マツコ&有吉 かりそめ天国memo「ガチガチランキング!観光列車編」

マツコ&有吉 かりそめ天国

2019年11月29日に放送されたマツコ&有吉 かりそめ天国は、秋から冬の今乗るべき!観光列車ガチガチランキング。全国にある観光列車の数は100種類以上、その中から一般人でも気軽に乗れてコスパ・満足感がある観光列車BEST5を7名の有識者が厳選しました。

⇒⇒「マツコ&有吉 かりそめ天国」(ガチガチランキング)のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

第5位 観光特急 しまかぜ

しまかぜは、名古屋・京都・大阪から三重県の賢島に向けて3路線を運行しており、伊勢神宮参拝者が多く利用する人気の観光特急。ガラスエリアを大きくとった展望車両は、解放感抜群で美しい景色を堪能できる。グリーン車よりも広い間隔のシートは、本革の電動リクライニングシートで高級感がある。

近鉄名古屋~賢島(約2時間)3650円+1050円=4700円
通常の特急料金に1050円プラスするだけと超お得!

 

3号車には、一室+1050円で利用できる洋風個室(3~4人用)と掘りごたつ風につくられた和風個室(3~4人用)もある。4号車は、カフェ車両となっており、本格的な料理を楽しめる。

View this post on Instagram

A post shared by G.J.ひむ(hiromu kashihara) (@g.j.himu) on

紹介されたメニュー
  • 松阪牛重 1430円
    松阪牛を100%使用し野菜と一緒にじっくり煮込んだ
  • 海の幸ピラフ 1430円
    しまかぜの一番人気。

 

第4位 アンパンマントロッコ列車

アンパンマントロッコ列車は、岡山・琴平・高松間を土・日・祝日や春夏休みを中心に運行している家族連れでいつも予約でいっぱいの人気の観光列車。いたるところにキャラクターが描かれた2両編成で車体上部が開放されたトロッコ列車になっている。

乗車券+1000円(岡山~高松間)
土・日・祝日、春夏休みを中心に運行 ※12月~2月は運休

 

車内は、アンパンマンのキャラクターがいっぱい。絵本の無料貸し出しサービスや限定販売のアンパンマングッズも販売されている他、アンパンマンとの記念写真やアンパンマンの水筒付き駅弁もあり子供に大人気!

そして大人も楽しめる有識者絶賛の絶景スポットがトンネルを抜けた先に広がる瀬戸大橋という巨大建造物の中を走る近未来的な風景。約12キロの瀬戸大橋の中を約15分で通る間、瀬戸内海を一望できる。

 

第3位 ろくもん

ろくもんは、軽井沢~長野を運行している有識者曰く、おもてなしが過ぎるという満足感最強の観光列車。車両は、鉄道車両デザインの巨匠、水戸岡鋭治のデザインでレトロな車体色は真田幸村の赤い甲冑をイメージしている。ろくもんという名前は、真田一族の家紋「六文銭」から命名された。真田の出陣をイメージしたほら貝が乗車の合図、レッドカーペットを通っていざ車内へ!1号車・2号車は、インテリアの木材のほとんどを長野県産を使用したウッディな内装、3号車は障子で仕切られた料亭のような内装になっている。

View this post on Instagram

A post shared by 観光列車「ろくもん」 (@shinanorailway_rokumon) on

しなもんでは、信州サーモンのサラダや信州プレミア牛のサーロインなど地元の食材をふんだんに使った銘店アトリエ・ド・フロマージュのフルコースを楽しめる。通常、観光列車はシェフが監修しただけの料理が多いが、こちらではシェフ自らが乗車し調理・仕上げをしている。

View this post on Instagram

A post shared by 観光列車「ろくもん」 (@shinanorailway_rokumon) on

他にも浅間山が見える絶景ポイントでの停車や記念撮影が大人気の上田駅の甲冑駅長、一人一人の乗客に合わせた乗務員さんからの手書きの感謝のメッセージカードなどおもてなしいっぱいの観光列車。

 

第2位 ハイレール星空

ハイレール星空は、超異色の夜を走る体験型観光列車。山梨県小淵沢から長野の小諸までを走るハイレール1375と呼ばれるJRの中で標高が最も高い地点1375mを通過する列車が、夜1便だけハイレール星空として運行している。2両編成の車内にはプラネタリウムが設置されており、乗車している星空案内人が季節ごとの星空を解説してくれる。

JRの中で最も標高が高い野辺山駅では、1時間弱停車し星空案内人による説明を聞きながら星空観賞会が行われる。日本三選星名所にも数えられている野辺山は、これからの季節は空気が澄んでさらにきれいな星空が期待できる。12月はふたご座流星群とこぐま座流星群があるので運が良ければ流れ星がめちゃくちゃ見えるそう。

 

第1位 えちごトキめきリゾート雪月花

上越妙高から一度妙高高原へ行き、折り返して糸魚川へと運行しているえちごトキめきリゾート雪月花は、総工費約6億円、2016年に運行を開始した全国トップクラスの人気を誇るまさにファーストクラスというキングオブ観光列車。車内は高さ2.6mの天井まで大きくとられた窓からは四季折々の景色が楽しめる。席は、レストラン形式の座席になっている。

有識者おすすめは、別料金1万5千円(1グループ)で特別空間を楽しめる2号車のハイデッキ。ロープで区切られていて最大4人しか入れないというハイデッキからは前面展望を楽しめる。田園風景と妙高山や棚田、日本海と数々の絶景が堪能できる。

View this post on Instagram

A post shared by Toru Iwasa (@iwasa183) on

料理もまた格別。午前便の雪コースは、十日町市出身の二つ星シェフ考案した新潟の旬の食材をふんだんに使ったフレンチ3段重フルコース。ポークリエットときのこのディップサンドは、新潟の銘柄豚 妻有ポークをじっくり煮込みペースト状に固めた超手間がかかる一品。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました