news every.memo「人気道の駅 ”春のまんぷく名物味” の旅」

2019-04-29news every.千葉県, 埼玉県, 静岡県

2019年4月5日に放送されたnews every.の特集は「人気道の駅 ”春のまんぷく名物味” の旅」でした。静岡県伊東の豪華な海鮮丼にちょっと変わった名前のグルメ、千葉県大多喜町のこの時期だけ食べられるタケノコづくしの定食、そして埼玉県の秩父の豪快な丼と老舗のわざとこだわりが詰まった豚丼をまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

道の駅 伊東マリンタウン

東京から車で約2時間30分、静岡県の伊東にある「伊東マリンタウン」はパステルカラーのかわいらしい建物が並ぶ道の駅です。年間およそ230万人が訪れるという「伊東マリンタウン」では海沿いにある道の駅ならではの船の中で海中を見ることもできる遊覧船や温泉、そして海を望む無料の足湯なども楽しむことができます。

遊覧船料金:大人1600円、中高生1200円、小人(3歳以上)800円
温泉料金:大人(中学生以上)1000円、小人(3歳以上)540円
 ※通常営業時

住所 静岡県伊東市湯川571-19
TEL 0557-38-3811

伊豆高原ビール 海の前のカフェレストラン

お昼時にはおよそ200席ある店内が満席になるという人気のレストラン。

しらす鉄火赤富士丼 2592円

マグロの赤身の上にウニを盛り付けた赤く染まった富士山をイメージした丼。そびえ立っているマグロの下には相模湾で獲れたシラスがぎっしりと敷き詰められています。

営業時間 11:00~20:30

伊豆太郎

地物の魚がウリのお寿司屋さん。

ちんちん揚げ 430円

見た目はさつま揚げのような”ちんちん揚げ”はサバをメインにイカとタラのすり身を合わせてサクッと揚げた一品。静岡でも有数の水揚げ量を誇るサバは水揚げされたらすぐにすり身にしているので鮮度抜群でほとんど臭みもないそうです。表面はカリッと香ばしく中はふわふわでやさしい甘みのある”ちんちん揚げ”、ちょっと変わった名前ですが揚げる時にチンチンチンと音がすることから名付けられたという伊東の名物味です。

営業時間 11:00~19:30

道の駅 たけゆらの里おおたき

東京から車で約1時間30分、千葉県の大多喜町は関東でも有数のタケノコの産地です。その大多喜町にある道の駅「たけゆらの里おおたき」ではこの時期になると週末には旬のタケノコを求めるお客さんで開店前から大行列ができるのがお決まりの光景になっています。1000本以上用意したタケノコも夕方までには完売してしまうそうです。また、タケノコを使った様々なグルメもいただくことができます。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door 道の駅たけゆらの里おおたき (@takeyuranosato_ootaki) op

竹遊楽御膳 1200円

地元で捕獲したイノシシの肉とタケノコを卵でとじた丼。身のしまったイノシシの肉とタケノコの食感がよく合う一品です。

大多喜猪担々麺 800円

ラーメンの上にもタケノコがのっています。

たけのこ御膳 1500円 ※数量限定

大多喜産のたけのことお米で炊いたタケノコご飯にタケノコの味噌汁、タケノコを地物の野菜と一緒に炊いた筑前煮、タケノコが入ったコロッケとこの時期しか食べられないタケノコ尽くしの一品。大多喜産のたけのこは新鮮なのでアク抜きなど下処理がいらないそうですが、食べるとしっかりとした甘みを感じられます。

住所 千葉県夷隅郡大多喜町石神855
TEL 0470-82-5566
営業時間 農産物コーナー 9:00~18:00 ※時期によって変動あり  たけゆら食堂 9:00~16:30 ソフトクリーム 9:00~17:0

道の駅 果樹公園あしがくぼ

東京から車で約2時間30分、埼玉県秩父にあるのが「道の駅 果樹公園あしがくぼ」です。都心より気温が低い秩父では桜の見頃はこれから、桜が終わった後には近くの羊山公園の芝桜を楽しむことができます。この時期のこちらの道の駅のウリが特産のイチゴです。埼玉ブランドの「あまりん」は糖度の高さが特徴で酸味も控えめです。道の駅周辺の果樹園では5月上旬までイチゴ狩りを楽しめる他、道の駅でも生地から手作りしイチゴをまるまる使用したイチゴコッペパンやイチゴどら焼きを販売しています。

わらじカツ丼 並 850円

道の駅で一番人気の一足のわらじに見立てた2枚の大きなカツがご飯の上にのった秩父のご当地グルメ。カツには醤油ベースの甘めに作られたタレを片面だけに付けているので香ばしいサクッとした食感も楽しめます。多い時には1日100食出るという大人気の一品です。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door ひろっち☆たこ虹・東阪ZeppツアーDiverCity両日 (@hirochti) op

豚味噌丼 並 850円

もうひとつの名物味がこんんがり焼いた豚肉が豪快にのった丼です。豚肉は秩父で100年以上の歴史を持つ老舗精肉店「秩父豚肉味噌本舗 せかい」のものを使用しています。かつてイノシシ猟が盛んだったこの地域でイノシシの肉の保存・臭み消しのために味噌につけていたのが味噌漬けのはじまりで初代がイノシシ肉を豚肉にかえて売り出したそうです。味噌は広島の大麦みそと長野の信州みそをブレンドし酒などを加えており、その味噌の上にガーゼを敷いて肉をガーゼでくるむようにして味噌に漬けています。このようにガーゼを敷くことで味噌の水分をガーゼが吸収し旨味だけが肉にしみこむそうです。お肉は味噌に3日以上漬け込んで熟成を促進しています。

住所 埼玉県秩父郡横瀬町大字あしがくぼ1915-6
TEL 0494-21-0299
営業時間 直売所 平日 9:00~17:00 土日祝 9:00~18:00 食堂 11:00~16:00

スポンサーリンク