news every.memo「成功するにはワケがある!女房あっての美味繁盛店」

6月1日に放送されたnews every.の特集は「成功するにはワケがある!女房あっての美味繁盛店」でした。行列のできる小さな町中華のちょっと変わったチャーハンにすべてが大盛り、気前の良すぎるご主人のお店、そして特製デミグラスソースの美味ハンバーグを食べられる一軒家レストランをまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

味の幸楽

台東区にある「味の幸楽」はお昼時にはおおにぎわいの小さな町中華です。お店の一番人気のメニューが中華料理店ではめずらしいナシゴレン(700円・税込)です。50年前に客のインドネシア人に頼まれてその場で本場の味の情報を聞きながら作ったのがはじまりで今では看板メニューとなっています。本場のナシゴレンとは違いチャーハンらしいパラパラ感と香ばしさの中に甘辛のアジアンテイストの味噌がよく合う完全オリジナルのナシゴレンです。

ナシゴレンの味の決め手となっているのがオリジナル味噌です。豚足・牛肉・鶏肉・煮干し・昆布・キャベツ・ネギなどの野菜からつくったラーメンスープにケチャップ・ニンニク・山椒・唐辛子を合わせて数日間寝かせたらオリジナル味噌の完成です。常連客のイチオシはしょう油ラーメンと半ナシゴレンセット(800円・税込)です。

50年に渡り2人でお店を切り盛りしてきたご夫婦が一緒に料理を作っていますが二人の息はぴったり!まさに阿吽の呼吸のご夫婦が経営しているお店でした。

食べログ

住所:東京都台東区小島2-1-3
TEL: 03-3866-5900
営業時間:11:00~15:00, 17:00~20:00
土日祝休み

中国料理 大味

埼玉県の蕨市にある「中国料理 大味」は昼時にはいつも行列ができる人気のお店です。このお店のメニューは普通盛りでもあふれんばかりの量のスーラータンメン(780円・税込)や超ジャンボサイズのシューマイ(3個入り/480円・税込)すべてが大盛りです。チャーハンも二人分はありそうな量でお値段680円(税込)とコスパ抜群です。

開店以来の人気メニューが牛焼肉(1080円・税込 ※ライス・スープ・お新香付き)です。多い時には20食以上出るというこの人気メニューの味の決め手がフルーティーでさっぱりとした女性にも評判のタレです。細かく擦ったリンゴ、ニンニク、タマネギに砂糖・しょうゆ・ケチャップ・ゴマなどを加えて作られいます。

ご主人は気前が良すぎて料理はすべて大盛り、儲けはほとんどないそうですが、それを支える妻の内助の功があっての繁盛店でした。

食べログ

住所:埼玉県蕨市塚越2丁目7-9
TEL: 048-445-0414
営業時間:11:00~15:00,17:00~22:30
月曜日定休

ハンバーグライス小古食堂

江東区の住宅街の中にあるのが自宅の1階を改装した一軒家レストラン「ハンバーグライス小古食堂」です。お店のメニューはハンバーグライス(1300円・税込 ※ライス・スープ・お新香付き)一品のみ。手間ひまかけてつくるデミグラスソースのかかった厚みがありボリュームも満点の絶品
ハンバーグ目当てに10席ほどのカウンター席はいつも満席という人気のお店です。

デミグラスソースのもととなるフォンドボー作りは週に数回行っています。炒めた牛肉や様々な野菜を大鍋で約12時間じっくりと煮込んでから牛肉や野菜を取り出して十分にうま味が溶け込んだフォンドボーだけを数日間寝かせています。その日に使う量だけのフォンドボーにワイン・トマトジュース・コニャックなどを合わせたらコクと深い味わいがありながらもさらっとしたデミグラスソースの完成です。ハンバーグは牛肉9割に豚肉1割で作られておりお肉がぎゅっとつまっていながらもしっとり感があり、上にのせられた半熟の目玉焼きとデミグラスソースとの相性も抜群です。

お店のご夫婦は38年間食堂を経営しておりバラエティ豊かなメニューで繁盛していたそうですが8年前大家さんの都合で閉店、2010年にお二人が好きだったハンバーグだけのお店をオープンしたそうです。お店のオープン2か月後にご主人が病に倒れて3か月入院、今も酸素ボンベを頼りに病気と戦っているそうです。それでも客と接していると元気がでるというご主人とご主人を気遣っている奥さんが二人で仲良く経営しているお店でした。

食べログ

住所:東京都江東区東陽3-26-11
TEL: 03-3647-7384
営業時間:月火金土 11:30~14:30
定休日:水曜、木曜、日曜、祝日

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
話題のグルメ
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました