news every.memo「この一品が食べたい!人気店のすごい名物」

4月18日に放送されたnews every.の特集は「この一品が食べたい!人気店のすごい名物」でした。食の台所、築地で2時間で100食以上売れるというすごい名物から”絶望”という名のパスタ、そして横浜中華街で食べられる中華風の釜めしをまとめたnews every.memoです。

スポンサーリンク

備長炭火焼 Jige

築地本願寺の向かい側の通りの路地裏にある「備長炭火焼 Jige」はお昼時には近くで働く人でおおにぎわいの人気店です。お店の名物なのが鮪のかま焼きです。炭火で焼いた鮪のカマはほどよく脂がのっていて歯ごたえがありまるでお肉を食べているようです。少し甘めの醤油だれが濃厚な鮪のうま味をより引き立てています。

カマは一匹の鮪からふたつしか取れない希少な部位ということもあり鮪かま炭火焼定食(1000円・税込)はランチ10食限定になっています。大きな鮪のカマにご飯や味噌汁はおかわり自由とボリュームも満天な定食です。

鮪のカマを食べられる定食は他にもあります。カットしたカマと刺し身がセットになった鮪かま(中)炭火焼きと刺し身、炭火焼き鳥とセットになった炭火焼き鳥と鮪かま(小)はどちらも1000円(税込)です。肉厚の身は強火の炭火で焼くことで赤外線がでてうま味が閉じ込められふっくらとジューシーになりするすると骨からほどけるやわらかさです。鮪のカマはランチで120食くらいは出て1時20分くらいには売り切れ終了になってしまうことが多いそうです。

こちらのお店には夜にも仰天な名物メニューがあります。それが骨に付いたそのまんまの巨大な鮪の中落ちです。1人2000円~で注文は2人分から前日までの予約が必要です。ハマグリの貝殻でそぎ取って食べることで金属などの余分な味がつかずねっとりとした濃厚な味わいの鮪を楽しむことができます。

食べログ

住所:東京都中央区築地2-14-3 NIT築地ビル1F
TEL: 03-3248-6332
営業時間:月~金 11:30~14:00 月~土 17:00~23:00(L.O.22:00)
日曜・祝日休み

イヴォ ホームズ パスタ

伊勢丹新宿に近いビルの3階に親子連れや女性客でにぎわうパスタ屋さん「イヴォ ホームズ パスタ」があります。ムール貝やイカなどの海の幸がたっぷりとはいった海の幸(1250円・税込 ※ランチ価格)やクリームソースの中にキノコがたっぷりとはいったキノコのクリーム(1150円・税込 ※ランチ価格)などがありますが、お客さんの7割が注文するという名物が「絶望」という名前だけ聞くとそんなにおいしくなさそうなパスタです。

絶望(1200円・税込 ※ランチ価格)はあふれんばかりのトマトソースにキノコやひき肉がふんだんにはいったパスタです。ソースはトマトの甘みと酸味をチーズのコクと旨味がまろやかにしてくれており、ガツンと効いているニンニクも良いアクセントになっています。実はイタリアでは台所に何もない絶望的な状態でもあまりもので簡単に作れるパスタのことを絶望パスタと呼び店主がブラックオリーブで表面が真っ黒なパスタを見てこのメニューを思い付いたそうです。名前はそのまま”絶望”ですが味は日本人の口に合うようにアレンジしておりトマトソースは一から手作りしています。収穫時期によりトマトに加える砂糖や塩の量を変更し、果肉の食感を残すようにトマトは手でつぶしています。それをオリーブオイルで炒めたニンニクスライスと合わせ生クリームでまろやかさを加えています。具材は5種類のきのこと牛ひき肉、そして刻んだブラックオリーブがはいっています。最後に加える粉チーズはあえてかきまぜないことでよりコクを際立たせています。

開店当初はまったくと言っていいほど売れなかったというこの絶望パスタ、その後口コミで評判が広がり今ではお店のダントツ一番人気になっています。一度食べるとハマる人が多くこの絶望パスタ目当てに来店するお客さんも少なくないそうです。

イヴォ ホームズ パスタ

食べログ

住所:東京都新宿区新宿3-14-23 マヤビル3F
TEL: 03-3357-5306
営業時間:月~金 11:30~15:00,17:00~23:00 土・日・祝 11:30~16:00(L.O.15:30),17:00~23:00(L.O.22:00)

南粤美食

横浜中華街にある「南粤美食」は2016年にオープンした行列のできる人気店です。ご主人は中国南部の広東省の出身で手間をかけた料理がおいしいと好評です。塩とスパイスをすりこみ一日ねかせたうま味の濃い鶏肉を味わえる丸鶏の塩蒸し焼き(半羽/800円・税込)や香港から仕入れた細麺、そしてワンタンには海老とひき肉、魚の粉末をつかった香港海老雲呑麺(980円・税込)などが売れ筋メニューになっています。

お店の看板メニューが仕込みに一週間かかるという中華版の釜めし「煲仔飯(ボウジャイファン)」です。土鍋で登場するボウジャイファンは干しぶたバラ肉とスペアリブ釜飯(980円・税込)で炊き立てご飯に干した豚肉のうま味がたっぷり、お客の半数以上が注文するという人気のメニューです。注文がはいってから鶏ガラやエビの殻などを約3時間煮込んだスープでご飯を炊き上げます。沸騰したら甘辛く味付けしたスペアリブと干し豚肉をいれてさらに5分ほど炊き上げ、15分蒸したら醤油ダレを最後にかけてできあがりです。濃厚なうま味がご飯に染み込んだ絶品です。

ボウジャイファンは香港には専門店もあるローカル飯です。店主のふるさとの味を日本でも味わってもらいたいとの思いからこのメニューを始めたそうです。この料理のポイントとなるのが中国では定番の保存食である干し豚肉です。お店の干し豚肉は厚さ約1センチの豚バラ肉を醤油ダレに一日つけこんだ後、屋上で1週間天日干しした自家製です。日光と風により自然乾燥することで余分な水分が抜けてうま味と甘みが凝縮した深みのある濃厚な干し豚肉ができあがるそうです。
こちらのお店では干しぶたバラ肉とスペアリブ釜飯の他にも貝柱と干しぶたバラ肉(1380円・税込)、干しぶたバラ肉としいたけと鶏肉(980円・税込)など全部で5種類のボウジャイファンをいただくことができます。

食べログ

住所:神奈川県横浜市中区山下町165-2 INビル
TEL: 045-681-6228
営業時間:11:30~23:30
不定休

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
話題のグルメ
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました