王様のブランチmemo 週末トラベル「観光客急増で注目の徳島・鳴門の旅」

王様のブランチ

2019年6月22日に放送された「王様のブランチ」の週末トラベルは「観光客急増で注目の徳島・鳴門の旅」でした。東京の羽田空港から徳島阿波おどり空港までは約1時間15分、今回は鳴門を中心に徳島の魅力を満喫しました。

⇒⇒「王様のブランチ」(週末トラベル) のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

大鳴門橋

徳島県の鳴門と兵庫県の淡路島をつなぐ全長約1600mの橋が「大鳴門橋」です。この橋がかけられている鳴門海峡の名物が有名な渦潮です。


Photo by じゃらん

住所徳島県鳴門市鳴門町土佐泊

うずしお観潮船

渦潮を間近で見学できるのが「うずしお観潮船」です。約25分のクルージングを楽しめる高速小型船「アクアエディ」では渦潮を外のデッキからの他、水中展望室では水面下1mの海の中で渦の様子を見ることができます。大きなものだと直径20mになるものもある渦潮はいつも見られるとは限りませんが、あらゆる場所で発生し数秒で消えてしまうそうです。

うずしお観潮船

住所徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛264-1
(徳島県鳴門市鳴門公園亀浦観光港)
TEL088-687-0101(8:00~17:00)
アクアエディ運賃大人2400円、こども(小学生)1200円
※アクアエディは事前予約が必要

中華そば いのたに 本店

鳴門から車で約30分、徳島市内にある「中華そば いのたに 本店」は、新横浜ラーメン博物館への出店をきっかけに徳島ラーメンを全国区にしたお店です。店内には多くの有名人のサインが飾られており、中には安倍首相のものも。

中華そば 肉入中盛 700円・税込 +生玉子(ヨード卵)50円・税込

豚骨醤油スープに甘辛く味付けした豚バラ肉のラーメンに濃厚スープと相性抜群の生玉子をトッピング。徳島ラーメンは麺が短いのが特徴です。徳島の人はご飯を一緒に注文して生玉子をからめた肉をのせすき焼き風にして食べる人が多いそうです。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door Satoru Ohtani (@satoru_ohtani) op

中華そば いのたに 本店

住所徳島県徳島市西大工町4-25
TEL088-653-1482
営業時間10:30~17:00(売り切れ次第終了)
定休日月曜
食べログ

アオアヲ ナルト リゾート

今年4月リブランドオープンしたリゾートホテルが「アオアヲ ナルト リゾート」です。今回リポーターの2人が宿泊した「阿波藍ルーム」は部屋のいたるところに藍色があしらわれた阿波の伝統技法である「阿波藍」を感じられる客室になっています。阿波藍は、江戸中期から明治にかけて徳島で栽培されていた藍を使った藍染めのことで、こちらのお部屋は障子も藍色!障子を開けると窓の外には青い海が広がっています。


Photo by じゃらん

自慢の露天風呂は、目の前に海を望みながら天然温泉を堪能することができ、海のミネラルと重曹を含む温泉は美肌になれると人気があります。


Photo by じゃらん

夕食は徳島の食材を使った郷土料理の豪華な割烹バイキング「阿波三昧」をいただくことができます。鳴門の渦潮に揉まれ身が引き締まった鳴門鯛や鯛めし、鳴門わかめのしゃぶしゃぶなど徳島の郷土料理が食べ放題、地元の海の幸・山の幸を使った料理が並びます。全国の生産量の98%を徳島県が占めるすだちを使い自分ですだちうどんを作ることもできます。うどんをさっと湯がいて温かいいりこ出汁をかけ、その上にすだちのスライスを好きなだけ並べたらできあがり。徳島の人は、刺身や焼き魚の他、味噌汁などにもすだちをかけて食べるそうです。


Photo by じゃらん

ホテル内では毎晩、地元の「連」と呼ばれるグループによる阿波踊りライブも行われています。400年以上の歴史を持つ徳島が誇る伝統芸能の阿波踊りを見るだけではなく、実際に踊りをおそわり参加することもでき初心者でも気軽に楽しめます。

また、お土産におすすめなのがホテルのオリジナルスイーツ「鳴門金時タルト」です。徳島のブランドさつまいも鳴門金時をたっぷりと使った20年愛されてきたタルトで自然の甘さとねっとしとした食感を楽しめます。

鳴門金時タルト 450円・税抜 ※別途サービス料

大塚国際美術館

徳島で今一番話題のスポットが去年の紅白歌合戦で徳島出身の米津さんが「Lemon」を熱唱した「大塚国際美術館」です。今年のGWには昨年に比べて入場者数が270%もUP!徳島全体に注目が集まっています。大塚国際美術館は館内展示の他、屋外展示もあり、鑑賞ルートの総距離は4kmもある大きな美術館です。


Photo by じゃらん

美術館内には1000点あまりの名画が陶板で原寸大に再現されています。名画を撮影したフィルムを陶器の板に転写した陶板名画は劣化しづらく2000年以上も保存できるそうです。


Photo by じゃらん

大塚国際美術館を一躍有名にした米津さんが熱唱した場所がヴァチカン市国にある世界遺産のシスティーナ礼拝堂を再現した部屋です。他にもレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の修復前と修復後の陶板名画を展示してあり、修繕前と修繕後を見比べることのできる部屋やゴッホの「ひまわり」やレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」など中には直接作品にふれることができたり、一緒に記念撮影のできる作品もあります。

大塚国際美術館

住所徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
TEL088-687-3737
営業時間9:30~17:00 ※最終入館16:00
休館日月曜(祝日の場合は翌日)
入館料一般 3240円・税込、大学生 2160円・税込、小・中・高生 540円・税込

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました