news every.memo 気になる!「美術館グルメ」鶴岡ミュージアム/奥津国道美術館/山種美術館

news every.
※写真はイメージです

2019年10月8日に放送されたnews every.の気になる!は「美術館グルメ」でした。ボリューム満点のランチプレートや味わえる美術館やちょっと変わったアトラクションを楽しめる美術館、芸術のように美しいこだわりのスイーツが食べられる美術館が紹介されました。

スポンサーリンク

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

鶴岡ミュージアムは、今年の6月に鎌倉の鶴岡八幡宮にオープンしたミュージアム。館内には源頼朝の肖像画などが展示されており、鎌倉幕府以降の歴史や文化を学ぶことができる。

入館料:一般300円・税込、小中学生100円・税込 ※未就学児無料/展示によって値段変更

ミュージアムの隣には、今月カフェもオープン!店内には2010年に強風で倒れてしまった樹齢1000年を超えるという鶴岡八幡宮のご神木が置かれている。お店では。毎朝、食パンとバゲットを焼いており、それらのパンを使った料理が楽しめる。

View this post on Instagram

A post shared by 谷川浩二 (@guchuanhaoer8854) on

  • ホットサンド ハム&チーズ 750円・税込
  • バゲットサンド サーモン&香草クリームチーズ 900円・税込
    国産小麦の配合に工夫をこらした軽い食感のバゲットに香草を加えたクリームチーズとサーモンを挟んだ人気メニュー。

 

 

住所神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目2−1−53  地図
TEL0467-55-9030
営業時間10:00~16:30(最終入館16:00) ※閉館時間変更の場合あり
定休日月曜(祝日の場合は開館)、展示替期間、年末年始

奥津国道美術館

奥津国道美術館は、神奈川県秦野市内の住宅街に今年の4月にオープンした美術館。秦野市出身の水彩画家が描いた肖像画や風景画などが常時60点展示されている。きれいに手入れされた庭園をミニ電車にのって楽しめるアトラクションも人気。

View this post on Instagram

A post shared by Ko-chi (@ko_chi256) on

  • 入館料:500円・税込
  • 森のぽっぽ鉄道 1回/300円・税込、小学生以下200円・税込

 

住所神奈川県秦野市曽屋1758  地図
TEL0463-26-7312
営業時間10:00~17:00
定休日水曜

森のカフェ

秦野美術館の奥にある女性でにぎわうカフェ。

View this post on Instagram

A post shared by けんいち (@kenichi_na0829) on

  • 森のカフェプレート 1650円・税込 ※内容は月替わりで変更
    ランチ時にほとんどのお客さんが注文する人気のランチプレート。今月は、カボチャのサラダや野菜のキッシュなど品数は14種類ありボリューム満点。メインは、地元の銘柄豚、やまと豚の味噌漬けをたっぷりの野菜と一緒に炒めた一品。

 

山種美術館

渋谷区の広尾にある山種美術館は、日本画の展示を専門にしている美術館。今月は、横山大観など日本画を代表する画家たちの作品をおよそ60点展示している。

入館料:一般1200円・税込、高・大学生900円・税込 ※中学生以下無料

 

 

住所東京都渋谷区広尾3丁目12−36   地図
TEL03-5777-8600
営業時間10:00~17:00(最終入館16:30)
定休日月曜(祝日は開館、翌日火曜休館)、展示替え期間、年末年始

cafe 椿

山種美術館に併設されているカフェでは都内の和菓子店、菊家とともに考案した日本画をモチーフにした和菓子がいただける。現在は、秋の紅葉をモチーフにしたものや白波をイメージした和菓子を味わえる。

View this post on Instagram

A post shared by 山種美術館 Yamatane Museum of Art (@yamatane_museum) on

  • お茶菓子セット(和菓子+お抹茶)1200円・税込 ※朝の光は今月27日まで
    朝の光は、館内に展示してある横山大観作の「富士山」をイメージした和菓子。和菓子のベースの黒糖風味のこしあんに富士山はあんこで作った羊羹を型抜き、雲は白あん、昇っていく朝日はオレンジ色の寒天、粉砂糖で富士山の雪を表現した一品。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました