バンコクのホテル「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパ」お食事

2014タイ周遊

バンコクで宿泊したアナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパで利用したレストランを紹介します。

スポンサーリンク

夜はロマンティックな雰囲気の「ロングテール・バー(Longtail Bar)」

一番気に入ったのはシャトルボート乗り場のそばにあるロングテール・バーです。チャオプラヤー川沿いに面して席がおかれているのでロケーションは抜群。昼間はかなり暑いと思いますが、ビールやカクテル、タイ料理などのお食事を楽しむことができます。おすすめはやはり川に夕日が沈む様子を見ることができるサンセットの時間、そして日が落ちたあとです。暗くなるとそれぞれの席にキャンドルがともされてロマンティックな雰囲気の中でディナーを楽しむことができます。オープンスペースなので肩肘をはらずに気軽にお食事ができるので、カップルだけではなく小さな子供連れでのお食事にもおすすめ。ソムタム・クン(青パパイヤのサラダ)やパッタイ・クン(タイ風焼きそば)、トムヤムクンといったタイ料理をいただきましたが、どれもお上品な味でおいしかったです。タイ語でクンはエビのこと、エビ料理ばかり頼んでしまいました。

陽気なイタリア人シェフのいる「ブリオ(Brio)」

ホテルに滞在中、最初に入ったのがイタリアレストラン「ブリオ」です。旅の最初だし、お祝いもかねてちょと豪華にと思いこちらのレストランに決めました。

タイについて最初の食事はなぜかイタリアンでしたが、陽気なイタリア人のシェフがちょこちょこと私たちの席まで話にきてくれました。最後にシェフのおすすめでいただいたデザートのフォンダンショコラが絶品でした。

メニューが豊富でおすすめの朝食

朝食は「ザ・マーケット」で朝の6時から10時半までいただくことができます。中に入ると室内の席か外のテラス席かを選択。外は暑いし、料理も室内のほうが取りに行きやすいので多くの人は室内を選んでいました。こちらのホテルの朝食はメニューが豊富だと噂には聞いていましたが、まさしく噂通りウェスタンからタイ料理、中華、お寿司、フルーツ、デザートまでととても豪華な朝食をいただくことができました。アナンタラ・バンコク・リバーサイドに宿泊するときはぜひ朝食付きにすることをおすすめします。朝食を食べたとき人がたくさんいて写真は撮りづらかったので残念ながら写真はありません。

プールの合間に食事をとれる「ロイ・ナム・バー(Loy Nam Bar)」

アナンタラ・バンコク・リバーサイドの魅力のひとつはやはりプール。暑いバンコク、プールサイドで時間を過ごすという人は多いのではないでしょうか。私たちも外出している以外はほとんどプールですごしていました。ロイ・ナム・バーはプールサイドにあり、プールでちょっと泳いでお腹がすいたなというときに水着のまま利用できて便利です。サンドイッチやラップサンドなどのほかにサテーやタイ料理もいただくことができます。また、私たちが滞在したときは夕方になるとハッピーアワーでカクテルを一杯頼むともう一杯無料だったので夕方は決まってプールサイドでのんびりしていました。

ホテル情報

住所257 1-3 Charoen Nakhon Rd, Samre, Thon Buri, Bangkok 10600 タイ 地図
TEL+66 2 476 0022

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました