旅サラダmemo ニュージーランド「渡辺舞さんのダニーデンで野生動物と19世紀の古き良き街並みと伝統にふれる旅」

旅サラダ

2019年10月26日に放送された旅サラダの海外の旅は、渡辺舞さんのニュージーランドの旅!今回は、南島のダニーデンで希少な野生動物たちと出会い、19世紀の古き良き街並みと伝統にふれる旅です。

⇒⇒「旅サラダ」(海外の旅)その他の記事はこちら

スポンサーリンク

ダニーデン(Dunedin)

ニュージーランドの南島に位置するダニーデンは、およそ170年前にスコットランドからの移民によって開かれた街。今でも当時建てられたヨーロッパ風の建物が数多く残っている。ダニーデン駅(Dunedin Station)の駅舎は、石造りの建物が多いダニーデンを代表する建物のひとつで撮影にもよく使われている。

View this post on Instagram

A post shared by NewZ (@nztakemeback) on

ハッピー ヘンズ(Happy Hens)

クラフトの町としても有名なダニーデンを代表するクラフトが19世紀に移民たちが連れてきた鶏をモチーフにした置物「ハッピー ヘンズ」。元美術教師だったこちらのお店のオーナーがおばあさんたちが飼っていた鶏をモデルに35年前に作りはじめたというハッピー ヘンズは、カラフルでかわいらしいデザインが大好評。幸運を呼ぶラッキーアイテムとして今では年間1万羽をうみだしている。

View this post on Instagram

A post shared by thisNZlife (@thisnzlife) on

View this post on Instagram

A post shared by Catherine Mitchell (@donthaveadog) on

  • ハッピーヘンズ 30NZドル~(約2080円~)
  • ハッピーヘンズ 絵付け体験料 20NZドル(約1390円)
    工房では陶器に水彩で色を塗るハッピーヘンズの絵付け体験ができる。

 

 

住所Cnr Beaconsfield and Portobello Rd’s, Portobello, Dunedin 9014 ニュージーランド  地図
TEL+64 3-478 0111
営業時間10:30~16:30

ラーナック城(Larnach Castle)

ダニーデンの中心部から車でおよそ20分の場所にあるラーナック城は、ニュージーランドで唯一のお城。1871年に政治家で大富豪だったウィリアム・ラーナックが妻と暮らすために中世のヨーロッパのお城を模して建てたもの。城内には43の部屋と大広間があり、約50人の使用人が働いていたそう。一般公開されている部屋はヴィクトリア朝時代の生活様式や文化を今に伝えている。4階建てのお城の屋上からの眺めは抜群。

View this post on Instagram

A post shared by Larnach Castle (@larnachcastle) on

入城料:大人 34NZドル(約2400円)子ども(5~14才)12NZドル(約800円)
ファミリー 80NZドル(約5500円)
※大人2人、子供4人まで

 

ボールルーム カフェ(Ballroom Café)

かつて舞踏会が行われていた大広間はカフェとなっており、ランチやアフタヌーンティーを楽しむことができる。

View this post on Instagram

A post shared by Larnach Castle (@larnachcastle) on

紹介されたメニュー
  • アフタヌーンティー 28NZドル(約1900円)

 

 

住所145 Camp Rd, Dunedin 9077 ニュージーランド  地図
TEL+64 3-476 1616
営業時間8:00~19:00(冬季 9:00~17:00)

 

キャンプ エステート(Camp Estate)

キャンプ エステートは、ラーナック城の敷地内に2013年にオープンした宿泊施設。貴族が農村に建てた邸宅、カントリーハウスをイメージしており、5室ある客室はすべてインテリアが異なっている。

View this post on Instagram

A post shared by samivy (@samivy77) on

ルーム3ːルームチャージ 420NZドル~(約29100円~)
※夕食前のドリンク、2人分の朝食、ラーナック城の入城料含む

 

 

 

住所100 Camp Rd, Larnach Castle, Larnachs Castle 9077 ニュージーランド  地図
TEL+64 3-476 1616

モイエティ(Moiety)

モイエティは、ダニーデンの市内に2018年5月にオープンした旬の地元食材を使ったシェフのおまかせ料理がコースでいただけるレストラン。コースのメニューは3か月ごとに変わる。

紹介されたメニュー
  • 5品コース 79NZドル(約5500円) ※ドリンクは別料金
View this post on Instagram

A post shared by Moiety (@moietydunedin) on

View this post on Instagram

A post shared by Moiety (@moietydunedin) on

  • 前菜:ヤムイモ、ケール、ガーリック、キヌア、ゴマ、だし(yam, kale, garlic, quinoa, sesame, broth)
    焼いたヤムイモにガーリッククリームをかけ、揚げたケール・キヌア・ゴマを乗せた一品。野菜ソースをかけていただく。
  • メイン:鹿肉、キャベツ、タマリロ、ニンジン、ゴマ、水菜(venison, cabbage, tamarillo, carrot, sesame, mizuna)
    鹿肉に塩をふり直火で焼いたステーキは紫キャベツのピュレでいただく。

 

住所42 Queens Gardens, Dunedin, 9016 ニュージーランド  地図
TEL+64 3-926 9770
営業時間17:00~23:00
定休日日曜、月曜

 

エルム ワイルドライフ ツアーズ(Elm Wildlife Tours)

ダニーデンから車でおよそ30分の豊かな自然が残るオタゴ半島(Otago Peninsula)で野生動物を間近に観察できるツアー。

View this post on Instagram

A post shared by Elm Wildlife Tours (@elmwildlifetours) on

View this post on Instagram

A post shared by Elm Wildlife Tours (@elmwildlifetours) on

  • 出会いツアー(Encounters Tour) 約6時間
    大人 125NZドル(約8700円)子ども・学生 115NZドル(約8000円)

 

今回のツアーで出会えたのは、ニュージーランドオットセイやニュージーランドアシカ、イエローアイドペンギンなど。ニュージーランドアシカは南島に生息する絶滅危惧種のアシカ。ニュージーランドに約170頭しかいないという世界でもっとも珍しいアシカでその体長は最大で全長2m50cm、体重450キロにまでになる。イエローアイドペンギンもニュージーランド全土に700羽ほどしかいないという絶滅が危惧されている世界で最も珍しいペンギン。警戒心が強いので普段はなかなか見つからないそう。

 

住所19 Irvine Road – The Cove Dunedin , 9077 ニュージーランド 地図
TEL+64 3-454 4121
営業時間8:00~22:00

リトル ブルー ペンギン プケクラ(Little Blue Penguin Pukekura)

リトル ブルー ペンギン プケクラでは、夜オタゴ半島にあるビーチへ帰ってくるリトルブルーペンギンを間近で見学できるツアーを行っている。

  • 見学ツアー:大人 35NZドル(約2400円)子ども 10NZドル(約690円)
    ファミリー 80NZドル(約5500円)※大人2人、子供3人まで
View this post on Instagram

A post shared by Blue Penguins Pukekura (@bluepenguinspukekura) on

リトルブルーペンギンは、体長わずか40㎝、体重1㎏ほどの世界最小のペンギン。

 

住所1260 Harington Point Rd, Harington Point 9077 ニュージーランド  地図
TEL+64 3-478 0499
営業時間

コメント

タイトルとURLをコピーしました