ヒルナンデスmemo 「あさこ&大久保 オトナ女子旅 in シンガポール」(前編)

2018年7月24日に放送されたヒルナンデスは、「あさこ&大久保 オトナ女子旅 in シンガポール」。今回、いとうあさこさんと大久保佳代子さんが訪れたのは2017年には観光客の数が過去最高を更新、外国人観光客は約1740万人、観光収入はおよそ2兆円というシンガポールです。そんな大人気のシンガポールで8大見所を巡りました。

スポンサーリンク

シンガポール8大見所① Singapore Zoo オランウータンと朝食

約300種の動物が飼育されているSingapore Zoo(入園料:約2800円)は年間170万人以上が訪れる人気の動物園。檻ではなく水路などで動物を仕切って展示しており、より自然な動物の姿をみることができ、動物と触れ合うことができる動物園としても人気がある。

8時半のオープンとともに連日大盛況なのが「Ah Meng Bistro」で行っているオランウータンとの朝食。お料理はバイキング形式となっており、洋食のほか中華などアジア各国の料理が約30種類が約2800円で食べ放題。オランウータンもレストランで朝食タイム、至近距離で一緒に朝食をとることができる。また、自分のスマホでオランウータンたちと無料で記念撮影をすることもでき大人気!カメラマンに撮影をお願いすればオリジナルのアルバムを約2000円を作ってもらうことができる。

他にもキリンのエサやり体験(約400円)をすることもできる。

 

 

住所80 Mandai Lake Rd, シンガポール 729826  地図
TEL+65 6269 3411
営業時間8:30~18:00

シンガポール8大見所② アドベンチャーコーブウォーターパークのドルフィン・アイランド

シンガポールの本島から毎日行列のできる人気のケーブルカーで12分で到着するセントーサ島は政府によって人工的に作られた島。今年の6月には米朝首脳会談の場所として世界の注目を集めた場所でもあります。

セントーサ島にあるアドベンチャーコーブウォーターパークは、流れるプールやウォータースライダーなどがあり家族で楽しむことができる施設。中でも一番人気なのがイルカと直接触れ合えるドルフィン・アイランド。イルカが一緒に踊ってくれたり、水の掛け合いっこをして遊んでくれる他、両足をイルカが押してくれて水上を滑走するというここでしかできない体験をすることができる。

ドルフィンアドベンチャー 約1万500円 ※入場料込み

 

リゾート・ワールド・セントーサには他にもギネスにも認定された幅36mの水槽がある人気の水族館「シー・アクアリウム」や再現された昔の大型船がありアジアとヨーロッパを結ぶ壮大な航海の歴史を学べる博物館「マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアム」などがある。

 

 

住所8 Sentosa Gateway, シンガポール 098269  地図
営業時間10:00~18:00

シンガポール8大見所③ ヒル・ストリート・タイ・ホァ・ポークヌードル(Hill Street Tai Hwa Pork Noodle)

シンガポールの魅力のひとつが激安で美味しい屋台グルメ。シンガポールのマンションは1階がフードコートになっているところが多くあり屋台という意味のホーカーと呼ばれ、自炊率の低い市民の強い味方になっている。中心部から少し離れたベッドタウンのひとつ、クロフォードレーンのホーカーにあるのがミシュランで史上初となる屋台で一ツ星を獲得したヒル・ストリート・タイ・ホァ・ポークヌードル。観光客だけではなく地元のファンも多く、お昼時には毎日大行列のできる人気のお店。

View this post on Instagram

A post shared by EJW (@ezrajwilliam) on

  • パクチョーミー レギュラーサイズ 約650円
    もちもちの食感の平打ちの太麺を創業以来86年変わらない黒酢ベースの秘伝のタレと合わせて新鮮な豚レバー・肉団子・ミンチなどをのせた一品。中国が発祥と言われるパクチョーミーを先代がシンガポール風に独自にアレンジしたもので黒酢特有の酸味と甘味がある。

 

住所466 Crawford Ln, #01-12, シンガポール 190466 地図
TEL+65 6292-7477
営業時間9:30~21:00

シンガポール8大見所④ 發起人 肉骨茶

中心部から少し離れた古い商店が軒を連ねるバレスチャー通りにあるのが有名人も多く訪れるという發起人 肉骨茶。肉骨茶(バクテー)は、もともとは漢方をきかせたマレーシアの郷土料理。クセが強かったために40年ほど前にこちらのオーナーが漢方を使わずにシンガポールの人に合うよう大胆アレンジをしてスープを改良。それが今ではシンガポール風パクテーとして広がり庶民のグルメとして定着している。

View this post on Instagram

A post shared by 發起人肉骨茶 🍖 (@founder_bakkutteh_tw) on

  • 肉骨茶 約730円
    元祖である肉骨茶の味付けは豚骨・豚のリブ肉・にんにく・白こしょうのみとシンプル。お肉をじっくりと長時間煮込むことで雑味がなくなり旨味だけが凝縮しており、ほろほろとした肉の食感と旨味、そして濃密なスープを楽しむことができる。お肉には、旨味が引き立つ醤油ベースの甘いタレに香辛料を加えたブラックソースをつけていただく。程よく脂がのったお肉はそんなにくどくなくさっぱりとした味わい。体に良いスープはおかわり自由、ライスをスープにつけてもおいしくいただける。

 

 

住所347 Balestier Rd, シンガポール 329777 地図
TEL+65 6352 6192
営業時間12:00~14:30、18:00~翌2:30
定休日火曜
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
海外
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました