アジアティーク・ザ・リバーフロントでディナー

2019-08-072014タイ周遊

リバーサイドの比較的新しい観光スポットのひとつが2012年5月にオープンしたナイトマーケット「アジアティーク・ザ・リバーフロント」です。私たちの宿泊したアナンタラからも川を渡ってすぐ近く、ホテルからシャトルボートも出ていますのでさっそくディナーを兼ねて出かけてみることにしました。

スポンサーリンク

ショッピングも食事も楽しめる複合施設

アジアティーク・ザ・リバーフロントは閉鎖したルンピニ・ナイトバザールに代わる新たなナイトマーケットとして観光客はもちろんタイ人にも人気のナイトスポットです。ショッピングとライフスタイルの複合施設というコンセプトのもとに建設されており、その洗練された雰囲気は他のタイのマーケットのイメージとはまったく異なります。19世紀の終わりから20世紀の始めにかけてこの場所はチーク材を輸出するイースト・アジアティーク社の貿易港でした。デンマークの商社が所有していた倉庫などをそのまま利用して貿易で繁栄していた当時を再現したのがアジアティーク・ザ・リバーフロントです。

4つのエリアからなるアジアティーク・ザ・リバーフロント

東京ドーム約2.5個分の広さのあるアジアティーク・ザ・リバーフロントは4つのエリアに分かれています。

ファクトリー・エリア

古い倉庫を改装した建物の中に小さなお店が500店舗ほど入っているショッピングエリア。衣類の他、お土産や装飾品、雑貨、ハンディクラフト品などのお店が軒を並べています。

チャルンクルン・エリア

このエリアには1000店舗を超えるお店があります。ファクトリー・エリア同様に衣類の他、お土産や装飾品、雑貨、ハンディクラフト品などを買うことができます。また、レストランやカリプソ、ジョー・ルイス・シアターの劇場もあり、買い物だけではなくお食事、エンターテイメントも楽しめるエリアになっています。

ウォーターフロント・エリア

シャトルボートでアジアンティークを訪れると最初に足を踏み入れるのがこのエリアです。その名の通り川沿いのこのエリアには数多くのレストランやバーがあるほか、300メートルの遊歩道もあります。また、コンサートやフェスティバル、ニューイヤーのカウントダウンなどもこのエリアで行われます。

タウンスクエア・エリア

東洋と西洋のスタイルがミックスしたエリア。インターナショナルな料理を楽しめるレストランやスポーツ・バー、小さなイベント・エリアがあります。

IPHO restaurant から Happy Fish へとはしご

数多くのレストランやバーがありどこで食べるか迷ったのですが、まずは手頃なお値段でシーフードが食べられるタイ/ベトナム料理のレストランIPHO restaurant に入ってみました。こちらのお店はタウンスクエア・エリアの倉庫6にあります。倉庫6はフードコートのようになっておりタイ料理の他、各アジア料理が食べられるお店が軒を連ねています。

倉庫6にあるお店はすべてオープンエアになっています。最初に側を通った時は結構混んでいたのですが、私たちがお店に入った時は夕食の時間にはちょっと遅かったためかすでに空いていました。メニューは写真付きなので選びやすかったです。エビやイカなどシーフードを中心に注文しました。

すでにお腹はいっぱいだったのですが、もういっぱい飲んでから帰ろうということになり、ボート乗り場の近くウォーターフロント・エリアでもう一軒立ち寄ってみることにしました。入ったのはHappy Fishという名前のお店。選んだ理由はただ単にお店にベルギービールがあったからなのですが・・。私たちは外のテラス席でしたが倉庫だった名残がよく残っている店内はおしゃれに改装されており多くのお客さんでにぎわっていました。ここでヒューガルデンを飲んでからホテルに戻りました。

さいごに・・

アジアティーク・ザ・リバーフロントの感想

タイのマーケットというとごみごみとしたイメージがあったので、アジアティークはきれいすぎてちょっと拍子抜けしたというのが正直な感想です。今回はディナーが目的だったので数多くあるお店はちょっとのぞいた程度で買い物は何もしませんでしたが、他のマーケットと比べると全体的にお値段はやはり高めでした。しかし、ショッピングしに行くもよし、食べるところもたくさんあるから食べたり飲んだりするもよし、川沿いの遊歩道を夜風に吹かれながらのんびりとするのもよし、と個々の目的に合わせて楽しむことができます。小さな子供連れでもきれいなので安心ですね。

アジアティーク・ザ・リバーフロントへの行き方

シャトルボートでのアクセスが便利。BTSサパーンタクシン駅2番出口をでると近くのサトーン船着場から30分おきに無料のシャトルボートが出ています。また、リバーサイド沿いの多くのホテルからもそれぞれアジアティーク行きの無料シャトルボートが出ています。

アジアティーク・ザ・リバーフロント営業時間 16:00~24:00(シャトルボートの営業は23:00前に終了する場合もあり)

ホテルアジアンティークへのアクセスも便利なリバーサイドのホテルを予約

スポンサーリンク