ブリュッセル・フラワーカーペット2016

2017-08-18ベルギーあれこれ

ベルギーで有名なイベントのひとつがブリュッセルのグランプラスで行われるフラワーカーペットではないでしょうか。フラワーカーペットは2年に一度開催されるイベントでその名の通り色鮮やかなお花でデザインされたフラワーカーペットがグランプラスに出現し、毎回訪れる多くの人の目を楽しませています。

スポンサーリンク

2016年のテーマは「日本」

フラワーカーペットフェスティバルは、1971年に始まり最初の4回は不定期に開催されていましたが、1988年以降は定期的に2年に一度開催されるようになりました。2016年はフラワーカーペットの20周年の年にあたります。その記念すべき年のテーマがベルギー・日本友好150周年の年ということで「日本」でした。ちなみに前回の2014年はトルコ移民50周年の年で「トルコ」がテーマでした。2016年のフラワーカーペットは乃村工藝社の鈴木不二絵デザイナーにより考案され花鳥風月がモチーフとなった作品です。

60万本以上の色とりどりの花の絨毯

フラワーカーペットで使用されているのは、1860年以来、ゲント近郊で盛んに栽培されているベゴニアの花です。ベルギーは世界最大のベゴニアの生産国です。ベゴニアには青色のものはありませんので青色の場所にはダリアの花を使用しています。

ヴィクトール・ユーゴーに「世界で最も美しい広場」と称されたグラン・プラスに出現するフラワーカーペットの大きさは縦が24メートル、横が75メートルあり、フラワーカーペットを作るために使用される花の数は60万本以上にも及びます。フラワーカーペットは100人以上のボランティアの手により作られます。

ボランティアたちによりフラワーカーペット準備中

フラワーカーペット2016レポート

【場所】ブリュッセル、グランプラス
【日程】2016年8月12日(金)~15日(月)

日本からお友達が来ていたので初日の8月12日にブリュッセルに一泊してフラワーカーペットを見てきました。朝の9時半くらいにグランプラスに到着したのですが前日までの雨の影響で少し準備が遅れていたようでまだ一生懸命ボランティアの方々が作業をしていました。ちなみにボランティアの方々がきている鶴のデザインが書かれた黒のTシャツは販売もされていてちょっと迷ったのですが私とJJの分を購入しちゃいました。友達に聞いたところ次の日の午後にはもう売り切れていて買えなかったそうなので人気だったようです。

フラワーカーペットの全景を見るにはやはり高い所から見るのが一番!定番ですが市庁舎のバルコニーからその姿を眺めてみようと思い、グランプラスに設置されていたインフォメーションデスクの方に何時から入れるのかを確認すると午後1時からとのこと。午前中はぶらぶらと観光してお昼を食べてから市庁舎のバルコニーへ上がることにしました。

La Rose Blancheからの眺めもなかなかおすすめ!

お昼を食べるために選んだレストランがグランプラスに面したダイヤモンド店のお隣にあるこちらのLa Rose Blancheです。11時半くらいに入店したのでまだお店は空いていましたがランチの時間になりお客さんが次々とやってきました。実はこのお店席が3階までありやってくる多くのお客さんが上の階の席にすわれないかと聞いていました。残念ながら予約ですべて埋まっていたようです。さて、私たちは1階の席に通されたのですがお店がまだ空いていたので上の階へ写真を撮りに行ってもいいかとお店の人にお願いしてみました。お店の人は快く了承してくれたので、まだ誰もいない上の階でランチ前に写真を撮ることができました。

真正面ではありませんが全景をなんとかカメラにおさめることができます。周りの建物とのコントラストも良い感じです。

フラワーカーペットの写真を撮ることに夢中で料理の写真は撮り忘れてしまいましたが、こちらのレストランではベルギー料理がいろいろと食べることができます。特にビールで煮込んだマロリエンヌ風の肉団子であるBoulettes à la Marolienne(€16.50)がとてもおいしかったです。

La Rose Blanche 住所: Grand Place 11, 1000 Bruxelles

市庁舎のバルコニーへGO!

さてお腹も満腹になりさっそく市庁舎へ向かいました。まだ1時前でしたがすでに若干の列ができていました。

列はゆっくりと進み、並び始めてからバルコニーに到着するまで20分ちょっとかかりました。午後3時ころ市庁舎の前を通ったらものすごく長い列ができていたので20分ちょっとしかかからなかったのはラッキーだったかなと思います。市庁舎内には今回のテーマ日本に合わせてでしょうか、盆栽がたくさん飾られていました。

さて、いよいよお待ちかねのバルコニーに到着です。バルコニーはものすごい数の人、人なので写真を撮る場所を確保するのも大変です。

大きいので全景を一枚におさめることが難しい
中央をアップで撮影
左側にもズームイン
そして最後に右側~

ゆっくりと写真を撮るなんていう余裕はありませんでしたが、やはりバルコニーに上って良かったです。下で見るのとは違い(もちろん下で細部を見るのもそれはそれで楽しいのですが・・)やはり全体が見渡せるというのは素晴らしいですね。ちなみにバルコニーへの入場料は€5(10歳以下は無料)

グランプラスでは和楽器の演奏が行われたり、夜は夜でライトアップされ光と音のショーが行われたりと昼から夜まで多くの人でにぎわっていました。私の住んでいる街では日本人に会うことがほぼないので久しぶりに日本人をたくさん見かけました。

次回のフラワーカーペットは2018年

次回のフラワーカーペットは2018年8月16日(木)から19日(日)の開催予定です。テーマは今の段階ではまだ未定ですがいったいどんな花の絨毯が見られるのか今から楽しみですね。次回もまた見に来たいな~。

スポンサーリンク