news every.memo「愛があふれて大人気!女性店主が看板の人気店」

6月26日に放送されたnews every.の特集は「愛があふれて大人気!女性店主が看板の人気店」でした。かつお愛100%の女性店主のお店に女性すし職人が営む下町で60年続くお寿司屋さん、そしてフルーツてんこもりのデカパフェが食べられるお店の3店をまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

かつお食堂

渋谷駅から8分ほどの場所にある「かつお食堂」はかつお愛100%の女性店主のお店です。夜は「bar&…miiiii」というバーですが昼に間借りして朝の8時から午後2時まで営業しています。”ありがとう”ではなく”ありがつお”、”初めまして”や初めてやることは”初がつお”などまさかのカツオ語を使う女性店主はかつお節がはいったピアスにネイルもカツオ、Tシャツもカツオとカツオへの愛が半端なく”かつおちゃん”と呼んでもらっているそうです。

〈メディア情報〉ぐるなび運営のオウンドメディア「みんなのごはん」にて、料理研究家.フードライターの @linasuke0508 河瀬璃菜さんがおすすめのお店として、かつお食堂を取り上げてくださいました。 http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/yandp/4605 河瀬璃菜さん、かつお食堂のメニューをおうちで楽しんでくださいました! おっおいしそう。。。☺️ かつお食堂をきっかけに、こうして鰹節をおいしく楽しく食べたり、鰹節からお出汁をとってくれたり、そんな素敵なごはんの輪が広がってくれたら嬉しいです! にしても。。あぁ河瀬さん。。美人だったなぁぁあ。。 ありがつおございました!☺️🐟 #ぐるなび さん #みんなのごはん #河瀬璃菜 #料理研究家 #フードライター #鰹節 #出汁 #おいしく #楽しく #おうちごはん  #かつお食堂 #かつお舎

Een bericht gedeeld door かつお食堂 (@katsuoshokudou) op

特製生卵付き かつお食堂ごはん(1150円)はご飯の上にたっぷりのかつお節がのせられており卵の黄身がトッピングされています。かつお節は高知県の土佐市で半年かけて丁寧に作られた本枯れ節で注文がはいってからお客さんの目の前で削っています。そこに西伊豆の田子で作っているかつおを塩漬けにして乾燥させた潮かつおを削ったものをアクセントに加えて醤油とごま油、卵の黄身をトッピングしたらできあがりです。かつお節は香ばしくて濃厚、凝縮したうま味があります。黄身をくずせば贅沢な卵かけご飯になります。また、追いがつおを1回のみ無料で頼むことができます。産地から直接買い付けるかつお節は毎月変わります。沖縄・宮古島から宮城・気仙沼までかつお節の生産地を巡ったという女性店主の生産者への思いは強く店内に写真をはり誰がどのように作っているのかを紹介しています。

食べログ

住所:東京都渋谷区渋谷1-6-4 The Neat青山 1F
営業時間: 8:00~14:00
定休日:月曜日・火曜日・土曜日・日曜日

江戸前 三松

浅草の雷門から歩いて5分ほどの路地にある「江戸前 三松」は創業60年になるお寿司屋さんで現在は2代目の女性店主が腕をふるっています。特上にぎり(お椀付)(3240円)は中トロやウニなど8貫のにぎりに巻物が付いており江戸前のお寿司を満喫することができます。

お店の看板が口の中でとろけると評判の穴子(540円)です。甘めのたれがやさしい味わいです。そして、もうひとつの看板が肉厚の身を重ねたこはだ(270円)です。こはだのうま味と脂を酢の味わいがぐっとひきしめてくれています。このこはだを漬け込んでいるお酢は店主のお父さんの代から継ぎ足し継ぎ足し使っているものでまろやかでやわらかい酸味があります。

Photo by 江戸前 三松 https://www.facebook.com/mimatsusushi/

お父さんが倒れたのをきっかけに意を決してお店を継いだという女性店主が長年通ってくれるお客さんのためにお父さんの味を残したいとお店への愛たっぷりに頑張っているお寿司屋さんです。

食べログ

住所:東京都台東区浅草1-6-5
TEL: 03-3841-5717
営業時間:月~金 17:00~22:00(L.O.21:30) 土日祝 12:00~15:00(L.O.14:30),17:00~21:00 (L.O.20:30)
水曜日定休(祝日の場合は営業)

Cafe de Lyon(カフェ・ド・リオン)

名古屋駅から歩いて10分ほどの場所にある「Cafe de Lyon」はあるスイーツが評判で女性に人気のお店です。週末には開店前から行列ができ2時間待ちになる時もあるそうです。

季節の一番人気が特製プレミアムいちごのparfait(1700円)です。※季節によってメニューは変わります。大きなパフェにはところ狭しといちごが並べられています。パフェの中にはヨーグルト、バニラアイス、手焼きのパイ、シフォンケーキ、イチゴアイスなどが何層にも重ねられており食べ進めるにつれて新たな層に出会うことができます。食感だけではなく見た目にもこだわったいちごは愛知県産の紅ほっぺを1パック、280gも使っています。

他にもタイから空輸した完熟マンゴーを1個半使用した空輸マンゴーのparfait(1700円)や自家製カラメルソースたっぷりのタルトタタン ラムレーズン parfait(1400円)も人気があります。

夢を実現するために子育ての落ち着いた40代の時に単身でフランスのリヨンに渡り、カフェに直談判して修行し、10年前にこちらのお店をオープンしたそうです。パフェはフランス語でパルフェと言いますがパルフェには完璧なやパーフェクトという意味もあり、こちらの女性店主はその言葉の通り完璧なパフェを常に追求しているそうです。そんな店主がもっともこだわっているのがフルーツです。甘味が強くて実が大きいものを厳選しており銘柄の他に産地もだいたい指定しているそうです。待ち時間を解消するためにお店から3分ほどの場所に2号店もオープンしています。

食べログ

住所:愛知県名古屋市西区那古野1-23-8
TEL: 052-571-9571
営業時間:平日 11:00~19:00(L.O.18:30) 土日祝 9:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:水曜・第2第4火曜(※祝日の場合は営業)

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
話題のグルメ
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました