王様のブランチmemo BOOK「親子で一緒に楽しみながら学べる児童書&BOOKランキング(12/7~13)TOP5」

2020年12月19日に放送された王様のブランチのBOOKコーナーの特集は、親子で一緒に楽しみながら学べる児童書特集!BOOKランキング(12/7~13)のTOP5と合わせて紹介します。

Contents

親子で一緒に楽しみながら学べる児童書

最近、注目されているのが親子で一緒に楽しみながら学べる児童書!子どもの目線でわかりやすい児童書は、大人たちにも学びやすいと人気です。

こども六法

「こども六法」山崎総一郎/弘文堂

64万部を売り上げている子ども向けの法律書。日常生活にかかわる法律を小学生でも分かるようにイラストをまじえてわかりやすく教えてくれる一冊。

 

 

 

こどもSDGs  なぜSDGsが必要なのかがわかる本

「こどもSDGs  なぜSDGsが必要なのかがわかる本」バウンド/カンゼン(秋山宏次郎監修)

SDGsとは、地球の未来を守るために国連が決めた2030年までに世界の人々が達成しなければならない17の目標。そのSDGsを子どもたちにもわかるようにやさしく解説した事実を知り、今できることは何かを想像させる、みんなの未来を考えるキッカケを与えてくれる一冊。

 

 

 

子どもを守る言葉『同意』って何? YES、NOは自分が決める!

「子どもを守る言葉『同意』って何? YES、NOは自分が決める!」レイチェル・ブライアン/集英社

amazonの絵本部門の売れ筋ランキングで1位を獲得(2020年12月15日時点)した一冊。7歳の娘さんから「今日、学校で突然、男の子からキスされた。嫌だったけど相手に伝えられなかった。」と打ち明けられたアメリカのアニメーター、レイチェル・ブライアンさんは、「同意」を伝えるアニメーションを製作!この動画が世界で1億5千万回再生されたのをきっかけに書籍化!大事なのは人によって「大丈夫」という範囲や「嫌だ」という境界線が違うということ。「同意」をきちんと理解すると"いじめ"や"性暴力"の防止につながるという。優しさを人に手渡しできる方法のヒントがたくさん書いてあり、親も一緒に考えられる自分を守り他人を傷つけない「知恵」と「勇気」に気づける一冊。

 

 

BOOK ランキング(12/7~13)TOP5

第5位 本の雑誌

「本の雑誌 451号 2021年1月号」本の雑誌社

話題の雑誌や新刊レビューなど本がテーマの情報誌。

 

第4位 今度生まれたら

「今度生まれたら」内館牧子/講談社

72歳の内館牧子さんが人生のやり直しを描いた小説。主人公は、エリートサラリーマンの夫と2人の子供にも恵まれ幸せな人生を歩んできたはずだった70歳の夏江。そんなある日、若いころに夏江が交際を断った昔の同僚が園芸家として世界で活躍していることを知る。結婚・仕事・家庭… 自分の選択は正しかったのかと70歳で人生を初めて振り返った夏江が見つけた本当の幸せとは?

 

第3位 このミステリーがすごい!2021年版

「このミステリーがすごい!2021年版」宝島社

2020年に発売された国内外のミステリーをランキング形式で紹介した一冊。

 

第2位 考えごとしたい旅  フィンランドとシナモンロール

「考えごとしたい旅  フィンランドとシナモンロール」益田ミリ/幻冬舎

2017年~2019年まで毎年フィンランドを旅行していた人気イラストレーターの増田ミリさんが旅先での出来事をイラストとともに綴った旅行エッセイ。旅先で気づいたささやかだけど大切なことを綴った一冊。

 

 

第1位 ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人

「ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人」東野圭吾/光文社

発売2週間で23万部を突破した東野圭吾さんの最新作。

名もなき町。ほとんどの人が訪れたこともなく、訪れようともしない町。けれど、この町は寂れてはいても観光地で、再び客を呼ぶための華々しい計画が進行中だった。多くの住民の期待を集めていた計画はしかし、世界中を襲ったコロナウイルスの蔓延により頓挫。町は望みを絶たれてしまう。そんなタイミングで殺人事件が発生。犯人はもちろん、犯行の流れも謎だらけ。当然だが、警察は、被害者遺族にも関係者にも捜査過程を教えてくれない。いったい、何が起こったのか。「俺は自分の手で、警察より先に真相を突き止めたいと思っている」──。颯爽とあらわれた〝黒い魔術師〟が人を喰ったような知恵と仕掛けを駆使して、犯人と警察に挑む!
最新で普遍的。この男の小説は、ここまで凄くなる。東野圭吾、圧巻の離れ業。

-amazonより引用-

 

 

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる