news every.memo「今も続けてます!昭和スタイルの商売人」

6月28日に放送されたnews every.の特集は「今も続けてます!昭和スタイルの商売人」でした。”昭和の町”と名付けられた昭和30年代のレトロな商店街の街並みを当時のままいかした人気の観光地と都心の路地裏にあるレトロ感たっぷりのユニークなシステムを持つ大衆酒場をまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

昭和の町

大分県豊後高田市に「昭和の町」と名付けられた町ごと昭和という驚きの場所があります。昭和の町は豊後高田の商店街に多く残っていた最盛期だった昭和30年代の建物を利用して町を活性化するために商店街の有志により2001年に誕生しました。現在はレトロブームという追い風もあり年間約35万人が訪れる人気の観光スポットになっています。中高年の方には懐かしい場所、若者には新鮮な場所として人気があります。


Photo by じゃらん


Photo by じゃらん

住所:大分県豊後高田市大字新町

大寅屋食堂

昔ながらの大衆食堂「大寅屋食堂」ではほとんどのメニューがワンコインでお釣りがくる値段でいただくことができます。現在は3代目の女将さんとご主人でお店を切り盛りしていますが昭和55年からお値段は変えていないそうです。


Photo by じゃらん

名物のチャンポン(350円・税込)はカツオといりこでダシをとった和風のスープと野菜のうま味が麺に染み込んだ昔ながらの懐かしい味わいです。自家製の高菜漬けで作ったたかな焼めし(350円・税込)も人気の一品です。

食べログ

住所:大分県豊後高田市新町992
TEL: 0978-24-2357
営業時間:10:30〜15:00
火曜日定休

森川豊国堂

「森川豊国堂」は大正8年から続く和菓子屋さんで現在は3代目の店主がお店を切り盛りしています。昔懐かしのアイスキャンデーは1本150円(税込)でミルク味の他にあずきとお茶があります。初代考案のレシピを引き継いでいるというミルクのアイスキャンデーは砂糖とミルクのみで作られた昔と変わらぬ味になっています。棒がまっすぐではなく斜めに刺さっているのは今みたいにまっすぐ刺して保持する機械がなかったからなんだそうです。

食べログ

住所:大分県豊後高田市新町910-1
TEL: 0978-22-2426

昭和ロマン蔵

往年の名車が展示されている人気のスポットが「昭和ロマン蔵」です。映画などでよく見る3輪が特徴のダイハツミゼットは昭和30年代に活躍した車で当時ベストセラーになりました。

住所:大分県豊後高田市新町989-1

昭和ロマン蔵

肉のかなおか

昔なつかしコロッケが人気のお店が創業67年になるお肉屋さん「肉のかなおか」です。観光客のお目当てが熱々の手作りコロッケです。一番人気の和牛上コロッケ(160円・税込)や変わり種のきんぴらコロッケ(110円・税込)など11種類のコロッケがあり多い日には約1000個も売れるそうです。

お店の名物のおからコロッケ(70円・税込)はまかないで出していたというおからを代々引き継ぎコロッケにしたものです。約4時間かけてニンジン、カマボコ、青菜などの具材と一緒に練り上げたおからはしっとりと滑らかな食感で甘く味付けがしてあります。

肉のかなおか

食べログ

住所:大分県豊後高田市新町890-2
TEL: 0978-22-2137

ニューカヤバ銘酒コーナー

日本橋茅場町の路地裏にある大衆酒場が昭和39年創業の「ニューカヤバ銘酒コーナー」です。昭和レトロな立ち飲み酒場で創業以来のユニークなシステムが人気です。そのシステムのひとつが壁際にずらりと並べられたお酒の自動販売機です。セルフでいただくお酒は焼酎、日本酒、ウイスキーなどなんでもそろっており1杯100~200円と格安です。

そしてもうひとつのユニークなシステムがセルフの焼き鳥です。テーブルの真ん中に炭火で焼く焼き鳥台があり自家製のタレをつけた焼き鳥を自分で焼いていただきます。焼き鳥はネギマとつくね(各1本100円・税込)の2種類があり、自分で焼くのが楽しいと大人気です。

また、おつまみも築地で仕入れたマグロブツやタコブツ、マカロニサラダとポテトサラダが一緒になったポテマカサラダなど充実しており、お値段はすべて200~300円(税込)とこちらも格安です。

現在は主に料理の仕込みを担当している女将さんとお酒の仕入れや管理を担当している娘さんの二人で切り盛りしているこちらのお店は今は亡くなったご主人が昭和39年から行っていた独特なスタイルを引き継ぎ今でも変えずに続けています。女性客禁止というスタイルもおじさまがリラックスして飲める空間を提供するためというご主人のスタイルを引き継いだものです。基本的には女性客は禁止なのですがグループに1人だけなら特別にOKになっています。近くで働く会社員など常連客の多い、まさにサラリーマンの聖地のようなお店です。

ニューカヤバ銘酒コーナー

食べログ

住所:東京都中央区日本橋茅場町2-17-11
営業時間:17:00~21:00
土日祝定休

スポンサーリンク
news every.
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました