狭めですが、セットメニューがいろいろありおいしかったです。フードフロアには他にもいろいろなお店があり、またフードコートでも台湾料理をはじめ各国の料理が食べられます。フードコートはテイクアウトもできます。ちょっと小腹がすいたときや電車で台北に帰ってきたときなどこのフードフロアは利用価値大だと思います。

 

スポンサーリンク
台湾
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました