旅サラダmemo 古田敦也さんの奈良の秘境を巡る旅!天川村から洞川温泉、そして十津川村へ

2019-05-02旅サラダグルメ, ホテル, 奈良県, 観光

2019年3月30日に放送された「旅サラダ」の国内に旅はゲストの古田敦也さんによる「奈良の秘境を巡る旅」でした。パワースポットとも言われている「天河大弁財天社」のある天川村から500年の歴史をもつ洞川温泉、そして日本一の吊り橋のある十津川村を巡りました。

スポンサーリンク

天河大弁財天社

大阪から車で2時間半、古田さんがやってきたのが「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産にも登録された大峰山のふもとにある奈良県の天川村です。そんな奈良の秘境、天川村のパワースポットが飛鳥時代に創建され多くの著名人が参拝に訪れる「天河大弁財天社」です。社殿には古くから悪霊をしずめたり先祖を祀る田楽が行われてきた能舞台があり能の発祥に深くかかわっている芸能の神が宿る神社です。


Photo by じゃらん

能舞台の向かいには日本でここにしかないという五十鈴があります。お参りするときは五十鈴をを描くように鳴らしてから2礼2拍手、そして御昇殿を唱えます。


Photo by じゃらん

住所 奈良県吉野郡天川村坪内107
TEL 0747-63-0558
営業時間 8:00~17:00

面不動鍾乳洞

天河大弁財天社で参拝をすませた古田さんが次に訪れたのが山の中腹にある「面不動鍾乳洞」です。鍾乳洞までは天川村唯一のアトラクション!? トロッコに乗って向かいます。


Photo by じゃらん

トロッコ 片道300円

トロッコに乗って約5分、鍾乳洞は見晴らしのいい標高850mの場所にあります。1万年前から存在しているという鍾乳洞の中には天井にこまかい鍾乳石がたくさんついていることから名付けられた”ちりめん天井”などがあり神秘的な世界が広がっています。ちなみに鍾乳石が1cm伸びるためには100年もの歳月がかかるそうです。


Photo by じゃらん

住所 奈良県吉野郡天川村洞川
TEL 0747-64-0352
営業時間 9:00~18:00 ※終業30分前までに入場
料金 入洞料 400円

銭谷小角堂

古くから修験の山として知られる大峰山の麓にあり今でも多くの行者さんが立ち寄るのが洞川温泉です。この町のいたるところで目にするのが「陀羅尼助丸」という看板です。「銭谷小角堂」は古くから奈良の伝統薬であるこの「陀羅尼助丸」を取り扱っている創業100年以上の歴史を持つ老舗です。陀羅尼助丸は胃腸全般に効くという行者さんに伝わる歴史ある伝統薬で諸説ありますが1300年ほど前から存在していると言われています。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door 銭谷小角堂 (@zenitani_syokakudo) op

陀羅尼助丸 分包/540円

住所 奈良県吉野郡天川村洞川254-1
TEL 0747-64-0046
営業時間 9:00~20:00

花屋徳兵衛

今回、古田さんが宿泊した「花屋徳兵衛」は500年の歴史をもつ洞川温泉の中でも最も古いお宿です。かつては行者の宿として栄えたという趣のある木造づくりのお宿です。


Photo by じゃらん

デッキ付き和室(2~4名)1泊2食:1名19,800円~

行者も愛した歴史ある半露天風呂温泉の泉質は単純アルカリ泉、お湯はちょっとぬるっとして熱すぎずちょうどいい湯加減です。


Photo by じゃらん

この時期の夕食は地元で獲れたイノシシの鍋がメイン。猪鍋は白味噌仕立てで仕上げており、お肉の脂は甘みがあります。他にもイワナの造りなど地元の幸を堪能できます。


Photo by じゃらん

谷瀬の吊り橋

次の日にヒロド歩美アナと合流した古田さんが向かったのが全長は297.7m、高さ54mのの日本一の吊り橋「谷瀬の吊り橋」がある十津川村です。高所恐怖症だという古田さんとヒロドアナは景色を楽しむ余裕もなく15分かけてこの吊り橋を渡りました。


Photo by じゃらん

住所 奈良県吉野郡十津川村谷瀬・上野地

吊り橋の郷

吊り橋のたもとにある「吊り橋の郷」では十津川名物の串こんにゃくをいただくことができます。

串こんにゃく ゆず味 150円

こんにゃくの中に柚子を練り込んだ柚子味。柚子をダイレクトに感じる爽やかな味わいの一品です。

住所 奈良県吉野郡十津川村上野地281
TEL 0746-68-0013
営業時間 9:30~15:30 ※季節による変動あり
定休日
食べログ

スポンサーリンク