news every. memo 「そんな手があったか!びっくり名物の繁盛店」つけハンバーグ、ぶり専門店の貴重な名物、斬新なコッペパンの3店

2月20日放送のnews every. の特集は「そんな手があったか!びっくり名物の繁盛店」でした。ユニークな食べ方をするハンバーグや全国でもめずらしいぶり専門店の貴重な名物、本格的な洋食を具材にした斬新なコッペパンの食べられる3店をまとめたnews every. memoです。

スポンサーリンク

california diner PLAYERS (プレイヤーズ)

横浜駅近くのビルの3階にあるのがアメリカンなお店で特に肉料理が人気だという「プレイヤーズ」です。PLAYERSバーガー(1300円・税込)はアメリカ産とオーストラリア産の牛肉をブレンドしてつくったパテに自家製のチリソースのかかったピリ辛なオリジナルハンバーガーです。夜の看板メニューである骨付きプレイヤーリブ(2P/750円・税込 ※ディナー限定メニュー)は醤油ベースの甘辛いタレがしみたやわらかくてジューシーなスペアリブです。


Photo by 食べログ

このお店のランチの名物であるびっくりなハンバーグが石焼つけハンバーグ(約150g/880円・税込 ※ランチ限定メニュー ライスまたはパン付き)です。お客さんの約6割が注文するというこのメニュー、ハンバーグや野菜などをまるでつけ麺のように熱々の自家製デミグラスソースにつけていただきます。ハンバーグはオーストラリア産の牛肉100%をつかい炒めたタマネギと生タマネギの2種類を加えることによりうま味や甘み、そしてフレッシュ感のある味わいになっています。自家製のデミグラスソースには鶏むね肉のスープをブレンドしており濃厚でありながら後味はあっさりとしています。ハンバーグや野菜をつけるだけではなくご飯を入れて食べるのもまるでハヤシライスのようでおいしくいただけます。ハンバーグひとつではちょっと物足りないという人にはハンバーグ300gのダブルもあります。


Photo by 食べログ

※インターネット予約は こちら
※クーポンは こちら

住所:神奈川県横浜市西区南幸2-6-1 山田ビル3F
TEL: 045-323-6866
営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) ディナー 17:00~2:00(L.O.1:30)

和びすとろ ぶり中野

東中野にある全国でもめずらしいぶり専門店が「ぶり中野」です。全国各地の新鮮なブリを食べることのできるぶり料理が約15種類あります。ぶり料理の定番メニューである鰤しゃぶ鍋(1人前/980円・税込)は脂のたっぷりとのったぶりを昆布ダシにさっとくぐらせて自家製ポン酢でいただきます。刺し盛り(三点盛り)(1580円・税込)はぶりの食べ比べができるお店の人気メニューです。その時の仕入れ状況によりぶりの種類は異なりますが、今回紹介された刺し盛りには
長崎の天然ぶり、徳島のハーブぶりのトロ、そしてハーブぶりの赤身の三種類が盛られていました。ねっとりと絡みついてくるような甘さがある天然ぶり、脂がのって濃厚だけどすっきりとした味わいのハーブぶりのトロなどまったく異なる味と食感を楽しむことができます。ちなみに徳島のハーブ仕立てぶりは、ナツメグやオレガノなど4種類のハーブをブレンドしたエサで飼育されたぶりで他にもみかんやトマト、すだち、カボスなどいろいろな方法で飼育されているぶりがいるそうです。


Photo by 食べログ

他にも大根の上に脂ののったトロの刺身をのせたちょっとユニークなぶり大根(680円・税込)やサクッとジューシーに揚げられたピリ辛のソースで食べるぶりカツ(700円・税込)などのメニューがあります。


Photo by 食べログ

こちらのお店の専門店ならではの貴重なびっくり名物がぶり中落ち(880円・税込~ ※大きさにより値段が異なります)です。まぐろの中落ちはよく聞きますがぶりの中落ちはまさに専門店ならでは・・。丸ごと1匹分の骨のまわりの身を豪快にスプーンで削っていただきます。このメニューは1日一皿限定、早い者勝ちです。


Photo by 食べログ

ちなみにこちらの店名、元女子プロレスラーのブル中野さんとは関係なく単純に中野にあるぶり専門店なのでわかりやすいということで「ぶり中野」とつけたそうなんですが、噂を聞いたブル中野さんも数回来店したそうです。

※ インターネット予約は こちら

住所:東京都中野区東中野1-45-4
TEL: 050-5592-7967
営業時間:17:00 ~ 翌1:00(L.O.24:00)
月曜日定休

2538キッチンデリコッペ

北千住の昔ながらの商店街に去年7月にオープンしたのが斬新なコッペパンが話題の「2538キッチンデリコッペ」です。本格的な洋食を具材にした豪華なコッペパンがそろっており自分でほしい商品を紙に記入して注文するシステムになっています。低温でじっくりと火をいれた厚切りローストポークコッペ(302円・税込)は肉の上にはたっぷりのマスタードがのっており、ローストポークと一緒にマリネしたニンジンとキャベツがサンドされています。お店の一番人気のメニューであるビーフカレー&たまごコッペ(280円・税込)には赤ワインで煮込んだ牛ほほ肉の豪華で深い味わいのコクのあるカレーがはいっています。洋食系のほかにもぜいたくカスタードコッペ(248円・税込)や濃厚ショコラのくちどけチョコッペ(302円・税込)など12種類ほどのコッペパンがありますが、週末などは限定数の80~100個が約2時間で完売してしまうほどの人気なんだそうです。


ぜいたくカスタード Photo by 食べログ

こちらのお店は都内に4店舗のビストロ&イタリアンも展開しており、このお店はセントラルキッチンとして仕込みをするために活用すると同時に街行く人にもお店の料理を気軽に食べてもらいたいという思いからコッペパンという形でオープンしたそうです。そのため具材にもビストロならではの強いこだわりがあります。例えばビーフカレー&たまごコッペのビーフカレーはオーストラリア産の牛ほほ肉を煮詰めた赤ワインで一晩寝かせた後、香味野菜と一緒に約7時間煮込み、さらにもう一晩寝かせてからお肉をカットしたもので、レストランでつかう料理の仕込みで出る具材の端材をつかっています。その牛ほほ肉を鶏のだしや野菜のダシであるベジブロス、豚のダシなどと合わせ10種類以上のスパイスを加えて濃厚なカレールーをつくりあげています。まさにビストロの本格料理でつくっているコッペパンです。ちなみにこのお店で一番高いメニューはフォアグラのテリーヌをドライイチジクやハチミツで味付けしたとろけるフォアグラコッペ(410円・税込)です。


とろけるフォアグラ Photo by 食べログ

住所:東京都足立区千住4-19-16
TEL: 03-3870-5600
営業時間:

まとめ

いろいろとユニークなメニューがありましたね。コッペパンといえば餡バターなど素朴でおいしいというイメージがあったのですが本格的な洋食が具材のコッペパンも豪華でおいしそうでした。ソースたっぷりのつけハンバーグも食べてみたいです。皆さんも気になるお店がありましたらぜひ食べに行ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク
news every.
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました