嵐にしやがれmemo 長嶋一茂さんと町中華デスマッチ

7月14日に放送された嵐にしやがれではゲストに長嶋一茂さんを迎えて第二弾となる町中華デスマッチが行われました。町中にある個人経営の中華屋さんである町中華で食べられる絶品の牛肉飯、キクラゲ玉子、ラージャン麺、ホンコン飯、レバニラ炒めをまとめた嵐にしやがれmemoです。

スポンサーリンク

味芳斎

1日100食出るというスーパースパイシーな牛肉ご飯を食べられるのが大門にある創業60年になる人気のお店「味芳斎」です。

牛肉飯(1300円・税込 ※ランチ価格)

多くのお客さんが注文する大人気メニュー。唐辛子や山椒など10種類以上のスパイスを独自にブレンドした激辛タレで牛ほほ肉を2時間煮込んだ後で2日間寝かせて味をしみこませます。その牛ほほ肉に豆板醤やニンニクを加えてさらに辛さをプラスしたものをご飯の上にのせたらできあがりです。一口食べると口の中に広がるしびれる辛さと肉の旨味がクセになる一品です。


Photo by ホットペッパーグルメ

食べログ

住所:東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル 1F
TEL:03-3433-1095
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:40) 17:30~22:00(L.O.21:30)
日曜日定休

中華屋 啓ちゃん

荻窪の商店街にある「中華屋 啓ちゃん」を訪れる多くのお客さんのお目当てが玉子が雑誌dancyuでも取り上げられたことのあるふわふわのキクラゲ玉子です。

木耳玉子定食(800円・税込)

豚肉、玉ねぎ、キクラゲを炒めて中華スープと醤油ベースのオリジナル調味料と豆板醤を加えたものに、国産の卵3個分を空気を含ませながら丁寧に焼き上げ蒸らしたふわふわの卵焼きを加えて片栗粉でとろみをつけ、くずした一品。ふわふわの玉子と甘辛いタレの相性が抜群でご飯がどんどんすすみます。

Photo by 中華屋 啓ちゃん FB https://www.facebook.com/keichan0103/

食べログ

住所:東京都杉並区天沼3-31-35
TEL:03-3392-0805
営業時間:11:30~23:00
月曜日定休

大三元

錦糸町の住宅街にある創業38年の「大三元」はオープン前から行列のできる人気のお店です。

汁なしラージャン麺(1100円・税込)

中華鍋で豆板醤とシャンラージャン、テンメンジャンで味付けしたひき肉を炒め、そこに醤油やオイスターソースなどが入った合わせ調味料、そしてしびれる辛さが特徴の花椒をたっぷり、最後に細めのストレート麺を入れて炒め、仕上げに刻んだニラを合わせたら一品。

食べログ

住所:東京都墨田区太平3-4-1 YSビル1F
TEL:03-3625-9554
営業時間:11:30~14:00, 17:00~21:00
月曜日定休(月に1度連休あり)

クサカ亭

練馬区にある創業40年になる「クサカ亭」にはいろいろなメニューがありますが中でも評判なのがホンコン飯です。

ホンコン飯(700円・税込)

最初に豆板醤やニンニクなどを炒めて、香料やブレンドは企業秘密だという自家製のテンメンジャンを加え、そこに油通しした豚肉や野菜を合わせて炒めたものをご飯の上にのせた一品。トッピングされている半熟の目玉焼きの黄身をからめていただきます。

食べログ

住所:東京都練馬区向山1-13-4
TEL:03-3999-5600
営業時間:11:00~15:00, 17:00~21:00
定休日:水曜・第2火曜

北京飯店

亀戸にある「北京飯店」では絶品の中華料理の数々をいただくことができます。


Photo by ホットペッパーグルメ

レバニラ炒め(900円・税込)

通常レバニラには豚の肝臓を使うのに対して豚の腎臓を使ったお店の名物メニュー。片栗粉をつけた豚の腎臓をタケノコと一緒に油通ししてからニラと一緒に炒め、味の決めてとなるシャンタン、ケチャップ、かき油などをブレンドした特性のタレを加えた一品。腎臓は豚一頭分で一人前しか取れないために週に2回仕入れをしているそうですが売り切れになってしまうことが多いそうです。レバの臭みがまったくなく普通のレバとは食感もちょっと違う絶品のレバニラです。

食べログ

住所:東京都江東区亀戸6-42-1
TEL:
営業時間:

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
話題のグルメ
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました