シューイチmemo「焼き鳥の名店の看板メニューだけ食べ歩き!『究極の一串』」

シューイチ
※写真はイメージです

2019年9月15日に放送されたシューイチプレミアムは焼き鳥がテーマ!数えきれないほどの専門店がある日本を代表するグルメのひとつ、焼き鳥。今回は焼き鳥の名店の看板メニュー、究極の一串が紹介されました。

スポンサーリンク

鳥かど

目黒にある鳥かどは、看板など何もないビルの地下にひっそりと佇む名店。焼き鳥業界の最高峰ともいわれている「鳥しき」の分店で名店で修業した店主がつくる焼き鳥を求めて連日予約が殺到する人気店。主に福島県の伊達市で生産されている銘柄鶏”伊達鶏”を使用している。

View this post on Instagram

A post shared by HIROAKI FUJINO (@saru717171) on

  • 伊達鶏のかしわ
    肉の色が紅葉した柏の葉に似ていることが由来ともいわれている”かしわ”は、鶏のモモ肉。脂のノリがよく弾力もありジューシーな伊達鶏のかしわを長年継ぎ足したタレで丁寧に焼き上げた一品。紀州産の備長炭と火の強さと回転のタイミングなど絶妙な焼きによって生み出されたシャキシャキとした独特の食感を楽しめる。

 

住所東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビルB1F  地図
TEL03-6417-9967
営業時間18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日日曜
食べログ

鳥幸

乃木坂にある鳥幸には、ソムリエが常駐しており、約80種類のワインの中から焼き鳥と合うベストなものを選んでくれる”焼き鳥にはワイン”を提唱するお店。鳥幸オリジナルの八ヶ岳鳥幸地鶏を使用、軍鶏の血を引いた鶏は濃厚な旨味があり、適度な歯ごたえを楽しむことができる。

View this post on Instagram

A post shared by / 渉 美沙子 (@misakkuma_426) on

  • 鶏の首皮
    八ヶ岳鳥幸地鶏は一般的な鶏よりもおよそ2倍の飼育時間をかけているため、厚みがあり弾力のある首皮をいただける。最後に塩をふりかけた分厚い首皮はまわりはカリカリ、適度な脂を楽しめる。

 

 

住所東京都港区赤坂9-6-30 乃木坂プレース1F 地図
TEL050-5595-0837
営業時間17:00~23:30(L.O.22:30)
定休日日曜
ネット予約食べログ

酉玉

港区白金にある酉玉は、焼き鳥業界でも有名な鶏の希少部位を多く扱う名店。鶏一羽からひとつしか取れない脾臓の部分”小豆”やコリコリとした食感が特徴の鶏の食堂”さえずり”、雌鶏の尻尾部分の”みさき”、ももの中心部分の”おび”など聞きなじみのない部位がたくさんある。

View this post on Instagram

A post shared by Pam Pang (@pam921) on

  • キンチャク
    通常は捨てられることが多い鶏の肛門から直腸にかけての部位”キンチャク”を塩揉みしてから、しっかりとお酒で洗い、ニンニクがきいた醤油タレで焼き上げた一品。

 

住所東京都港区白金6-22-19 地図
TEL050-5597-1841
営業時間17:30~24:00
定休日日曜(日・月連休の場合は日曜営業・月曜休)
ネット予約食べログぐるなび

阿佐ヶ谷 バードランド

杉並区阿佐ヶ谷にあるバードランドは、ミシュランガイドで3年連続1つ星に認定された名店。大子町など茨城県北部で生産されている奥久慈しゃもを使用。広い鶏舎でのびのびと動きまわり育てられた奥久慈しゃもは、闘鶏の軍鶏の血をひくため肉質がぎゅっと締まっており独特の歯ごたえがある。また、低脂肪なのでヘルシーな鶏肉になっている。

View this post on Instagram

A post shared by Nao (@naocafe) on

  • ソリ
    もも肉の一部でラグビーボールのような楕円形をしたソリは、1羽から2つしか取れない希少部位。弾力がありながらもとってもジューシー。二口目はすだちを搾りさっぱりと食べるのがおすすめ。

 

 

住所東京都杉並区阿佐谷南3-37-9 パールアサガヤ 1F 地図
TEL03-3392-8941
営業時間火~土 17:00~23:00  日・祝 17:00~22:30
定休日月曜、第1・3日曜
ネット予約ぐるなび
食べログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました