王様のブランチmemo 週末トラベル「静岡県大井川で大自然を満喫!ちょっぴり遅い大人の夏休み」

9月1日に放送された王様のブランチの週末トラベルは「大井川でちょっぴり遅い大人の夏休み」でした。静岡県の大井川へは東京から新幹線と東海道本線を乗り継いで約2時間でアクセスすることができます。SLからの茶畑の眺めや世界の吊橋10選にも選ばれた秘境の絶景を堪能、農家民宿では田舎体験などを楽しんだ週末トラベルmemoです。

⇒⇒「王様のブランチ」(週末トラベル) のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

大井川鉄道 Day out with Thomas 2018

10月14日までの期間限定で大井川鐡道では世界的に人気のアニメ「きかんしゃトーマス」のトーマス号を運行しています。千頭駅にはヒロ号やパーシー号も止まっていてこちらも子どもたちに大人気です。

列車は昭和初期に使用されたレトロな旧型客車を使っており、ノスタルジックな列車の旅を楽しむことができます。車窓には静岡ならではの茶畑の風景を望みながら、車内では名物のSLおじさんが列車の旅を盛り上げてくれます。旅の記念に記念撮影を撮ることもできます。(1枚/1500円・税込)

きかんしゃトーマス号 片道料金:大人3000円/子ども1500円(税込)

大井川鉄道 Day out with Thomas 2018

寸又峡温泉

大井川本線の北の山間にあるのが寸又峡温泉です。南アルプスのふもとから湧き出している温泉は美女づくりの湯としても知られています。

SHOP&CAFE 晴耕雨読

古民家を使った雑貨や民芸品を扱うお店。

住所:静岡県榛原郡川根町千頭316
営業時間:平日 昼~日暮れ 土日祝 10:00~日暮れ
不定休(12月~3月は冬季休業)

晴耕雨読

ハンモックカフェ 晴耕雨読

ショップに併設されているカフェ。席がハンモック席になっており、古民家の丈夫な梁から吊るされたハンモックでゆらゆらと揺られながらくつろぐことができます。

スティックチーズケーキ(350円・税込)

お店手作りの濃厚なチーズケーキ。

川根の紅茶(450円・税込)

地元の特産茶葉を使用したアイスティー。静岡は緑茶のイメージが強いですが紅茶も緑茶と同じ茶葉から作られます。

営業時間:土日祝のみ営業 11:00~日暮れ ※中学生以上のみ入店可
12月~3月は冬季休業

夢の吊橋

寸又峡温泉の先にある「夢の吊橋」は、死ぬまでに渡りたい世界の吊橋10選にも選ばれ、紅葉の時季など混んでいるときは渡るのに1~2時間待ちになる時もあるという絶景の吊橋です。


Photo by じゃらん

真っ青な水面の上にかかる吊橋はまさに絶景、全長90m、高さ8mの木製で一度に渡れる定員は10名になっています。明治から昭和初期までは生活の足として利用されていたというこの吊橋は下がスケスケになっているので高所恐怖症の人は渡るのがちょっと怖いかもしれません。


Photo by じゃらん

住所:静岡県榛原郡川根本町千頭(寸又峡)地先
アクセス:大井川鉄道千頭駅からバスで40分、寸又峡温泉バス停留所から徒歩で20分

農家民宿 いつか

山間にわずか9軒の民家がひっそりとたたずんでいる塩本地区に「農家民宿 いつか」があります。築130~140年という古民家で農家体験をしながら宿泊をすることができます。農家民宿では収穫のお手伝いをするのがルール。自分の手で収穫した新鮮な野菜が晩御飯になります。夕飯の支度もお手伝い、畑で収穫した新鮮な野菜をメインにしたお母さんが作ってくれたおふくろの味のお惣菜の盛り付け作業なのでお子さんでも楽しみながら行うことができます。食後は家の前で花火と都会ではなかなかできない体験は良い夏の思い出になるのではないでしょうか。寝る布団は自分で敷いて1日が終了です。

大井川で逢いましょう/農家民宿いつか

住所:静岡県島田市川根町家山3434
1泊2食付 1名6000円(税込)※子どもは半額
12月30日~1月5日頃までお休み

ラブリーホースガーデン

初心者でも乗馬体験を楽しめる乗馬クラブ。基本の動作を教えてもらい障害物の間をくねくねと歩いたりする乗馬体験20分コース3500円(税込)の他に、馬場内を2周する引き馬(1000円・税込)などもあり小さなお子さんでも楽しむことができます。乗馬クラブ内にはバーベキュー施設や宿泊施設も併設されています。

ラブリーホースガーデン

住所:静岡県島田市川根町家山1229-2
営業時間:9:00~17:00
不定休

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました