ビンタン島ニルワナ・リゾートの部屋・プール・ビーチ

旅行記

ビンタン島でのホテル選びにはいろいろと迷いましたが、結局ニルワナ・リゾートに2泊しました。ニルワナ・ガーデンズには4つのホテルがあり、「ニルワナ・リゾート」はそのひとつで、建物はホテルタイプ。他にはシャレータイプのビーチコテージ「マヤンサリ・ビーチ・リゾート」、小高い丘に建つ贅沢なプライベート付のヴィラもある「インドラ・マヤ・ヴィラ」、そして家族向けの別荘のような「バンユービル・ヴィラ」があります。各ホテルおよびホテルの経営するケロン・シーフードレストランへはニルワナ・ガーデン内を巡回している無料のシャトルバスで行くことができます。

スポンサーリンク

お部屋

ビンタン島のフェリーターミナルからは、ホテルのシャトルバスで15分くらいで到着しました。ホテルのイントランスの前には大きな象さんがお出迎え。フェリーの到着時間でチェックインするお客さんが多い時間帯だったと思いますが、フロントの人はてきぱきと仕事をこなしていて、そんなに待つことなくチェックインすることができました。

お部屋は特にここが!というような点はなかったのでほとんど写真を撮っていませんでした。ホテルの建物自体は年季がはいってきていますが、きちんとお掃除されていて、広さも十分。特になんの問題もなく快適に過ごすことができました。

残念ながら1階のお部屋だったので窓からの景色はホテルのお庭と奥のほうにプールが少しだけ、残念ながら海は見えませんでした。1階だとプールやビーチに行くために外を歩いている人から中がよく見えてしまうので気になる人は2階以上のお部屋をリクエストしたほうがいいと思います。

プール

今回、ニルワナに決めた理由のひとつがホテルに大きなプールがあることでした。ビンタン島のホテルの中では一番大きなプールなんだとか。広いプールは曲線をうまく使っていてプールサイドにはサマーベッドも多く置いてあり、のんびりとリゾート気分を味わえます。私たちはほどんどの時間をプールサイドで過ごしていました。

プールにはプールバーもあり、誰かに似ているような気がする陽気なお兄さんがカクテルなどドリンクを作ってくれます。私たちはスイカの中をくりぬいてその中にカクテルが入っているものを注文してみました。お値段は、ビンタン島のホテルはどこもそうかもしれませんが・・・・やはり高く感じます。

ビーチ

プールサイドからはビーチへもすぐにでることができます。ちょっと空模様が若干あやしくなってきているときでしたが、白に近いグレーの砂浜にエメラルドグリーンの海、そして椰子の木となかなか絵になるビーチでした。人もほとんどいなかったのでのビーチをほとんどひとりじめでした。

残念ながら風も強くなってきて若干波もでてきたので海の中にはほとんどはいりませんでした。遠浅の海なのでシュノーケリングにはむかないと思います。というかホテルのプールで十分満足できてしまい、あんまり海で泳ごうという気分にならなかったというのもあります。ゲストの多くも皆プールで楽しんでいてあまり海で泳いでいる人は見かけませんでした。

感想

高級感はありませんがカジュアルな雰囲気で肩肘をはらずにのんびりするには良いリゾートだと思います。家族でのステイにもおすすめです。私たちが泊まったときも多くの子連れのご家族に会いました。ビーチで砂遊びをしたり、プールで遊んだりと子供もとても楽しんでいるように見えました。プールも広いし、敷地内にはミニ動物園や象に乗れるパークがあったりもします。シンガポールからちょっと離れただけでシンガポールより随分きれいな海に出会うことができます。アクセスも良いのでビンタン島まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
旅行記
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました