news every.memo 「とれたて新鮮!ご当地味を満喫!”回転すしの旅”」

5月21日に放送されたnews every.の特集は「とれたて新鮮!ご当地味を満喫!”回転すしの旅”」でした。その土地だからこその新鮮なネタがおいしいと評判の大船、ひたちなか、館山の回転すし店と館山で人気のスイーツをまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

回転寿司 豊魚 大船店

鎌倉市の大船にあるのがこだわりの絶品まぐろが食べられると評判の「回転寿司 豊魚」です。250店の飲食店や食料品店が立ち並ぶ大船仲通商店街の中ほどにある鮮魚店の2階にお店はありお昼時には大盛業、多い日には約500人のお客さんが訪れる人気のお店です。お店の看板ネタが三崎まぐろです。口に持っていた瞬間に鮪の香りがする本鮪中トロ(2貫/648円・税込)は濃厚でとろっとしたうま味がありますが脂がさらっとしているので後味はさっぱりです。

本鮪大トロ(2貫/745円・税込)は舌の上にのせただけで脂がとけていきその脂は甘みがあります。本鮪の中トロに醤油ダレをなじませて炙った本鮪中トロ炙り(2貫/432円・税込)は香ばしくて旨みと甘みのつまった脂がジュワジュワと出てきます。

実はこちらのお店は神奈川県の三浦市にある50年続くマグロ問屋が経営しています。そのためマグロの水揚げ量全国有数の三浦漁港の市場で質の良いマグロを大量に安く手に入れることができ大ぶりに切ったデカネタを手頃な値段で提供できることも人気の理由のひとつになっています。仕入れたマグロはマイナス50℃の超低温で保管することで鮮度をキープしています。

お店のオリジナルネタもあります。塩まぐろ(2貫/334円・税込)はパット見は赤身ですが食べるとねっとりむっちりした初めての食感を味わうことができます。メバチマグロの赤身に塩をまぶし程よく水分を抜いたもので塩をおとした後、5~6時間寝かせています。塩でしめてあるので赤身と脂の部分のうま味がギューッと凝縮されています。

他にも脂の甘みと赤身のしっかりとしたうま味があるメバチ鮪中トロ(2貫/432円・税込)やすっきりとしたうま味があるメバチ鮪赤身(2貫/194円・税込)などマグロ三昧を楽しめる回転すし店です。

食べログ

住所:神奈川県鎌倉市大船1-20-1 大船ジャンボ市場 2F
TEL: 0467-48-5786
営業時間:11:00~21:30

回転すし店 市場寿し

東京から約2時間、茨城県ひたちなか市にある年間100万人が訪れる鮮魚店や飲食店など24店が並ぶ那珂湊漁港の目の前の観光市場の一角に「回転すし店 市場寿し」があります。観光客や地元の人など多い日には1000人以上が訪れる人気店で広々とした店内はお昼時はいつも大盛況です。こちらのお店では朝水揚げされた種類豊富な新鮮地魚ネタをデカネタでいただくことができます。

身が厚く脂ものっていておいしいと評判の名物、常磐ヒラメももちろん大きく厚く切ったデカネタです。ヒラメ(2貫/324円・税込 ※入荷の状況でない時あり)は食べると口の中いっぱいに上品なうま味が広がり、その食感は弾力があります。数に限りはありますがうま味が詰まったヒラメのエンガワ(2貫/324円・税込 ※入荷の状況でない時あり)や海鮮軍艦(324円・税込 ※入荷の状況でない時あり)も人気です。

こちらのお店は観光市場の前にある水産会社「ヤマサ水産」が運営しています。常磐沖は親潮と黒潮がちょうどぶつかる場所にあたりプランクトンやエサが豊富なため良質な魚が獲れるそうです。那珂湊漁港魚市場で朝仕入れた魚はすぐに目と鼻の先にあるお店で寿司ネタになるのでその鮮度は抜群です。

カサゴの仲間であるホウボウ(2貫/216円・税込 ※入荷の状況でない時あり)は癖のない白身で噛むほどに上品な旨みが出てきます。フランス料理にも使われる魚マトウダイ(2貫/216円・税込 ※入荷の状況でない時あり)はほんのりと甘い味わいが特徴です。また、これからの季節におすすめなのが4月から8月いっぱいにかけて旬をむかえるスズキ(2貫/324円・税込 ※入荷の状況でない時あり)です。身はコリコリで歯ごたえがあり、さっぱりとしたさわやかな旨みがあります。

食べログ

住所:茨城県ひたちなか市湊本町21-3
TEL: 029-263-1137
営業時間:平日 10:00~16:00(L.O.15:30)土日祝 10:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:元旦・不定休

鮨やまと 館山店

千葉県南房総の館山市にある「鮨やまと 館山店」は房総沖の地魚を満喫できる回転すし店です。多い日には約600人が訪れる人気のお店で入口をはいるとまずはその日に仕入れた地魚がずらりと並べられたショーケースが目を引きます。

外房でとれた天然のマダイ(2貫/367円・税込 ※入荷の状況でない時あり)は噛むほどにタイの上品な旨みを感じます。南房総沖で獲れたヒラマサ(2貫/367円・税込 ※入荷の状況でない時あり)はすっきりとした脂とうま味が魅力でブリやカンパチよりも歯ごたえが楽しめると人気があるそうです。ウマヅラハギ(2貫/302円・税込 ※入荷の状況でない時あり)はぷりぷりで淡泊な身と濃厚な肝を同時に味わえる一皿です。

こちらのお店ではお寿司は回っておらずお客さんがタッチパネルで注文するとお皿がレーンを通って一直線にお客さんのもとへと届けられます。6年前まではお寿司が回っていたそうですが今は握り立てにこだわっており注文を受けてから厨房ですしを握っている回転すしの進化系なんだそうです。

お店で特に人気のネタがほどよく脂ののった新鮮なキンメダイ(2貫/454円・税込 ※入荷の状況でない時あり)です。半身におろしてから皮部分を炙り、氷水でしめています。このようにひと手間かけることで皮目にある脂がとけてうま味が増すそうです。口に入れるとまるでトロのようにとろけます。

鴨川に本社を置く水産問屋が母体であるこちらのお店では鴨川の市場メーンで仕入れた地魚を満喫できますが、魚だけではなく握り2貫と軍艦がセットになったサザエ(734円・税込 ※入荷の状況でない時あり)などもあります。また地魚を味噌ダレと合わせて細かく叩いた房総の郷土料理のなめろうはなめろう軍艦(2貫/194円・税込)として提供しています。ちなみにこの日の魚はヒラマサでした。

※インターネット予約 ⇒ 食べログ

住所:千葉県館山市北条1321-12
TEL: 050-5594-8077
営業時間:11:00~21:30

木村ピーナッツ(ピネキ)

お寿司でお腹を満たした後におすすめなのが「鮨やまと」から車で10分ほどの場所にある「木村ピーナッツ(ピネキ)」のスイーツです。千葉名産の落花生をつかったピーナッツソフトクリーム(400円・税込)が地元の人や旅行客に大人気で多い日には1000個売れるも売れるそうです。ピーナッツの風味とさっぱりとしたソフトクリームの甘さがよくマッチした食後のデザートにぴったりの一品です。

食べログ

住所:千葉県館山市下真倉236-3
TEL: 0470-22-3488
営業時間:9:00~18:00
定休日:正月

まとめ

その土地ならではの新鮮な魚介をいろいろと食べられる回転すし店は魅力的ですね。今回は種類が豊富そうな地魚を堪能できる「鮨やまと」が気になりました。皆さんも気になるお店がありましたらぜひ食べに行ってみてくださいね。

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました