旅サラダmemo ギリシャ「山本エンナさんのアテネで悠久の歴史にふれる旅」

旅サラダ

2019年9月21日に放送された旅サラダの海外の旅は、山代エンナさんのギリシャの旅でした。

⇒⇒「旅サラダ」(海外の旅)その他の記事はこちら

スポンサーリンク

アテネ(Αθήνα

ギリシャの首都、人口およそ320万人のアテネは、政治や文化の中心地。街中では、現在の風景と混じりあうように至るところで古代の遺跡を目にする。

アクロポリス(ἀκρόπολις/Acropolis

世界遺産にも登録されているアクロポリスは、156mの丘の上に築かれた古代遺跡。神々が住むとされた聖域で古代ギリシャ建築の最高峰といわれているパルテノン神殿はその象徴として知られている。パルテノン神殿は、アテネという地名の由来にもなった知恵と戦いの女神、アテナを祀るために紀元前5世紀に建てられた。他にも翼をもっていたという勝利の女神ニケを祀るために建てられたニケの神殿や西暦51年に建てられた大理石でできた5000人を収容できるヘロド・アッティコス音楽堂がある。

View this post on Instagram

A post shared by Nikita Singh (@singh_nikita) on

View this post on Instagram

A post shared by FORM (@form) on

入場料: 20ユーロ(約2300円)※18歳以下は無料

 

住所via Dionysiou Areopagitou str., Athens 105 58 ギリシャ  地図
営業時間夏期間 8:00~20:00(最終入場19:30)冬期間 8:30~15:00(最終入場14:30)
※その年によって変更あり

パナシナイコ・スタジアム(Παναθηναϊκό Στάδιο/Panathenaic Stadium

パルテノン神殿の近くにあるパナシナイコ・スタジアムは、かつてアテナの誕生日を祝うお祭りが行われていた場所。その後、スタジアムとして修復され、1896年には「第1回近代オリンピック」の会場となったオリンピック発祥の地でもある。スタジアムの内部には小さな博物館があり、歴代のオリンピックのポスターも飾られている。

View this post on Instagram

A post shared by 0xWOLF (@0xwolf) on

入場料: 5ユーロ(約600円)※18歳以下は無料

 

住所Leof. Vasileos Konstantinou, Athina 116 35 ギリシャ  地図
TEL+30 21 0752 2984
営業時間夏期間 8:00~19:00、冬期間 8:00~17:00

メリシノス・アート・ポエト・サンダルメーカー(MELISSINOS ART THE POET SANDAL MAKER)

メリシノス・アート・ポエト・サンダルメーカーは、ジョン・レノンやポール・マッカートニーも買いにきたという古代兵士が履いていたサンダルを現代風にデザインしたサンダルを販売しているお店。28種類の中から好きな型を選ぶと買った人の足にぴったり合うようにその場で仕上げてくれる。

View this post on Instagram

A post shared by Julie (@judiavolpe) on

  • サンダル 50ユーロ(約5900円)

 

 

住所Agias Theklas 2, Athina 105 54 ギリシャ 地図
TEL+30 21 0321 9247
営業時間10:00~18:00
定休日月曜

ヒルトン・アテネ(HILTON ATHENS)

ヒルトン・アテネは、1963年にオープンしたアテネを代表する5つ星ホテル。

View this post on Instagram

A post shared by Hilton Athens (@hiltonathens) on

View this post on Instagram

A post shared by Hilton Athens (@hiltonathens) on

  • デラックススイートルーム アクロポリスビュー
    1泊ルームチャージ 600ユーロ~(約70000~円)※2名まで

 

 

住所Leof. Vasilissis Sofias 46, Athina 115 28 ギリシャ  地図
TEL+30 21 0728 1000

パリオ・テトラディオ(ΠΑΛΙΟ ΤΕΤΡΑΔΙΟ/Palio tetradio

ギリシャでは「タベルナ」というカジュアルな大衆食堂が人気でタベルナが軒を並べる通りがいくつもある。パリオ・テトラディオは、人気のタベルナのひとつ。夜になると民族衣装をきたダンサーがきて、お客さんも皆で一緒に踊って盛り上がる。

View this post on Instagram

A post shared by Lucrezia (@ipaziarossi) on

紹介されたメニュー
  • ホリアティキ 7ユーロ(約820円)
    野菜の上にギリシャ伝統の羊のフェタチーズをのせ、オリーブオイルをたっぷりとかけたサラダ。
  • ムサカ 8.5ユーロ(約1000円)
    ナスやジャガイモ、ひき肉を積み重ねホワイトソースをたっぷりとかけて焼き上げたギリシャ風のグラタン。

 

 

住所Mnisikleous 26, Athina 105 56 ギリシャ  地図
TEL+30 210 32 11 903
営業時間9:00~翌1:00
定休日

ポセイドン神殿(Ναός του Ποσειδώνα/Temple of Poseidon

アテネの中心地かた離れたリゾートエリア、アポロコーストのエーゲ海を望む岬に建つポセイドン神殿は、紀元前5世紀に海の守護神”ポセイドン”を祀るために建てられたもので、かつてはここで漁師や船乗りが航海の無事を祈っていた。夕暮れ時には神殿のシルエットが夕日に照らされ美しい光景を見ることができる。

View this post on Instagram

A post shared by mthiessen (@mthiessen) on

入場料: 8ユーロ(約940円)

 

 

住所Cape Sounio, Sounio 195 00 ギリシャ 地図
TEL+30 2292 039363
営業時間夏期間 9:00~日没、冬期間 9:30~日没

日本旅行「7つの世界遺産を巡るブルガリア&ギリシャ11日」

関空発・成田発同料金《各空港諸税別・燃油サーチャージ込》
2019年11月~2020年6月(特定日) 299,900円~369,900円

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました