ヒルナンデスmemo アンジャッシュの渡部建さん&MASA’S KITCHENの鯰江シェフが今年上半期に行った一番美味しかったオススメのお店

7月3日に放送されたヒルナンデスでは先週に引き続き食通と名高い著名人が今年上半期に行った一番美味しかったというオススメのお店とそのお店の名物料理が紹介されました。今回、お店を紹介してくれたのは前回に引き続きアンジャッシュの渡部建さんと中華の異端児とも呼ばれている9年連続ミシュラン一つ星を獲得しているMASA’S KITCHENの鯰江シェフです。

スポンサーリンク

串打ち大地

渡部さんのおすすめするお店が渋谷駅から10分ほどの六本木通りの脇道に今年オープンしたもつ焼き屋「串打ち大地」です。店主自らが目利きして丁寧に仕込んだ豚もつは本来のコクと旨味だけを味わえると女性客にも人気です。

このお店で女性客が必ず注文するというメニューが1人1本しか注文できないパクチーレバ(519円)です。レバー特有の臭みがまったくなく濃厚でコクのある豚レバーにはパクチーとネギのみじん切りをごま油などで和えた特製ソースがかけられており、その上に爽やかなパクチーがたっぷりとのせられています。パクチーがたっぷりなのでサラダ感覚でも食べられる豚レバーはとてもなめらかな食感をしています。

そして、渡部さんがぜひ食べてほしいと言うおすすめの一品が1日限定15本の豚つくね、マクラ(238円)です。※日によって限定本数は異なることがあります。焼きとんをつくる際に出る様々な部位のあまりものを甘めのひき肉にしてつくねをつくっています。つなぎを一切使用していないので様々な豚もつの旨味やコクが凝縮しており、様々な部位の歯ごたえと旨味を堪能することができます。マクラという名は”そろそろ帰ってお休みください”という意味からつけられており、こちらのお店ではこれを食べるとラストオーダーという合図になっているそうです。


あごだしをベースにした香り高い和風だしと久留米から直送しているモチモチの麺をつかったごぼ天うどん(680円)もおすすめの一品です。煮込むと特有のやわらかい食感になる麺とあっさりしていながらも奥深い味わいのスープ、そしてゴボ天の旨味がマッチしたやさしい味わいの一杯です。

※インターネット予約 ⇒ 食べログ

住所:東京都渋谷区東1-3-5 モアエクセレンス 1F
TEL: 050-5595-2993
営業時間:月〜土 17:00〜0:00(L.O.22:30)
定休日:日曜日、月曜日が祝日の場合

FREGOLI

MASA’S KITCHENの鯰江シェフおすすめのお店が恵比寿の閑静な住宅街の路地裏にある大人の隠れ家的なお店「FREGOLI」です。こちらのお店で鯰江シェフが必ずいただくという一品が馬肉のカルパッチョ(3240円)です。鮮度が良いからこそ味わえるというヒレは口あたりがやわらかくて味が濃厚です。他にも希少部位のタテガミにハツ、タン、バラ(フタエゴ)がセットになっており馬肉のうまさをあますことなく味わえる一皿です。


Photo by ホットペッパーグルメ

そしてもうひとつのおすすめが馬肉の希少部位を使ったお店の名物メニュー、馬のクチビルの赤ワイン煮(3132円)です。1頭から2人前しかとれないという馬のクチビルは筋肉質な部位のために赤ワインや香味野菜などに一晩つけてから7時間かけてじっくりと煮込んでいます。その後、さらに一晩寝かせて味を染みこませており、完成までに3日かけている手の込んだ一品です。お肉はとてもやわらかくてトロトロ、コラーゲンでぷるっとした弾力もあります。ビネガーと赤ワインの酸味でさっぱりとした味わいになっており女性にも人気があるそうです。


Photo by ホットペッパーグルメ

※インターネット予約 ⇒ ホットペッパーグルメ

住所:東京都渋谷区恵比寿2-8-9
TEL: 03-5423-1225
営業時間:12:00~15:00(L.O.14:00), 18:00~24:00(L.O.23:00)
日曜日定休

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
話題のグルメ
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました