旅サラダmemo 安田美沙子さんの海の京都!懐かしの丹後を巡る旅

12月8日に放送された旅サラダの国内の旅はゲストの安田美沙子さんによる「海の京都!懐かしの丹後を巡る旅」でした。安田さんが幼少時代に暮らしていたという京都を訪れ、日本三景のひとつである天橋立や由緒ある神社を訪問、間人ガニを贅沢に堪能し、憧れの丹後ちりめんの着物を来て街歩きもした旅サラダmemoです。

スポンサーリンク

文珠荘 勘七茶屋

京都府の北部に位置する日本海に面した宮津市は天橋立がある観光地です。808年に創建された知恩寺の門前にはお土産屋さんや飲食店が軒を並べていますが、「文珠荘 勘七茶屋」は300年の歴史を持つお茶屋さんです。

知恵の餅 1皿 260円

知恵の仏である文殊菩薩を祀る知恩寺にあやかって名付けられたあんこがたっぷりっとのったお餅。3つ食べると頭が良くなると言われています。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door cafelv01 (@cafejv) op

文珠荘

食べログ

住所:京都府宮津市文殊堂前
TEL:0772-22-2105
営業時間:8:00~17:00
不定休

天橋立

日本三景のひとつに数えられている天橋立へは、まずは一の宮桟橋から対岸の天橋立桟橋まで観光船、府中駅からケーブルカーでわずか4分で山頂の傘松公園へアクセスすることができます。海を割くようにのびる砂浜にはおよそ8000本の松が植えられています。

天橋立

住所:京都府宮津市天橋立

元伊勢籠神社

伊勢神宮ができる前に天照大御神が祀られていた由緒ある神社が「元伊勢籠神社」です。社殿の手すりには伊勢神宮とここにしかないという座玉と呼ばれる5色の玉がのっています。


Photo by じゃらん

住所:京都府宮津市字大垣430
TEL:0772-27-0006

真名井神社

天橋立の龍が神様の使いとして祀られているのが元伊勢籠神社の奥宮である「真名井神社」です。社殿の後ろに神様をお祀りしている磐座がある元々の祭祀の形態が今も引き継がれています。この磐座は縄文時代からここでお祀りされている神様なんだそうです。


Photo by じゃらん

住所:京都府宮津市字難波野

天橋立離宮 星音

昨年オープンした「天橋立離宮 星音」は客室数はわずか7室の高級旅館です。すべての客室はオーシャンビューとなっており、温水プールと露天風呂が付いています。


Photo by 一休

1泊2食付き 1人/57174円~ ※2名1室利用時

今回、安田さんが利用したのが夕食で高級ブランド蟹の間人ガニを満喫できる間人ガニプラン(74994円~)です。お野菜は自家農園で栽培した無農薬の野菜を使用しているそうです。

○かに刺しと丹後の天然魚のお刺身
○カニ味噌を楽しめる磯蒸し
○蒸し蟹
○炭火焼きにした焼きガニは味噌に地元のお酒を注いで甲羅酒も楽しめます。
○しゃぶしゃぶ鍋
○トリュフをかけていただくかに雑炊


Photo by 一休

天橋立離宮 星音

旧尾藤家住宅

丹後ちりめんの着物が有名な与謝野町の「ちりめん街道」は江戸時代から昭和初期にかけて絹織物で栄えた場所で国の重要伝統建造物群保存地区にも指定されています。丹後ちりめんは縦糸とひねりを加えた横糸で織ることで全体に細かい凹凸ができる最高級の生地です。1865年に建てられた商家「旧尾藤家住宅」では本格ちりめんの着物を着付けしてもらい、お散歩をすることができます。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door 与謝野町観光協会 (@yosanokanko) op

本格着物体験 食事付き 14000円~

お食事は地元の食材を使った郷土料理をいただくことができます。

○平政の和風アクアパッツァ
○海老と三つ葉の卵とじ
○里芋の蟹あんかけ
○抹茶ティラミス
○バラ寿司

旧尾藤家住宅

与謝野町観光協会

住所:京都府与謝郡与謝野町加悦1085
TEL:0772-43-0155(与謝野町観光協会)

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました