王様のブランチmemo 週末トラベル「夏の石垣島・竹富島!南国リゾート満喫女子旅」

王様のブランチ

2019年7月20日に放送された王様のブランチの週末トラベルは、沖縄本島の南西の海に浮かぶ八重山諸島の旅でした。人気上昇中の観光都市2018で1位に輝き海外からも多くの観光客が訪れている石垣島とお隣の竹富島でマリンアクティビティや南国スイーツが紹介されました。

⇒⇒「王様のブランチ」(週末トラベル) のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

ブルーシーサー

パラシュートを船でひき上空から美ら海を上空から楽しむことのできるパラセーリングが楽しめるのがブルーシーサー。ロープの長さは100m、最大高度はビル10階に相当する50mで八重山の青い海を一望することができる。離着陸は船上からおこなうので普段着でお手軽に体験可能。

料金:大人 1人/7000円・税込、子ども(小学生以下) 1人/6000円・税込

 

川平湾

川平湾は、石垣島随一の絶景スポットとして人気の場所。真っ白な砂浜とカビラブルーと言われる海のコントラストが美しく、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは最高ランクの3つ星に選ばれている。あまりにも水が透明なので船は影が海底に映り、まるで宙に浮いているように見える。


Photo by じゃらん

住所沖縄県石垣市字川平 地図

川平マリンサービス

グラスボートは、船上から海をながめるだけではなく、船の底がガラスになっているので川平湾のサンゴ礁や色鮮やかな魚など海中の景色も堪能することができる。運が良ければウミガメも見ることができる。

グラスボート乗船料:大人(12歳以上)1030円・税込、子ども(6歳~11歳)520円・税込


Photo by じゃらん

 

住所沖縄県石垣市字川平934 地図
TEL0980-88-2335
営業時間9:00~17:00 ※15分おきに出航
ネット予約じゃらん

川平公園茶屋

川平公園茶屋では、石垣島や西表島など八重山諸島で愛されているソウルフードである八重山そばをいただくことができる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuya Yamamotoさん(@henna_ozi_tetsu)がシェアした投稿

紹介されたメニュー
  • 八重山そば 600円・税込
    ソーキそばに豚のスペアリブをのせるのに対して八重山そばにはかまぼこと豚肉の細切りを使うのが特徴。麺は一般的な沖縄そばに使われているきしめんのような平麺のちぢれ麺ではなく、細めでちぢれのないストレート麺。年越しそばも八重山そばという地元の人たちはコーレーグスなど島の調味料で味変。八重山地方しか使っていないというヒバーチと呼ばれている八重山地方独特の島のこしょうはブラックペッパーのスパイシーさとシナモンをブレンドしたような独特のあまい香りとマイルドな辛さが特徴。

 

住所沖縄県石垣市川平934-37 地図
TEL0980-88-2210
営業時間11:00~16:00 ※出汁がなくなり次第終了
定休日不定休
食べログ

石垣島から竹富島へ

石垣島から最も近い島、竹富島へは、ユーグレナ石垣港離島ターミナルから船で約10分でアクセスすることができる。

石垣ー竹富航路 運賃:中学生以上 往復1330円・税込、小学生 往復690円・税込

 

八重山の美しい海に囲まれた小さな島、竹富島には沖縄の原風景である赤れんがの町並みが今でも残っている。家屋を囲む石垣やサンゴの砂が敷き詰められた白い道などが残る竹富島の集落は、1987年には国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている。


Photo by じゃらん

星のや竹富島

星のや竹富島は、7万㎡の広大な敷地の中に竹富島の集落のような石垣に囲まれた赤レンガの家屋が並び、まるで島で暮らしているような感覚で宿泊できる宿。細部まで島の伝統建築を踏襲した部屋は、釘を1本も使わない木組み。また、竹富島のシーサーは屋根の上に1体だけ置かれており、屋根瓦職人が余った材料で作るために1体1体に個性がある。

宿泊料金:1泊75000円~(1室あたり/税・サービス料別/食事別) ※通常予約は2泊より

 

食事

紹介されたメニュー
  • 琉球ヌーヴェル 料金:12000円(税・サービス料10%別)
    沖縄ならではの食材と島の暮らしに根付いた食文化をフレンチでいただく全8品のコース料理。
  • 車海老の海藻蒸し シークワーサーの香り
    熱した石にシークワーサーで香りづけした水を注ぎ、車海老を蒸し焼きにしていただく一品。車海老の生産高は沖縄県が日本一で竹富島でも養殖がおこなわれている。
  • 赤マチのナージュ 人参のラビオリと共に
    沖縄の三大高級魚のひとつ赤マチをあまいニンジンのピューレと合わせていただく一品。
  • フーチバのクルートで包んだ牛フィレ肉のパン粉焼き
    竹富島伝統の島ハーブであるフーチバを衣にまぜて揚げ焼いた牛フィレ肉。

 

体験プラン

  • 三線を奏でる 料金:1組8000円(税・サービス料10%別) ※3名の場合追加料金あり
    沖縄ならではの三線の弾き方を教えてもらう体験プラン。
  • 星降る夜のてぃんがーらピクニック 料金:1組30000円(税・サービス料10%別) ※開催日:7月22日~8月1日、8月22日~28日
    カクテルと軽食が用意された夜のピクニック。浜辺に用意されたベッドでくつろぎながら波の音と星空を楽しめる。八重山エリアは2018年3月に日本初となる星空保護地区に認定されており、灯りの少ない竹富島では肉眼でも天の川をはっきりと見ることができる。
  • 朝の静けさ 水牛車観光 料金:1名1500円(税・サービス料10%別)
    まだ観光客の多くない朝8時に水牛車にのって静かな集落をガイドさんの案内でまわる朝のアクティビティ。
  • 珊瑚美ら滞在 料金:74000円(税・サービス料・宿泊料別) ※8月31日まで(除外日:8月10日~18日)
    珊瑚や魚を見ることのできるダイビングと海藻や珊瑚を使ったスパトリートメントがセットになった体験プラン。

 

 

住所沖縄県八重山郡竹富町字竹富 地図
TEL0570-073-066

パーラーひまわり

紹介されたメニュー
  • 沖縄ぜんざい 500円・税込
    沖縄でぜんざいと言えば黒糖などで煮た金時豆と白玉にかき氷をのせた一品。
  • マンゴーづくし 600円・税込
    マンゴーシロップをかけたかき氷にマンゴーアイスをトッピング。さらにフレッシュマンゴーを1周分のせて、仕上げに濃厚なマンゴーソースをたっぷりとかけたかき氷。

 

住所沖縄県八重山郡竹富町竹富815 地図
TEL0980-85-2110
営業時間10:30~16:00
定休日不定休

コンドイ浜

竹富島で唯一遊泳ができるコンドイ浜は、透明度の高い海水と遠浅の白い砂浜が広がる美しいビーチ。


Photo by じゃらん

住所沖縄県八重山郡竹富 地図

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました