news every.memo「太っ腹店主の採算度外視!仰天グルメ」

6月15日に放送されたnews every.の特集は「太っ腹店主の採算度外視!仰天グルメ」でした。ボリュームたっぷりのお得なマグロ丼にご飯もおかずも規格外なサービスセット、そして山の名がついた山盛りのローストビーフ丼の3店をまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

マグロ卸のマグロ丼の店

東京のウォーターフロント、東京メトロ大江戸線の勝どき駅から徒歩約13分の場所にある「マグロ卸のマグロ丼の店」ではちょっと変わった場所で採算度外視の丼が食べることができます。お店には見えない入口をはいっていくと中には奥行きのある海に面したテラス席があります。わざわざ遠方から車で来る人もいるという人気のお店です。

多くの人のお目当てがマグロの赤身が何枚も重ねて盛りつけられたマグロてんこ盛り丼(1200円)です。その数はおよそ20枚、250gのマグロの赤身が使われています。余分な脂身がないので赤身そのもののうま味をダイレクトに味わうことができます。

実はこちらのお店はマグロ卸とマグロの倉庫業をやっている会社がスペースと景色を利用して開いたお店で隣に会社があります。会社の建物の中には-60度の冷凍庫があり日本やインドネシア、南インド沖で水揚げされたマグロが冷凍されています。-60度という温度が冷凍焼けによる変色や食感の悪化を防ぐのに最適な温度なんだそうです。マグロ卸なので目利きもでき、すぐお隣にお店があるので運搬中の温度変化による劣化も最小限におさえることができますのでおいしいマグロをいただくことができます。

他にも時期によってメニューは変わりますが中トロをぜいたくにつかった上赤身と中トロ2色丼(1500円)やイクラを大量に使った特厚上赤身とイクラの2色丼(1700円)などマグロ卸業者ならではボリュームのある丼をいただくことができます。

マグロ卸のマグロ丼の店

食べログ

住所:東京都中央区豊海町3-13
TEL: 050-5595-1265
営業時間:9:30〜17:00 ※丼売り切れ次第ドリンクのみ
定休日:水曜日、月2回火曜日

ごはん処 あだち

秋葉原の電気街の大通りから路地を入った先、駅から3分ほどの場所にあるのが「ごはん処 あだち」です。ちょっと薄暗い店内は若い人から会社員まで男性のお客さんでにぎわっています。こちらのお店のご飯の量は常識外れです。ご飯目安表によるとサイズは4種類、大盛り2升(約7kg)、普通盛り1升(約3.5kg)、少なめ8合(約2.8kg)、擦り切れ11軽(約600g)となっています。一番少ない擦り切れでも普通のお茶碗の3~4杯分はある量です。ご飯だけではなくおかずもまた常識外れの量です。あだちサービスセット(980円)のおかずはてんこ盛り。仕入れ状況により内容は異なるそうですが、この日は大きなから揚げが3個に春巻き、コロッケ、ナスの天ぷら、厚揚げ、厚焼き卵、肉団子など全部で11種類もありました。すべてのおかずは店主が一品一品手作りしています。カレー味でジューシーなから揚げは2日間カレーのタレに漬け込んでいます。大きいのでこれくらい漬け込まないと味が中まで染み込まないそうです。から揚げだけではなく俵型の手作りコロッケやナスの天ぷらなどビッグサイズのおかずばかりです。


Photo by ホットペッパーグルメ

先代がお店をやっていた時に昭和3年から平成元年まで秋葉原駅前にあった東京神田青果市場にお弁当を運んでいたそうです。その時に市場で働く人にお腹いっぱい食べてもらおうとお弁当をビッグサイズにしたのがきっかけで始めたというこのサービスセット、今はその時からの付き合いがある業者にお願いして安く食材を仕入れてやっているそうです。

食べログ

住所:東京都千代田区外神田3-11-6
TEL: 03-3253-3017
営業時間:月~金 11:30~15:00, 17:00~23:30 土日 11:30~15:00

鳥園

新宿駅西口から徒歩2分、ガード沿いに立ち並ぶ長屋づくりの飲み屋街「思い出横丁」にあるのが創業67年になる「鳥園」です。昔ながらの居酒屋という雰囲気の店内では昼間からグラスを傾けている人も少なくありません。

こちらのお店でいただける採算度外視のメニューがお昼限定メニューのローストビーフ丼です。高さが約15cmある富士山(1620円)にはローストビーフが山のように積み重ねられています。お肉は外モモ肉に比べて筋がやわらかくローストビーフに合うという牛の内モモ肉を使っています。ニンニクとオリーブオイルで下味をつけてから表面を焼いて肉のうま味を閉じ込めます。その後、弱火でじっくりと4時間以上加熱した後、最後に肉の表面を網で焼いて香りをつけています。


Photo by ホットペッパーグルメ

ご飯の上に肉の角切りと水菜を敷き詰めたらローストビーフ約450gを崩れないように山の形に盛りつけ、最後にカイワレ大根をのせて特製オニオンソースをかけたら富士山のできあがりです。ローストビーフはとても柔らかくうま味が凝縮しており一枚一枚が大きくいので食べ応えもたっぷりありますが、オニオンソースでさっぱりといただけます。

富士山はちょっと食べきれそうにないという人には登山中級者向けの筑波山(1080円)や登山初心者向けの高尾山(961円)があります。ローストビーフ丼は多い時には30杯は出るという大人気メニューです。

※インターネット予約は こちら
※クーポンは こちら

住所:東京都新宿区西新宿1-2-4
TEL: 050-5869-3890
営業時間:12:00~23:40(L.O.23:10)

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
話題のグルメ
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました