news every.memo「どっちも食べた~い!幸せ2倍!二刀流グルメ」焼メシ&焼スパ、みそかつ&おそば、みそラーメン&お好み焼き

7月11日に放送されたnews every.の特集は「どっちも食べた~い!幸せ2倍!二刀流グルメ」でした。焼メシと焼スパ、みそかつとおそば、みそラーメンとお好み焼きとちょっと変わった組み合わせの看板メニューが2つあるお店をまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

金太郎

横浜駅の近くの映画館もはいる商業施設の中にあるのが焼メシと焼スパというふたつの看板メニューがある「金太郎」です。

焼スパ ナポリタン 並(550円)

中太麺にケチャップがよくからんだ焼スパの定番。中華鍋で炒めたピーマン、マッシュルーム、玉ねぎなどの具材にスパゲティを加えて味と香りがとばないように最後にケチャップを入れてからめています。スパゲティを中華鍋で焼くから焼スパというのですが、このように調理することでスパゲティがよりもっちりとし香ばしくなるそうです。もちもちの中太麺に酸味の強い甘めのケチャップがよくからんだ一品です。

焼メシ 並(550円)

中華鍋で塩とコショウ、ホタテのダシをつかい具材の卵、チャーシュー、刻んだなると、長ネギと一緒にご飯を炒めたパラパラ加減が絶妙ないわゆるチャーハン。

ナポリタンと焼メシ ハーフ&ハーフ 並(700円)

看板メニューを両方とも食べたいという人におすすめのハーフ&ハーフ 。横浜に姉妹店である中華屋さんがあり都内でロメスパがブームになったのをきっかけに横浜にもロメスパの店をオープンすることを考えたそうですが調理器具が中華鍋しかなかったためにスパゲティを中華鍋で調理し、どうせならと焼メシももうひとつの看板メニューとして2013年にオープンしたそうです。

合盛マーボー 並(780円)

シンプルな焼メシにマーボー豆腐をかけた一品。

広島お好み焼風焼スパ 並(650円)

ソース味の焼スパに薄い玉子焼きをのせた広島お好み焼風。

今では通常メニューとして焼メシが6種類、焼スパが8種類あり、いろいろな味が楽しめると家族連れにも人気のお店です。

食べログ

住所:神奈川県横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル 1F
TEL:045-324-1615
営業時間:月~木 11:30〜22:00 金・土 11:30〜23:00 日・祝 11:30〜21:00

花しずく

池尻の国道246号沿いにある「花しずく」は夜は居酒屋として営業していますが、昼はみそかつとおそばというふたつの看板メニューがあるお店です。

みそかつ御膳(ランチ価格 800円)

本場の味の名古屋名物みそかつを楽しむことができる看板メニューのひとつ。カツは荒めと細かめの中間のパン粉を使うことでさくっとした食感に仕上がっています。企業秘密だというみそダレは愛知県産の赤みそを使用してカツの食感にあうようにドロッとしたタレに仕上げているそうです。揚げたてのカツにたっぷりとみそダレをかけたらできあがりです。一口食べると甘みの強いみその香りがふわっと口の中に広がります。


Photo by ホットペッパーグルメ

花しずくそば(箱もり)小(1300円)

もうひとつの看板メニュー。こちらは新潟名物のへぎそばでそば粉のつなぎに布海苔を煮詰めたものを混ぜて新潟で昔から食べられているへぎそばと同じ作り方をしています。このように布海苔を混ぜることでコシが強いそばになるそうです。「へぎ」という木の器に小分けに盛ったらできあがりです。ほんのりと風味が口いっぱいに広がるおそばはその歯ごたえもとても良く、お汁も角が立っていなくてまろやか甘みがあります。


Photo by ホットペッパーグルメ

ミニみそかつセット(ランチ価格 800円)

ふたつの看板メニューを一緒に食べられるセットメニュー。お客さんの半分が注文する人気メニューです。前のオーナーが名古屋出身、板長さんが新潟出身だったことからこのようなふたつの看板メニューが生まれ、今は現在の店主がその形態をそのまま引き継いで営業をしているそうです。

ホットペッパーグルメ ※インターネット予約可
食べログ

住所:東京都世田谷区池尻3-3-3
TEL:03-3419-8640
営業時間:月~土 11:00~16:00、17:00~翌5:00(L.O. 翌4:30) 日・祝 11:00~16:00、17:00~24:00(L.O. 23:30)

十和田

静岡市の駿河区にある「十和田」のふたつの看板メニューがみそらーめんとお好み焼きです。

みそらーめん(720円)

一見すると豚骨ラーメンのような色をしたスープにちぢれ麺を使ったみそらーめん。豚のげんこつ、玉ねぎ、生姜、にんじん、キャベツ、にんにく、ネギからとったダシにベースの信州産の白みそに京都産の白みそを合わせたものを加えることで、甘みが増して味に深みのあるスープになっています。

お好み焼き(豚)(830円)

もうひとつの看板メニューである鉄板にのったお好み焼き。自家製マヨネーズがたっぷりとかけられていますが意外とすっきりとした味わいになっています。生地は粘り気のある成分グルテンが出ないようにやさしく叩くようにしながら小麦粉をだし汁で溶いています。その生地を一晩冷蔵庫で寝かせることで生地が引き締まりふんわりとした仕上がりになるそうです。ソースに合わせて作っているという自家製のマヨネーズは詳しいことは企業秘密だということですが酸味と塩気をおさえることでさっぱりと食べられるようになっているそうです。

お好み焼き・みそらーめんセット(1180円 ※小鉢・漬物付き)

みそらーめんとお好み焼きの両方を食べられるベストメニュー。ボリュームたっぷりのセットなのですが女性でもこのセットを注文する人が少なくないそうです。

Photo by 十和田 http://www.10wada.com/

店主が東京のラーメン店で働いていた時にそのお店のオーナーが2階にお好み焼き屋をオープンして店主は両方のお店で働いていたそうです。その後、独立して1990年にお店をオープン、経験をいかしてラーメンとお好み焼きの両方が看板メニューとなったというお店でした。

食べログ

住所:静岡県静岡市駿河区下川原6-26-4
TEL:054-257-7868
営業時間:平日 11:00~22:00 土・日・祝 11:30~22:00
木曜日定休

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
話題のグルメ
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました