news every.memo「こだわり店主の産地直送の店」近江牛&三浦半島のアジ

news every.
※写真はイメージです

2019年8月19日に放送されたnews every.の特集は「こだわり店主の産地直送の店」でした。滋賀県の近江牛が名物のお店と今が旬の三浦半島直送のアジにこだわるお店をまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

近江牛焼肉 永福苑

初台駅から歩いて5分ほどの場所にある近江牛焼肉のお店が「永福苑」です。滋賀県直送の近江牛がメインのお店で昼夜問わず多くのお客さんでにぎわう人気のお店です。使うお肉は抜群にやわらかく、溶けやすく上質な脂だという雌の近江牛にこだわっており、滋賀県湖南市にある30か月程度の子牛を産んでいない雌にこだわり扱っている仕入れ先から直送してもらっています。

近江牛切落とし定食(ライス・ナムル・スープ付き) 1200円・税込 ※数量限定

夜の営業で使う肉をカットしたときにでる端の部分を使ったランチの一番人気。切落しなので夜のメニューの約半額とリーズナブル。

近江牛チゲ(ライス・ナムル・キムチ付き) 1000円・税込 ※数量限定

こちらもランチの人気メニュー。近江牛のスジ肉を3時間じっくりと煮込み、自家製キムチ・辛味調味料・牛骨スープ・野菜などを加えた一品。

近江牛炙りロース 1680円・税抜

夜の目玉メニュー。赤身のさっぱりとした味わいが特徴のロースにサッと火を通し、とろろを使ったオリジナルの特製ダレでいただくのがおすすめ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by si_n_o (@si_n_o) on

プレミアム4種 4960円・税抜 ※入荷状況により内容が変わります

近江牛の希少な部位を楽しめる夜のとっておきメニュー。この日は、お尻の先の部分で赤身と脂身のバランスが良い”とろイチボ”、濃厚な味が特徴で塩で食べるのがおすすめの”ひうち”、赤身のキメが細かい肉質でさっぱりとした味わいの”しんしん”、モモの中でも強い旨味がある”らんぼそ”の4種類。

近江牛焼肉 永福苑

住所東京都渋谷区本町2-6-15
TEL050-5571-0914
営業時間平日 11:45~14:30(L.O.14:00)18:00 ~ 0:00(L.O.23:00)
土日祝 17:00~0:00(L.O.23:00)
定休日月曜
食べログ

いまがわ食堂

小田急線町田駅から歩いて2分ほどの場所にある「いまがわ食堂」は、神奈川県三浦半島直送のアジにこだわった連日多くの人でにぎわう人気のお店です。魚は鮮度にこだわり、三浦半島南西部の長井から厳選した魚を仕入れ、水揚げしたその日に配達中に鮮度が落ちるのを防ぐため頭と内臓を外してからお店に直送しています。

三浦地あじ贅沢丼 定食セット(食前酢・味噌汁・小鉢・だし汁付き) 1180円・税込 ※入荷状況により数に限りあり

三浦産地卵トッピング 50円・税込

今が旬の脂がのったアジをたっぷり使ったお店の一番人気メニューは、9月頃までの期間限定。週末には約80食も売れる人気のメニューで新鮮なアジを1匹半~2匹分、たっぷりと丼に盛り付けています。三浦産の地卵をトッピングを組み合わせるのがおすすめ。店特製ブレンドの醤油を丼にまわしかけ、卵黄をからめていただきます。さらにトビウオと昆布でとった出汁をかけ、すりごまを加えてお茶漬けとしても楽しめます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Yoichi Yamamoto (@yooh1) on

アジフライ定食(食前酢・味噌汁・漬物・小鉢付き) 880円・税込

大ぶりのアジを生のパン粉で包みカラッと揚げた肉厚なアジフライの定食。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by いりぼー (@noir.nikunohi) on


肉厚アジフライ(1個) 280円・税込

単品を他のメニューと組み合わせるのもおすすめ。

地金目鯛の煮付け(大) 2980円・税込 ※入荷状況により数に限りがあります

新鮮な金目鯛のいかすためにまろやかな甘みのザラメを使い短時間煮込んで仕上げた数量限定の人気メニュー。

住所東京都町田市森野1-39-5 第二モリビル 2F
TEL050-5593-7352
営業時間11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日不定休
ネット予約ホットペッパーグルメ
食べログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました