旅サラダmemo シンガポール「斎藤工さんの思い出を巡るグルメ旅」

海外

2018年8月25日に放送されたゲストの旅は斎藤工さんのシンガポールの旅でした。映画「ラーメン・テー」の撮影のために1ヶ月滞在したことがある思い出のシンガポールでローカルのグルメから最新の夜のアトラクションまで満喫、シンガポールを代表する世界的な映画監督で「ラーメン・テー」を撮影したエリック・クー監督とも再会した斎藤工さんのシンガポールの旅をまとめた旅サラダmemoです。

⇒⇒「旅サラダ」(海外の旅) のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

ヒル・ストリート・タイ・ホァ・ポークヌードル(Hill Street Tai Hwa Pork Noodle)

住宅街のマンションの1階のホーカーズと呼ばれるフードコートの中にあるのが今年を含めて3年連続でミシュランの星を獲得しているヒル・ストリート・タイ・ホァ・ポークヌードル。地元の人にも大人気の行列の絶えない人気店。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by EJW (@ezrajwilliam) on

  • バクチョーミー(レギュラー)8シンガポールドル(約650円)
    豚のひき肉やホルモン、魚のつみれなどをトッピングした黒酢ベースのタレに平打ち麺の混ぜそばのようなもの。スパイシーなタレが平打ちの麺によくからみ絶品。バクチョーミーはそれぞれのお店で独自の味を持っている。

 

 

住所466 Crawford Ln. ♯01-12, Singapore 地図
TEL+65-6292-7477
営業時間9:30~21:00
定休日第1・3月曜

チョンバル・マーケット(TIONG BAHRU MARKET)

住宅街の中にあるチョンバル・マーケットは野菜や果物、食料品から日用品まで300店舗以上のお店がはいった地元の人ご用達のローカルなマーケット。

  • ドリアン(猫山王)15シンガポールドル(約1,210円)
  • チキンライスダークソイソース 2.5シンガポールドル(約200円)
    斎藤工さんがシンガポールに来ると必ず買って帰るというソース。チキンライスによくついているブラックソースとチリソース、チリソースはいろいろな場所で売っているけどこのブラックソースは売っているところがあまりないのだとか。斎藤さんはこれだけでご飯が食べられるというくらいお気に入り。

 

 

住所30 Seng Poh Road, Singapore 地図
営業時間9:00~20:00
定休日月曜

レインフォレスト・ルミナ(RAINFOREST LUMINA)

シンガポールの人気の観光スポット、シンガポール動物園に先月オープンした最新の夜のアトラクションがレインフォレスト・ルミナ。動物園の中にできた体験型のナイトウォークで光と音と映像が融合した新感覚のアトラクション。様々な仕掛けや岩場を彩るプロジェクトマッピングなどを楽しめる約1kmのナイトウォークになっている。

 

 

住所80 Mandai Lake Road, Singapore 地図
営業時間19:00~24:00(最終入館 22:30)
料金大人 22シンガポールドル/子ども 16シンガポールドル
トリップアドバイザー

ヤ・クン・カヤトースト(Ya Kun Kaya Toast)

カヤトーストは、外食が中心のシンガポールで朝食の定番メニュー。炭火でカリカリに焼いたトーストにカヤという植物で色と香りをつけた甘いココナツジャムをぬり、たっぷりのバターをはさんでいる。

  • カヤトーストセット(Kaya Toast with Butter Set)4.8シンガポールドル(約390円)
    カヤトーストと半熟卵がセットになっており、スプーン一杯の醤油とコショウをかけた半熟卵にカヤトーストにつけていただく。

 

 

住所18 China Street #01-01 Singapore 地図
TEL+65-6438-3638
営業時間月~金 7:30~19:00 土 7:30~16:30 日 8:30~15:00
定休日祝日
備考2019.4.30 住所訂正
シンガポール全土にチェーン展開しており、他にもいろいろな場所にお店があります

ナショナル・ギャラリー・シンガポール(NATIONAL GALLERY SINGAPORE)

ナショナル・ギャラリー・シンガポールは、2015年にオープンした世界最大級の美術館。最高裁判所だった歴史ある建物を美術館に改築しており、シンガポールをはじめ東南アジアの現代アート8000点以上が展示されている。中には50シンガポールドルのお札に使われているチェン・ウェイ・シーの絵も。また、最高裁判所だった時に拘置所として使われていた牢屋があるというのも面白い。

 

 

住所1 St Andrew’s Road #01-01 Singapore 地図
TEL
営業時間日~木 10:00~19:00 金 10:00~21:00
料金20シンガポールドル(約1,600円)
トリップアドバイザー

カイ ジュアン(KAI JUAN)

斎藤工さんが主演したエリック・クー監督の映画「ラーメン・テー」にも登場したのがバクテーの老舗、カイ・ジュアン。昔ながらの雰囲気が残る店内でシンガポールの伝統の煮込み料理であるバクテーをいただくことができる。エリック・クー監督によると今ではこのような古い雰囲気のあるお店は少なく、バクテーもちょっとオイリーだけどあっさりとした昔ながらの独特な風味がある。

  • 肉骨(バクテー)6.5シンガポールドル(約520円)※ご飯・パンは別料金
    豚のアバラ肉をニンニク、塩、コショウで長時間煮込んだもの。

 

住所395 Balestier Rd, Singapore 地図
TEL+65 6253 7184
営業時間火~土 8:00~翌1:30 日 8:00~14:00 月 8:00~翌1:00

ミンジャン・アット・ワンノース(MIN JIANG at one north)

エリック・クー監督おすすめのミシュランをはじめ様々な受賞歴を持つ中華料理の名店。イギリス人の邸宅だったという緑の中にあるオールドコロニアルスタイルの建物を改築して2006年にオープンした。

Een bericht gedeeld door wedever (@wedever) op

  • ミンジャン トリオ プラッター 10シンガポールドル~(約810円~)
  • ホイコーロー 30シンガポールドル~(約2,420円~)
  • ロブスターヌードル 26シンガポールドル~(約2,100円~)
    エリック・クー監督イチオシのメニュー。ロブスターの半身がのったヌードルで間違いのないおいしさ。
  • 北京ダック 1羽/90シンガポールドル~(約7,250円~)
    シンガポールイチとの呼び名も高いというお店の名物。皮にちょっとだけ砂糖をつけて、お肉は自家製の黒豆ソースと野菜を一緒に巻いていただく。韓国スタイルでキムチなどもあるのがいかにも多民族国家のシンガポールならではという感じ。

 

住所No. 5 Rochester Park, Singapore 地図
TEL
営業時間11:30~14:30, 18:30~22:30
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
海外
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

  1. tomo より:

    Ya Kun Kaya Toastの住所が違うのでは? 私もテレビで見ましたが、おそらく、Far east square近く、China street沿いにある店のようでした。

    • memoru より:

      tomoさん、ご指摘ありがとうございます。
      店舗情報を訂正させていただきました。
      Ya Kun Kaya Toastはいろいろな場所にありますが、China streetのお店はレトロな雰囲気ですが他はモダンな感じが多いですね。

タイトルとURLをコピーしました