ベルギーでのアパート探し 利用したサイトや感想

少し前にメッヘレンへアパートを探しに行った記事を書きました。結局、一軒目のアパートでは決まらず、その後2回メッヘレンを訪れ計5軒のアパート(一軒はアポイントの時間に行ったけれど誰も現れず見ていないので実質4軒)を見て、ようやく入居先が決まりアパート探しがひと段落しました。今回はアパート探しに利用したサイトや感想などを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

アパート探しで利用したサイト

今回、私たちは引越先が今住んでいるところから遠いということもあり、インターネットを利用してアパートを探し始めました。もし、近場への引越でしたら不動産屋さんに貼ってある物件や街を歩いて「TE HUUR」のサインが出ている物件の中から気になるものが合ったら問い合わせてみるのもよいかもしれません。TE HUURは英語でいうFOR RENTで借り手を探している物件の窓にサインが張り出してあります。

今回私が利用したのは以下のサイトです。主に利用したのは最初の3つであとの2つはたまに見るという感じでした。あとは、これらのサイトを利用している不動産屋さんのHPもチェックしました。情報が早くアップされていること、そしてたまにしばらくの間自社のサイトにだけアップしている会社もありました。

ImmoWeb (英語・オランダ語・フランス語)

ベルギーで物件を探している人が多分最も利用しているのがこちらのサイトではないでしょうか。他のサイトに比べて掲載されている物件の数もダントツに多くありました。こちらのサイトには不動産屋さんが依頼されている物件だけではなく、オーナーが直接入居者を探している物件も多く掲載されています。多分、物件数が多い理由もそのためなのではないかと思います。英語で検索することができますので利用しやすいです。物件の説明部分はこの記事は翻訳できませんと表示されオランダ語のままでした。

名前とメールアドレスを登録すると新着の物件がアップされると知らせてくれる他、マイページで自分のお気に入りの物件をセーブなどができます。また、以前は登録しなくても表示されていたそれぞれの物件のアップされた時期、何回観覧されて何回セーブされたかを知ることができます。私はセーブ数をその物件の人気度の参考にしていました。

ImmoWeb (英語)

Immo Vlan.be(英語・オランダ語・フランス語)

こちらもベルギーでは有名なサイトで多くの人が利用しています。ImmoWeb同様英語で検索できますが物件の説明はやはりオランダ語で表示されていました。こちらのサイトには不動産屋さんを通して入居者を募集している物件だけが掲載されているので物件の数は私が利用した感じではImmoWebの半分くらいという感じで、そのほとんどはImmoWebと同じ物件でした。物件近くの駅やバス亭、学校やスーパーまでの距離が表示されるのでこれは結構参考になりました。

ImmoVlan.be (英語)

Immoscoop(英語・オランダ語・フランス語)

こちらも不動産屋さんを通して入居者を探している物件だけです。Immovlanより若干物件数は劣りましたが結構ImmowebやImmovlanにのっていない物件が掲載されていたので利用していました。

Immoscoop(英語)

Zimmo(オランダ語・フランス語)

システムが自動で不動産屋さんのサイトにアップされた情報を集めてきていると思われるサイトです。上記3つのサイトをチェックしていればほぼ目新しい物件はありませんでしたが、たま~に他のサイトには掲載されていない物件がのっていました。物件の人気度や設備充実度が表示されている他、過去に掲載された同じ地域、条件の物件の価格が表示されているので家賃相場を知るのに参考になります。

Zimmo(オランダ語)

 

アパート選びの条件

今回私たちが一番重視したのは立地条件と治安でした。最初は中心から少し離れた場所(車がないので少し)の方が静かでいいかなと思って探していました。この地域がよいかなという場所を見つけグーグルストリートビューを見てイメージをつかんでいたのですが、実際に訪れてみると通りにはゴミがたくさん落ちているし、歩いている人はどちらかというと移民系または低所得者っぽい人ばかりで決していいイメージではありませんでした。やはり実際に歩いてみないとわからないなと実感しました。

あとはポストの名前を見て同じアパートの入居者にどんな人がいるか参考にしました。当たり前のことかもしれませんが、やはり相場より安めの物件は入居者の移民率も高い気がしました(移民系の人でもきちんと働いて適応している人もたくさんいますので一概に判断はできませんが・・)

ブリュッセルなどの場合は駅近くの中心部よりも少し離れた方が治安がよいとよく聞きますがメッヘレンに関しては中心部も問題はなく車を所有していない私たちにはかえって利便性がよいと考え結局最後は中心部で探しました。

他にはEPC(数値が低いほどエコで電気代が安い)と自転車を置けるスペースがあるか、近くに幼稚園があるか、一応将来にそなえてできたら駐車場があるかなどをアパート選びの条件にしました。

よい物件を見つけたらすぐに電話した方がいいけれど・・

よい物件を見つけたらもちろん早めに電話してアポイントをとるのにこしたことはないと思います。ただ、今回感じたのは入居可能時期までに余裕がある場合、早めに連絡をしてもまだ募集を続けていることが多く返事が来るまでにかなり時間がかかりました。即入居可の物件はオーナーさんも即決する傾向が高いと思います。一軒はあと数日早く連絡していたらほぼゲットできたのにという感じでした。

結局、今回最終的に決まったのは写真があまり良くなかったためにあんまり人気がなかったのか(?)、実際に見てみたらぜんぜん悪くなかったのにwebにアップロードしてから結構日にちが過ぎているアパートでした。オーナーさんが直接募集している物件でしたが、電話した時点であらかじめ一年ごととかの契約ではなく永久雇用的な契約の仕事をしているか、ペットは飼っていないかなどを聞かれましたので条件に合っていない場合は事前にお断りをしていたのかもしれません。

早めの連絡がいいけれど、結局は運とタイミングかもと少し感じました。

最後に

ブリュッセルとアントワープの間で交通の便もよく比較的治安も良いこと、今年中に引越しをしたい人が多い(?)ことなどでライバルが多い、そして今住んでいるところから近くないのでアポイントのアレンジが大変だったことなどで結構、アパート探しに苦戦したなと感じます。

最初はひとつのアパートの返事がくるまで待ってだめだったら次を申し込んでいましたが、それでは時間も無駄だしよいチャンスも逃してしまうので二回目からは返事を待たずにすぐ次の行動に移りました。売り手市場なのかオーナーさん側にかなり優先権があると感じましたが、こちらにも選ぶ権利はあると割り切って行動しました(笑)

ちなみにベルギーでも入居にあたり保証金が必要ですが、不動産屋さんを通している場合は家賃の3か月分、オーナー直の場合は家賃の2か月分がほとんどでした。

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました