バンコクのホテル「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパ」お部屋&プール

2019-08-072014タイ周遊

バンコクの空港で待ち合わせをし、そこから私たちのタイの旅がはじまりました。
空港には朝に到着していたので時間的にはまだ早いな~と思ったですが荷物だけでも置かせてもらおうとさっそくホテルに向かいました。この旅最初のホテルとして選んだのは「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパ」です。

スポンサーリンク

ロケーション

「アナンタラ・バンコク・リバーサイド・リゾート&スパ」は、その名の通りチャオプラヤー川の西岸リバーサイドにあります。
一番近いスカイトレインの駅はサパーンタクシン駅でホテルから30分ごとにでている無料の船を利用して行く事ができます。
ホテルからサパーンタクシン駅のそばの船着場までは約20分でちょっとしたアトラクション気分を味わうことができました。
宿泊前は、街の中心部からちょっと離れていて不便かなと心配したのですが、リバーサイドの観光にはとても便利だったし、街の中心に行くのもスカイトレインを使っていけるので、さほど苦になりませんでした。

住所:257/1-3 Charoennakorn Road, Thonburi, Bangkok
電話:+66 2 476 0022

お部屋

チェックインにはまだだいぶ早い時間にホテルに到着したのですが、ラッキーなことにすぐにお部屋に案内してもらえました。
今回、予約したのはこのホテルでは一番安いカテゴリーのデラックス・プレミア・ルームですが、角部屋だったのでL字型のバルコニーが付いたなかなか素敵なお部屋でした。

Thai2

部屋のドアを開けて中に入ると右側に独立した書斎スペース、左の廊下はベッドルームへとつながっています。書斎スペースには、机と椅子、そしてコーヒーメーカーなども置いてあり、コーヒーや紅茶が飲めるようになっていました。ちょっとパソコンを使う時や書き物をする時などに便利なスペースでした。日があまりあたらない場所だったのでちょっと暗いのが残念。

Thai9

こちらはベッドルームへと続く廊下です。右側にはキャビネットがあり洋服をかけたり荷物を置く場所、そして左側はバスルームです。

Thai7

こちらがバスルーム。広々としたバスルームで、深さも十分なバスタブ、そして別にシャワースペースもありました。ボディソープやシャンプーは使い捨てのものではなく容器に入ったものがおいてありました。
洗面台の横にはボトルに入ったお水。アメニティは必要最低限なものは揃っていましたが、歯ブラシはありません。海外のホテルで歯ブラシが置いてあるのを私は今まで見たことがないので、普通なのかなと思います。

Thai4

廊下を抜けた奥にあるベッドルーム。角部屋などでバルコニーへと出ることのできる大きな窓がL字型にあり、太陽の光がたくさん入り明るくて気持ちの良い部屋でした。ベッドルームも広々していました。

Thai5

窓の外のバルコニー。バルコニーからの景色は木々の向こうにちょっとだけ川が見える「ちょこっとリバービュー」。
木の枝の間を走りまわっているリスをよく見かけました。バルコニーには、結構「蚊」がたくさんいたので虫除けスプレーは必須でした。

一番安いカテゴリーの部屋を予約したはずなのに随分と広いお部屋なので、もしかしたら少しアップグレードしてくれたのかなと思います。そうだとしたら幸先の良い旅のはじまりですね。

プール

実はこのホテルに決めた理由のひとつがプールでした。

Thai8

写真を見てもっと大きなプールかなと想像していたので思ったよりは小さかったのですが、まわりに木々があり気持ちの良いプールでした。プールサイドのビーチベッドは十分な数があったのですが、プールのすぐそばのビーチベッドは結構早い時間から埋まっていました。

プールのすぐお隣にはプールバーがあり夕方になるとハッピーアワーで1杯のカクテルを注文するともう1杯サービスでいただけたこともあり、観光して帰ってきてからはプールサイドでだらだらと至福の時間を過ごしていました。

口コミ情報Anantara Riverside Bangkok Resortの口コミをチェック


ホテルAnantara Riverside Bangkok ResortをBooking.comで予約

スポンサーリンク