ヒルナンデスmemo「森三中☓ロバート仲良し同期6人旅」北九州を巡る旅・前編

ヒルナンデス

2019年3月18日に放送された「ヒルナンデス」は「森三中☓ロバート仲良し同期6人旅」でした。今回、6人が訪れたのは羽田から飛行機で約2時間、博多から新幹線で約20分の場所にあるロバートの秋山さんと馬場さんが生まれ育った福岡県北九州市です。本州とは関門海峡で結ばれている九州の玄関口でもある北九州には新日本三大夜景に選ばれた皿倉山や世界遺産の官営八幡製鐵所といった見どころがある他、博多とはまた違った絶品ご当地グルメの宝庫でもあります。

スポンサーリンク

門司港駅

3月10日にグランドオープンした門司港駅は大正3年創建、鉄道駅として日本初の国の重要文化財にも指定された鉄道駅です。2012年から行われていた保存修理工事が終了し、資料をもとに外観だけではなく照明などの細かなデザインも復原した大正時代の姿を見ることができます。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door Takashi Ynmt (@t_san.yone) op

駅の2階には昭和56年まで営業していた高級食堂を再現し先週オープンしたレストラン「みかど食堂 by NARISAWA」と84年ぶりに甦った貴賓筆と次室があります。貴賓室は大正時代に皇室だけが利用できた部屋で当時、駅には一等駅から五等駅まで等級がつけられており、一等駅には貴賓室の設置が義務づけられていました。門司港駅は全国に54あった一等駅のひとつで現在残っている一等駅の駅舎は東京駅と門司港駅しかないそうです。貴賓室のとなりにある次室は主に皇室の側近たちが利用していたそうです。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door 西汐見 照葉 (@29n_teriha) op

住所:福岡県北九州市門司区西海岸1丁目5−31

じじや

明治時代後半に神戸と並び国際貿易港として栄えた門司港の周辺には今でも当時の面影を色濃く残すレトロな建物が数多く残っています。門司港の海峡プラザにある「じじや」は地元で知らない人はいないという干物店です。昭和45年に創業し現在は門司港に4店舗を構えています。店頭には町おこしのために考えたという門司のキャラクター「バナナマン」が!ちなみにバナナの叩き売りの発祥の地は門司とされているそうです。「じじや」では全ての干物が試食し放題になっています。干物はお店の公式ホームページでも購入することができます。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door mari. (@mari._.1122) op

霜降りアジ 648円

一番人気の濃厚な味の一品。

のどぐろ 2160円

山口県産の脂がのった高級魚”のどぐろ”の干物。

住所:福岡県北九州市門司区港町4-1 海峡プラザ 東館1F
TEL:093-322-1228
営業時間:

HUNGRYS

ロバート秋山さんの弟さん二人が経営しているハンバーガー店が「HUNGRYS」です。

焼きカレー 950円

門司名物の焼きカレーがおすすめ。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door (う)舞衣꙳★*゚ (@wakamai00414) op

食べログ

住所:福岡県北九州市門司区港町9-7
TEL:080-4288-4701
営業時間:10:30~22:00
月曜日定休

スポンサーリンク