王様のブランチmemo 週末トラベル「秋の金沢・能登半島!旬の味覚と日本三大○○巡り!」

11月17日に放送された王様のブランチの週末トラベルは「秋の金沢・能登半島!旬の味覚と日本三大○○巡り!」でした。加賀百万石の歴史ある街、金沢までは東京から北陸新幹線で約2時間30分。今回は日本三名園のひとつ兼六園で紅葉鑑賞や風情あふれる「にし茶屋街」で金沢名物のあったか和スイーツ、そして輪島に足を伸ばし日本三大朝市を訪れた王様のブランチmemoです。

⇒⇒「王様のブランチ」(週末トラベル) のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

兼六園

水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並び日本三名園に数えられている兼六園は豊かな自然と趣のある石橋や灯籠などの造形物が見事に調和した美しい公園です。2015年にはミシュラン・グリーンガイドジャポンで三つ星に選ばれており海外からも多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。


Photo by じゃらん

春には桜、夏にはカキツバタと四季折々の美しさを見ることのできる兼六園では秋には美しい紅葉を見ることができます。ちょうど今が見頃の紅葉スポットとして有名なエリアが山崎山です。赤や黄色に美しく色づくため紅葉山とも呼ばれています。

そして11月からは冬の風物詩である唐崎松の雪吊りが施されます。雪吊りは日本海から吹きつける北陸特有の湿気を含んだ重たい雪から枝を守るために行われています。


Photo by じゃらん

兼六園

住所: 石川県金沢市兼六町1-4
開園時間:3月1日~10月15日 7:00~18:00 10月16日~2月 8:00~17:00

落雁 諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以

金沢には金沢三茶屋街と呼ばれる3つの有名な茶屋街があります。それが「ひがし茶屋街」と「主計町茶屋街」、そして今回訪れた「にし茶屋街」です。にし茶屋街には多くのスイーツのお店があり、スイーツの聖地とも呼ばれています。にし茶屋街にある「落雁 諸江屋」は160年以上の歴史を持つ和菓子の老舗です。店内ではうるち米の粉と砂糖で作られた上品な甘さの落雁を購入することもできます。

能登大納言ぜんざい 800円・税込

お店の奥は甘味処となっておりそこで食べられるのが人気のあったか和スイーツのぜんざいです。火鉢でお餅を自分で燒き、ぜんざいの中に入れていただきます。ぜんざいは大粒の能登大納言小豆を和三盆糖と上白糖をいれて炊き上げており上品な甘さになっています。

 

Dit bericht bekijken op Instagram

 

Een bericht gedeeld door ran ☺︎ (@_ran.ran.ran_) op

落雁 諸江屋 にし茶屋菓寮 味和以

食べログ

住所:石川県金沢市野町2-26-1
TEL:076-244-2424
営業時間:1000~1800
11月~2月の平日は1000~1730
火曜日定休 ※祝日の場合は営業、翌日休み

千里浜なぎさドライブウェイ

日本で唯一車で走ることができる全長8kmの砂浜が「千里浜なぎさドライブウェイ」です。砂の粒がとても細かいため海水を含み硬い砂浜となっており、車でも走ることができるそうです。海をすぐ真横に見ながらのドライブという他ではできない貴重な体験をすることができます。


Photo by じゃらん

住所: 石川県羽咋郡宝達志水町今浜

輪島温泉 八汐

日本海の目の前に位置する温泉宿が「八汐」です。

オーシャンスイートHOKUTO(北斗)2名1室利用時1人/平日35000円~ 休前日40000円~ ※諸税別

すべての客室が輪島港や袖ヶ浜を望む広々とした客室。


Photo by じゃらん

一般客室 2名1室利用時1人/平日16000円~ 休前日19000円~ ※諸税別

宿のお風呂は海を眺めながら入ることのできる露店風呂。海に近いためお湯にも塩分が含まれており、無色透明でさらっとした泉質です。


Photo by じゃらん

夕食は日本海の新鮮な海の幸を中心とした会席料理になっています。鯛や甘エビのお刺身、兜煮など海の幸を満喫することができます。中でもおすすめなのが人気の鯛しゃぶです。お刺身でも食べられる新鮮な鯛をさっとお湯にくぐらせてポン酢でいただきます。※鯛しゃぶ会席は宿泊料2000円増し


Photo by じゃらん

そしてこの時期ならではのスペシャルな料理が11月6日から漁が解禁になった加能ガニと香箱ガニです。加能ガニは石川県の港で水揚げされたオスのズワイガニでお刺身や焼きガニで食べるのがポピュラー、氷でしめた刺身に焼いたカニ味噌をたっぷりとつけて食べると絶品です。香箱ガニはメスのズワイガニで11月6日~12月29日までしか漁をすることができません。外子と呼ばれるプチプチした食感の卵と甲羅の中には内子と呼ばれる濃厚な味わいの未成熟卵を持っています。


Photo by じゃらん

加能ガニ 1杯25000円前後(時価)
香箱ガニ 1杯2000円前後(時価)

輪島朝市

1000年以上の歴史があり日本三大朝市のひとつに数えられている「輪島朝市」は、新鮮な魚介や民芸品などを販売する約250店舗が並ぶ人気の朝市です。


Photo by じゃらん

輪島ふぐの一夜干し(醤油・塩)1000円・税込

アナゴの一夜干し(醤油)1000円・税込

ふぐの子 ぬか漬け 1ヶ 1000円・税込

毒のあるふぐの卵巣を2年以上ぬかにつけることで毒抜きして塩味が強くなった珍味。

のどぐろの一夜干し 2匹/3000円前後(時価)

喉が黒いことからその名がついたのどぐろが白身のトロといわれる高級魚。都内に比べるとだいぶ安く購入することができます。


Photo by じゃらん

朝市内には無料で利用できる炭火焼きコーナーがあり、購入した干物を焼いて食べることができます。

輪島朝市

住所:石川県輪島市河井町本町通り
開催時間:8:00~12:00
休業:毎月第2・第4水曜日、正月1・2・3日

白米千枚田 あぜのきらめき

「白米千枚田」は世界農業遺産に認定されている棚田です。棚田には25000球のLEDライトが張り巡らされており、夜になると光のイルミネーションを楽しむことができます。このLEDライトは暗くなると自動的に光り出し、約2時間で消えるようになっています。光の色は30分毎に変わるそうです。


Photo by じゃらん

白米千枚田

住所:石川県輪島市白米町八部99-5
点灯目安時間:11月 1700頃

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました