王様のブランチmemo「ゆずと巡る!横浜・地元グルメガイド」尾島商店/ミートカフェオジマ/しょうゆきゃふぇ 元町/萬珍樓 本店

国内
※写真はイメージです

2020年2月29日に放送された王様のブランチは「ゆずと巡る!横浜・地元グルメガイド」でした。横浜出身のゆずの二人と一緒にゆずとゆかりのあるお店などを巡りました。

スポンサーリンク

尾島商店 野毛本店

尾島商店は、ゆずがラジオ番組の企画で一緒にお弁当を作って以来のつきあいという1923年創業の老舗精肉店。

この投稿をInstagramで見る

Yasu Michiwake(@yasu_michi)がシェアした投稿

紹介された商品
  • 炭火焼 濱吟焼豚 100g 580円・税抜
    お店の看板グルメは、正月には1日2000本売れるというチャーシュー。国産の豚肉を創業当初から代々受け継がれている秘伝の甘辛ダレに半日漬けてから、職人が約6~7時間かけて炭火で焼いた赤身と脂のバランスが絶妙な一品。
  • メンチカツ 1個 320円・税抜
    サクッと揚がった衣の中にしっかりとお肉を感じる大きなメンチカツも夕方には売り切れてしまうことも多い人気商品。

 

店舗情報
住所神奈川県横浜市中区野毛町2丁目93 地図
TEL045-231-0339
営業時間10:00~20:00
定休日
食べログ

ミートカフェオジマ

ミートカフェオジマは、尾島商店が精肉店の隣に3年前にオープンしたカフェ。

メニュー
この投稿をInstagramで見る

ハンバーガー報告書(@y.burgercollection)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • アボカドバーガー ポテト付き 1260円・税抜 ※チーズトッピング 120円・税抜
    パティは、粗びきにした国産牛を100%使用、NYスタイルでミディアムレアに焼いたもの。バンズは、バターの甘みを程よく感じるブリオッシュタイプ。チーズをのせた肉汁たっぷりのハンバーグに甘めのオニオンソース・厚切りのトマト・アボカドをのせておりボリュームもたっぷり。

 

店舗情報
住所神奈川県横浜市中区野毛町2丁目93 地図
TEL045-341-0700
営業時間10:00~22:00
定休日
食べログ

しょうゆきゃふぇ 元町

しょうゆきゃふぇ 元町では、神奈川県の菓子コンクールで最優秀賞を獲得したユニークなスイーツがいただける。

メニュー
この投稿をInstagramで見る

しょうゆきゃふぇ元町(@shouyucafe)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • 元祖!NAMAプリン 850円・税抜
    鶏の形をした容器、コッコちゃんの中にある卵黄をバニラ風味のミルクムースに加え、ほろ苦いキャラメルソースをたっぷりとかけていただく生プリン。卵は、相模原の濃厚な恵壽卵の黄身を使用。混ぜすぎずにいただくと卵の良さ、プリンの良さをすべて感じられる。

 

店舗情報
住所神奈川県横浜市中区元町1-30 フジタビル 2F 地図
TEL045-225-8654
営業時間11:00~17:00
定休日不定休
食べログ

萬珍樓 本店

萬珍樓は、明治25年創業、本格的な広東料理を食べられるお店。3月4日にリリースされるゆずのニューアルバム「YUZUTOWN」の収録曲「チャイナタウン」のカラオケ用のMV撮影をこちらのお店で行ったそう。

メニュー
この投稿をInstagramで見る

Kensuke Konaka(@kkonaka)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • 福建炒飯(五目あんかけ)2200円・税込
    強火の火加減で卵の香りを引き立てパラパラに炒めたチャーハンに海老・帆立・干し貝柱などを特製スープで合わせた醤油ベースの五目あんかけをたっぷりとかけた一品。あんかけの隠し味には、オイスターソースを使用している。
  • サンマー麺 1200円・税込
    横浜のご当地麺、サンマー麺は、シャキシャキのモヤシがポイント。炒めたモヤシに鶏と豚からとったスープを加えて特製のタレであんかけにしたものを醤油ベースの中華麺にたっぷりとかけた一品。

 

店舗情報
住所神奈川県横浜市中区山下町153 地図
TEL045-681-4004
営業時間11:00~22:00
定休日
食べログ

 

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました