旅サラダmemo イタリア「広瀬未花さんのマテーラ&アルベロベッロの旅」

旅サラダ

2019年6月22日に放送された「旅サラダ」の海外の旅は、広瀬未花さんによる南イタリアの旅でした。独自の文化を育んできた南イタリア、今回は洞窟都市マテーラと白壁にとんがり屋根の可愛らしい家々が立ち並ぶアルベロベッロを訪れました。

⇒⇒「旅サラダ」(海外の旅) その他の記事はこちら

スポンサーリンク

ムルジャ・マテラナ公園(Si ringrazia l’Ente Parco della Murgia Materana)

岩にそのまま穴を掘ったような建物が立ち並ぶマテーラの街を一望することのできるスポットが渓谷を挟んだ対岸にある「ムルジャ・マテラナ公園」です。洞窟都市マテーラ(Matera)」はローマ帝国時代に北方からやってきた修道士たちが渓谷沿いに穴を堀り住居としたのが始まりです。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door Ph Agostino Criscuolo (@phagostinocriscuolo) op

20世紀に入り「イタリアの恥」と言われるほど荒れ果てていたマテーラですが、1950年代に洞窟の住民たちを新市街へ移住させ大規模な整備を開始、その歴史的価値が認められ1993年には世界遺産に登録されています。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door Casa Grotta Di Vico Solitario (@storica_casa_grotta_matera) op

住所75100 Matera, マテラ イタリア

ストリカ カーザ グロッタ ディ ヴィコ ソリタリオ(Casa Grotta di Vico Solitario)

「サッシ」と呼ばれている洞窟住居のいくつかは、かつての暮らしぶりを後世に伝えるためにそのまま残されています。「ストリカ カーザ グロッタ ディ ヴィコ ソリタリオ」は、1950年まで使われていた洞窟住居を当時のままの形で利用した博物館です。こちらの住居では狭い空間に10人以上の大家族とサッシでは一般的なスタイルだという家畜も家の中で飼われていたそうです。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door Casa Grotta Di Vico Solitario (@storica_casa_grotta_matera) op

 

住所Vico Solitario, 75100 Matera MT, イタリア
TEL+39 0835 310118
営業時間9:30~19:30
入場料3ユーロ(約370円)
トリップアドバイザー

ラ クリプタ デル ペッカート オリジナーレ(La Cripta del Peccato Originale)

洞窟の中には人々が祈りを捧げるための教会も数多く作られていました。その中でも貴重だという教会がおよそ1200年前に造られたペッカートオリジナーレ教会です。壁にはマテーラの中でも特に保存状態がよいという9世紀に描かれたフレスコ画が残されています。旧約聖書「新世紀」のアダムとイブの物語が描かれたフレスコ画はマテーラでも一番貴重なものなんだそうです。3つのくぼみはかつての祭壇で中央にはキリストを抱く聖母マリアが描かれています。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door Larisa (@larochkalv) op

 

住所Contrada Pietrapenta, 75100 Matera MT, イタリア
TEL+39 320 334 5323
アポイント時間4月~9月 9:00~18:00、10月~3月 9:00~16:30、11月~2月 9:00~15:00
※見学は要予約
定休日月曜
入場料10.70ユーロ(約1300円)
トリップアドバイザー

ロテル イン ピエトラ(L’Hotel in Pietra)

もともとは洞窟教会だったものを利用したホテルが「ロテル イン ピエトラ」です。マテーラにはこのように洞窟住居や教会を改装したホテルがたくさんあります。街が歩んできた歴史を旅の中で気軽に感じてもらいたいというオーナーの想いが伝わってくるような空間がホテル内には広がっています。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door L’Hotelinpietra/ Loft79 Matera (@hotelinpietra) op

スイートルームは天蓋付きのベッド、そして部屋の中にある階段をのぼったロフトのような場所は大きなお風呂になっています。外にはマテーラの町並みを一望できるテラスもあります。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door L’Hotelinpietra/ Loft79 Matera (@hotelinpietra) op

料金:スイートルーム 1泊ルームチャージ朝食付 160ユーロ~(約19500円~)

 

 

住所Via S. Giovanni Vecchio, 22, 75100 Matera MT, イタリア
TEL+39 0835 344040

マンチーニ ティンブリ デル パーネ エド アルティジャナート(Mancini Timbri Del Pane Ed Artigianato)

マテーラの街では「ククー」と呼ばれる南イタリアの伝統的な鳥型の笛をよく見かけます。「マンチーニ ティンブリ デル パーネ エド アルティジャナート」では洞窟住居にある工房で職人さんが毎日手作りしています。もともとは家の中の悪霊を遠ざけるものとして誕生した笛で今では幸せを呼ぶアイテムとして新郎新婦や生まれた赤ちゃんにプレゼントすることが多いそうです。

  • ククー 20ユーロ~(約2400円~)

 

 

住所Via Bruno Buozzi, 75100 Matera MT, イタリア
TEL+39 328 385 6753
営業時間9:00~13:30、16:00~20:00
定休日12月25日

ラ タルパ(La Talpa)

マテーラでは、レストランもほとんどがかつての洞窟住居を利用しています。「ラ タルパ」は旬の食材を使った料理が評判のレストランです。

チコリ そら豆 カルドンチェッリキノコの前菜 13ユーロ(約1580円)

チコリとそら豆のペースト、きのこを合わせた前菜。

塩鱈とルッコラのタリオリーニ 14ユーロ(約1700円)

トマトやオリーブを軽く炒め、そこに塩漬けしたタラを加え、最後に平打ちパスタ、タリオリーニをよく絡めた一品。マテーラでは塩鱈をいろいろな料理に使うそうです。このパスタと一緒に食べたいのがマテーラの伝統食材赤ピーマンを乾燥させて揚げた”ペペローニクルスキ”です。潰してパスタの上にかけて食べるのがおすすめです。

 

住所Via Fiorentini, 167, 75100 Matera MT, イタリア
TEL+39 0835 335086
営業時間12:30~15:00、19:30~23:00
定休日火曜
トリップアドバイザー

アルベロベッロ(Alberobello)

マテーラから車でおよそ1時間のところにある小さな町が白壁にとんがり屋根の家々が立ち並ぶアルベロベッロです。この家は16世紀から受け継がれてきた伝統建築でトゥルッリと呼ばれています。アルベロベッロの可愛らしい街並みは世界遺産にも登録されています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Винтажные штучки (@vintage_antique_love) on

トゥルッリ デル ボスコ(Trulli Del Bosco)

アルベロベッロで今人気があるのが、地元の方によるクッキングレッスンです。「トゥルッリ デル ボスコ」はアルベロベッロでホテルを経営しているご家族が開催している料理教室。開放的なキッチンで今回、広瀬さんが教わったのはアルベロベッロの伝統的なフォカッチャと小さな耳たぶのような形をしたオレキエッテというパスタ!ソースはトマト・ニンニク・ローリエをじっくりと煮込んでつくります。フォカッチャはたっぷりの具材とオリーブオイルを底に敷き、生地をかぶせてオーブンで焼き上げます。

料金:伝統料理レッスン 1人 60ユーロ(約7300円)※人数、時間、場所など申し込み内容により異なります。

 

住所Via contrada Cristi Zona C, 158, 74015 Alberobello BA, イタリア
TEL+39 338 423 9369

コメント

タイトルとURLをコピーしました