王様のブランチmemo 週末トラベル「夏の沖縄で身も心も熱くなる!ふれあい旅」

7月14日に放送された王様のブランチの週末トラベルは「夏の沖縄で身も心も熱くなる!ふれあい旅」でした。東京から約2時間半で到着する沖縄で旬のグルメやマリンアクティビティを満喫、人気の沖縄美ら海水族館では朝イチにのみできるスペシャルな体験をしました。今回はそんな夏の沖縄旅をまとめた王様のブランチ週末トラベルmemoです。

⇒⇒「王様のブランチ」(週末トラベル) のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

おんなの駅 なかゆくい市場

地元も人もよく利用するという沖縄の台所が「なかゆくい市場」です。こちらでリポーターのお二人は地元の人から大きないか天ぷら(1本/80円・税込)のおすそ分けをいただきました。市場には沖縄の夏が旬のフルーツも豊富にそろっています。国産のアップルマンゴーや手でつまむと一口サイズにちぎれる食べやすさから人気急上昇のスナックパイン、パッションフルーツ、島バナナなどが並んでいます。

おんなの駅 なかゆくい市場

琉冰

こちらではトロピカルフルーツをたっぷりと使ったかき氷をいただくことができます。アイスマウンテン 沖縄県産マンゴー(1780円・税込)は、100%マンゴージュースたっぷりとかけてアップルマンゴーの果肉5~8個分を山のようにはりつけ、トップにマンゴーアイスまでのせられた沖縄のマンゴーを存分に楽しめるかき氷です。

食べログ

住所:沖縄県国頭郡恩納村字仲泊1656-9
TEL:098-965-6093
営業時間:10:00~19:00

恩納村水産物直売所 浜の家

市場内にある水産物直売所にはぷちぷち食感がたまらない海ぶどうやハタの仲間の総称で沖縄でミーバイと呼ばれる魚の唐揚げやムール貝のウニソース焼きなどその場でいただける料理が販売されています。

こちらでリポーターのお二人がいただいたのが手作りジーマミー豆腐(300円・税込)です。ジーマミーとはピーナッツのことで一説によると落花生(ピーナッツ)は地面にできる豆なのでジマメが変化してジーマミーと呼ばれるようになったそうです。茹でたピーナッツに水を加えてミキサーにかけたあとで水分だけをこしとったら、そこにくず粉などを加えてとろみがつくまで煮たらできあがりです。甘いタレをかけていただくスイーツ感覚の一品です。

食べログ

住所:沖縄県国頭郡恩納村字仲泊1656-9
TEL:098-964-6099
営業時間:10:00~19:00

マリンピアザオキナワ

翌日、沖縄美ら海水族館に朝一で行くためにと選ばれたホテルが本部町にある「マリンピアザオキナワ」です。沖縄らしいリゾート感たっぷりのこちらのホテルは全室オーシャンビュー、お部屋からは沖縄の青い海を望むことができます。可愛らしいイルカルームもあります。


Photo by じゃらん

ディナーは地元の食材にこだわった会席料理「ふくぎ会席」をいただくことができます。沖縄風炊き込みご飯のジューシーや島豚のフーチバー(よもぎ)と泡盛に使用される黒麹漬けの炙り焼きに温泉玉子を添えたもの、沖縄のソウルフードでもありやわらかな口当たりで青パパイヤが良いアクセントとなっているゆし豆腐など沖縄の食文化を体感できるように昔ながらの味を大切にした料理の数々が並びます。沖縄では夏野菜としてよく食べられるというナーベラー(ヘチマ)の揚げ出しはダシがよく染み込んでおりシャリシャリ食感が新感覚の一品です。


Photo by じゃらん

1泊2食付き 2名利用時1人14000円(税込)~
チェックイン14時 チェックアウト11時

もとぶ元気村

マリンピアザオキナワの敷地内にある「もとぶ元気村」ではたくさんのマリンアクティビティ体験をすることができます。

営業時間:8:00~18:00

スイムウィズドルフィン

イルカと直接触れ合うことのできるアクティビティがスイムウィズドルフィンです。イルカの警戒心をなくして慣れたあとはイルカのヒレに捕まってイルカの上にのって泳いだり、最後にはジャンプなどイルカのショーを見ることができます。


Photo by じゃらん

料金:1名/15120円 ※時期によって変動あり
参加条件:身長125センチ以上で泳げる方

エクストリーム

エクストリームはチューブの中に腹ばいになってのりこみ水上バイクでひっぱられるというアクティビティです。

料金:1名/1836円
参加条件:9歳以上

コーラルビュークルージング

サンゴ礁の海へクルーズを楽しめるのがコーラルビュークルージングです。実はこちらの船は日本に数隻しかないという特別な船で目的のポイントにつくと船内の中央の部屋へと案内されます。するとその中央の部屋だけが海底に沈み海の中のサンゴ礁や色とりどりの魚を見ることができます。


Photo by じゃらん

料金:大人(中学生以上)1944円・税込 子ども(6歳以上)1080円・税込
※0歳以上8歳以下は保護者同伴

沖縄美ら海水族館

沖縄を代表する人気観光スポットのひとつである沖縄美ら海水族館では約740種類、2万1000点の海の生き物に出会えうことができます。沖縄らしいサンゴ礁の海を再現した水槽などがありますが、特に黒潮の海というジンベエザメの泳ぐ巨大水槽は有名です。


Photo by じゃらん

こちらの水族館で朝一におすすめなのが黒潮探検というエレベーターで上へ行き水槽の上から眺められる給餌タイムです。給餌タイムは1日に3回行われますが上から眺められるのは9:30に行われる最初の回のみとなっています。(※生物の状況によりプログラム中止の場合あり)

最大は体幅3.6m、体重330キロのナンヨウマンタが大きな口をあけてアクロバティックにくるくると回りながら餌を食べる様子や最大は体幅8.7m、体重5500キロという巨大なジンベエザメが餌を食べる様子を見ることができます。ジンベエザメは大きな口の中に大量の海水とともにオキアミを流し込みます。一度に吸い込む海水の量は100リットルにもなるそうですが、エラにこしとり機能がありオキアミだけをこしとって海水は外に吐き出しています。こちらの水族館で飼育下における繁殖に世界で初めて成功したというナンヨウマンタは通常はお腹が白いのですが、たまに生まれるというお腹の黒いブラックマンタも見ることができます。ちなみにジンベエザメの飼育年数は24年で世界最長記録を更新中です。


Photo by じゃらん

沖縄美ら海水族館は国営沖縄公園の中にあり、水族館以外の周辺施設(ウミガメ館、マナティー館、イルカショー)は無料で楽しむことができます。

住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
開館時間:10月~2月 8:30~18:30(入館締切 17:30)3月~9月 8:30~20:00(入館締切 19:00)
休館日:12月第1水曜日とその翌日
料金:大人1850円・高校生1230円・小中学生610円・未就学児は無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました