王様のブランチmemo コジドライブ「春の南房総で絶景巡り」清水渓流広場/道の駅 和田浦 WA・O!/館山ファミリーパーク/船形山 大福寺

国内
※写真はイメージです

2020年3月7日に放送された王様のブランチは、コジドライブ!今回は、南房総の絶景を巡りました。

スポンサーリンク

清水渓流広場

清水渓流広場にある亀岩の洞窟は、江戸時代に掘られた人工洞窟で滝の中にある岩が亀の甲羅のように見えることから名付けられたそう。亀岩の洞窟では、季節・時間・天候、様々な条件がそろったときだけ、洞窟の奥から差し込む光が水に反射してハートのように見える奇跡の絶景を見ることができる。ちなみに3月と9月の早朝の時間に見れることが多いそう。

この投稿をInstagramで見る

W51panda(@kouichi_panda)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

RETRIP<リトリップ>公式(@retrip_news)がシェアした投稿

 

 

住所千葉県君津市笹 地図
TEL0439-56-1325(君津市観光課)

道の駅 和田浦 WA・O!

南房総の和田は、国内で4か所、関東では唯一の捕鯨基地があり、夏にはツチクジラ26頭の捕鯨が許可されているクジラの街。和田浦 WA・O!は、全長26m、地球上最大の動物であるシロナガスクジラの骨格標本(レプリカ)がお出迎えてくれる道の駅。数々の鯨のお土産を販売、レストランでは鯨の竜田揚げやお刺身などの鯨グルメが楽しめる。


Photo by じゃらん

  • 鯨のベーコン切り落とし 870円・税込
  • 鯨の大和煮 520円・税込

 

この投稿をInstagramで見る

 

MS(@masato1802)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Takashi Abe(@takkunevo)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • 和田浜特製くじら丼 1760円・税込
  • くじら肉まん 350円・税込
    クジラ肉100%のここでしか食べられないオリジナルのくじら肉まん。クジラ肉には生姜を混ぜることでクセを軽減しており、さっぱりとした味わいで食べやすい。
  • くじらコロッケ 180円・税込
    じゃがいもにくじら肉と食べやすいように豚ひき肉を混ぜたコロッケ。

 

 

住所千葉県南房総市和田町仁我浦243 地図
TEL0470-47-3100
営業時間9:00~17:30

館山ファミリーパーク

館山ファミリーパークでは、日本初となるサンドアートの屋外通年展示を行っている。サンドアートとは、固めた砂を手で削っていく砂の彫刻で特殊な定着剤で砂像を覆っているので雨や風でも崩れないそう。サンドアートの世界大会で優勝経験のある世界トップのサンドアーティスト、保坂俊彦さんが作品を手掛けている。

この投稿をInstagramで見る

館山ファミリーパーク(@tateyamafamilypark)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

館山ファミリーパーク(@tateyamafamilypark)がシェアした投稿

また、広大な花畑には、関東最大級、100万本のポピーが咲き誇る房総の春ならではの絶景を楽しめる。ポピーは、ゴールデンウイーク頃までが見頃!

この投稿をInstagramで見る

館山ファミリーパーク(@tateyamafamilypark)がシェアした投稿

入園料:大人(中学生以上) 800円・税込、子ども(4歳~小学生) 550円・税込  ※3歳以下無料

 

 

住所千葉県館山市布沼1210 地図
TEL0470-28-1110
営業時間9:00~17:00

船形山 大福寺

船形山 大福寺は、山の中腹を削って造られた崖観音が有名なお寺。急な階段を登りきると崖観音からは、波が穏やかで鏡のように美しいため「鏡ヶ浦」とも呼ばれる館山湾を一望する絶景を望むことができる。この観音堂は、崖面に直接掘られた十一面観音菩薩(717年)を守るために後から建てられたもの。現在の建物は、大正14年に再建、平成28年に改修されたもの。


Photo by じゃらん

 

 

住所千葉県館山市船形835 地図
TEL0470-27-2247
観音堂参拝時間8ː30~16ː30
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました