逆転発想!シーズンオフ旅memo 沖縄で冬の魅力を発見!グルメにアクティビティ、豪華なホテルからパワースポットまで

1月27日に放送された「逆転発想!シーズンオフ旅」では、夏がシーズンの人気観光地である沖縄と鳥取の冬だからこそ楽しめるおすすめのスポットやグルメなどが紹介されました。

人気の観光地沖縄は夏は観光客でいっぱいどこに行っても大混雑ですが、シーズンオフの冬は観光客も少なくのんびりと旅をすることができます。また、ツアー代や航空券代も安い時期なのでお得に旅行ができるのも嬉しいですね。今回は、シーズンオフの沖縄のおすすめアクティビティーや冬に食べたいおすすめグルメ、まるで海外のリゾートのようなゴージャスなホテル、そしてテレビ初公開という冬のパワースポットをまとめたシーズンオフ旅memoの沖縄編です。旅をしたのはかたせ梨乃さんといとうあさこさんです。

スポンサーリンク

冬に人気の爽快アクティビティー「メガジップ」

夏のマリンスポーツに代わる人気のアクティビティーが「メガジップ」です。ワイヤーで吊るされた状態で高さ13メートルのデッキからスタート。約250メートルの海の上の空中散歩を楽しむことができます。空から見る景色は絶景。まるで鳥になったような気分を味わえる爽快なアクティビティーです。このアクティビティーはシェラトン沖縄サンマリーナリゾート内のPANZA OKINAWAで体験することができます。年齢・身長での制限はありませんが体重が25キロ以上~130キロ以内、ハーネスがきちんとフィットすることが条件です。

営業時間:9:00~17:00
料金:一般 1500円、宿泊客 1200円
問い合わせ電話番号:098-965-5979

公式HP  PANZA OKINAWA

 

見られるのは冬の沖縄だけ!超感動&大迫力のホエールウォッチング

12月後半から4月前半という期間限定で楽しむことのできるのがホエールウォッチングです。この時期になるとザトウクジラが繁殖のために温かい海を求めてロシアから南下して沖縄にやってくるそうです。クジラが見られるポイントまでは北谷町港からボートで約1時間。ツアー料金は大人4200円です。特に2月以降はクジラの数が増えて遭遇確率は98%とかなり高い確率でクジラを見る事ができるそうですよ。

現地ツアー <冬季限定>遭遇率99%!☆参加特典付き☆ホエールウォッチングツア-

国際通り屋台村「おでん屋 沖らく」

沖縄屈指の繁華街である国際通りに2015年にオープンした人気のグルメスポットが「国際通り屋台村」です。20店舗が集まるこちらの屋台村にはお昼から営業しているお店もあり、沖縄そばなどの沖縄グルメや地元の新鮮な海の幸を食べることができます。冬に沖縄を旅したらぜひ食べたいのが冬の沖縄にかかせないグルメのひとつである沖縄おでんです。沖縄おでんはカツオ醤油ベースでてびちやソーキを半日煮込み旨みがたっぷりと染み出たダシが特徴です。


Photo by 食べログ

「おでん屋 沖らく」の沖縄おでん盛り(1630円)は、島豆腐の厚揚げ・名物てびち・ソーキ・チンゲン菜・くるま麩・アーサ入り卵焼き・ポチギ(辛口ウインナー)と具材がもりだくさん、沖縄の食材を満喫できる一品です。特におすすめなのがお店でも一番人気があるというおでんの出汁で味わうおでんもずくです。出汁のおいしいおでんと一緒にお湯割り用の泡盛である冬泡盛(620円)もおすすめです。

住所:沖縄県那覇市牧志3-11-17 国際通り屋台村
営業時間:11:00~25:00
不定休

木になるアイスクリーム!?「アテモヤ」

沖縄にはいろいろなおいしいフルーツがありますが、12月~4月に収穫される冬の果物で木になるアイスクリームとも呼ばれているのがアテモヤです。その糖度は大変高く、口にするとまるでバニラのような甘さを感じます。睦橋商店街のフルーツ市場ではアテモヤを300円で食べることができます。

住所:沖縄県那覇市牧志3-1-1
営業時間:9:00~21:00

憧れの高級リゾートホテル「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」

読谷村に2016年の9月にオープンしたのが「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」です。レセプション棟に一歩足を踏み入れると目の前に海が広がる開放的なつくりになっており、まるで海外の高級リゾートに来たよう・・。


Photo by 一休

芸能人もお忍びで味わえるというこちらのホテルのお部屋は別荘気分が味わえる豪華ビラタイプになっています。中でも人気のあるお部屋が専用リビングやプライベートプールのついたヴィラです。10/1~4/30の間はプールは温水になっているので冬でも他人の目を気にすることなくプライベートプールをエンジョイすることができます。


Photo by 一休

夏のハイシーズンには予約待ちもでる人気だという1ベッドルームのプールヴィラ、ハイシーズンのお値段は1泊2名利用で237,600円とお高いですが、オフシーズンの冬には129,600円とお得に泊まることができます。


Photo by 一休

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズは、世界的権威を誇るホテルレストランの会員組織であるルレ・エ・シャトーに沖縄で唯一加盟を認められているホテルでもあります。そのため自家農園の野菜や地元の食材をつかった豪華なイタリアンの夕食も楽しみのひとつです。沖縄のアジと5種類の野菜をつかった新鮮近海魚のカルパッチョ(2052円)や島唐辛子からつくった辛味オイルに細めのパスタを絡めてゴーヤやヘチマを焼いてトッピングした島野菜グリルのペペロンチーノ(1944円)、アサリやトマトをニンニクやオリーブオイルとともに煮込みさっぱりとした白身のアオダイに味をしみこませた特製アクアパッツァ(3780円)など沖縄の食材を存分に満喫することができます。紅豚のロースト(3888円)などの肉料理やデザートももちろんありますよ。


住所:沖縄県中頭郡読谷村宇座630-1
チェックイン:15:00 チェックアウト:11:00

ホテル予約  一休

冬のパワースポット 神秘の龍がいるスルル洞(がま)

沖縄には、神秘的な太古のオーラを感じるガンガラーの谷や大自然のパワーがみなぎる大石林山など数々の神聖なパワースポットがありますが、冬の超開運スポットが古宇利島のスルル洞です。海外の警察からも捜査協力を依頼され、夏には予約が殺到するといううるま市の人気スピリチュアルカウンセラーおすすめの開運スポットでもあります。

古宇利島は1周8キロの小さな島で、一説によると恋島(くいじま)と呼ばれていたものが転じて古宇利島になったそうです。古宇利島の北側、道路にスルル洞の石碑が建っているところから道なき道を背の高さほどある草をかき分けながら15分ほど歩いたところに小さな祠があります。地元の人も誰がつくったのかわからないというこの祠に躍動感を感じる神秘の龍の像が祀られています。夏にはハブがでるという危険な場所なので冬にしか行けないパワースポットです。

まとめ

私も一度冬に沖縄に行ったのですが、そんなに寒くもないしあんまり混雑もしていなくて旅行には良い時期だなと思いました。といっても実は夏に沖縄に行ったことがないのでどのくらい混んでいるのかイマイチ想像できないのですが・・。沖縄はおいしい食べ物が多いのも魅力的ですよね。沖縄おでんははじめて知ったのですがぜひ食べてみたいです。ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズはオフシーズンで安いと言っても私にはまだまだお高いですが、いつかこんな素敵なホテルに泊まってみたいな~と思いました。皆さんも冬の沖縄、ぜひ旅行してみてはいかがでしょうか。

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました