news every. memo 発見!おいしい穴場 銀座路地ウラの人気店 3店

2月8日に放送されたnews every. の特集は「発見!おいしい穴場 銀座路地ウラの人気店」でした。おいしいものがたくさん集まっている東京の銀座、きらびやかな表通りからちょっとはいった路地にもおいしいお店がたくさん隠れています。今回はそんな銀座の路地裏にある知る人ぞ知る人気のお店3店をまとめたnews every. memoです。

スポンサーリンク

鳥ぎん 本店

銀座5丁目、高級ブティックが立ち並ぶみゆき通りを有楽町方面へ歩いていき途中でビルとビルの隙間にある細い路地をはいった場所にあるビルの地下1階にあるのが昭和26年創業の「鳥ぎん 本店」です。リーズナブルにおいしい鳥料理が食べられるとあり広々とした店内はいつも多くのお客さんでにぎわっています。このお店には焼きとりと釜めしというふたつの看板メニューがあります。

焼き鳥は66年つぎ足し続けている甘めの秘伝のタレにくぐらせてから紀州産の馬目樫備長炭でこの道50年以上の職人さんがひとつづつ丁寧に焼いたもので、一度食べたらその味の虜になる人も少なくありません。ライトコース(810円・税込)は、はさみ焼き、ねぎま、モモ・ムネ、もつ、つくねの5本がセットになっていますのでいろいろな味を楽しむことができます。また、この5本にうずら、ぎんなん、野菜の3本が加わったエンジョイコース(1360円・税込)も人気があります。


Photo by 食べログ

もうひとつの看板メニューである釜めしは全部で12種類あり、そのほとんどは1000円以下で食べることができます。調理場には釜めし専用のコンロが38台もあります。お米は茨城・栃木県産のブレンド米をつかっており、それを北海道産真昆布とカツオ節で毎日2時間半かけてうまみを抽出したダシで炊きあげることで上品で甘みのあるご飯に仕上げています。釜めしは二人のベテランの職人さんが担当しており、最も気を遣うポイントは火加減なんだそうです。最初は強火で、おこげが付き始めた合図であるパチパチという音が聞こえたら火加減を変えて仕上げのタイミングをはかっているそうです。


Photo by 食べログ

五目釜めし(990円・税込)は、鳥そぼろ、たけのこ、しいたけ、えびなどがはいった具だくさんの釜めしでおこげも絶妙です。たばら蟹ののったかに釜めし(990円・税込)はかにの風味と香りがよくしみている一品です。ご飯は1合はいっているのですが女性でも1人で食べきる人が多いそうです。

多い日には約700食もでるという大人気の釜めし、平日のサービスランチ(午後2時まで)はプラス440円で焼きとり3本、小鉢、スープ、小付のついた釜めし焼きとりセットになりますので釜めしと焼き鳥の両方をいただくことができます。

住所:東京都中央区銀座5-5-7 ニューギンザビル6号館B1
営業時間:11:30~21:00
年末年始休み

三州屋 銀座店

銀座2丁目、並木通りから路地を1本はいったところにある創業50年の大衆割烹が「三州屋」です。
昭和レトロ感満載ののお店は多くの人でにぎわう大人気、大衆割烹というとおじさん御用達のイメージがありますが多くの女性にも支持されているお店です。お店のメニューは豊富でその数は約100種類。魚料理がメーンで新鮮でボリューム満点のメニューがそろっています。番組が取材した日の目玉メニューは近海で獲れた金目鯛の煮付け(1100円・税込)でした。ライスとみそ汁の代わりとなるお店の名物料理、島豆腐がついています。鶏肉と豆腐を煮込んだ島豆腐の鶏肉はふっくらとした身にしっかりと脂がのっており口にすると弾力がありながらもしっとりと柔らかく、肉の旨みがスープにもしみでています。この島豆腐目当てでやってくるお客さんも多いという絶品です。


Photo by 食べログ

また、冬に圧倒的な人気を誇るメニューがカキフライ定食(1350円・税込)です。大ぶりなカキのフライが5個にご飯と赤だしの味噌汁、サラダにお新香がついています。つかっているのは濃厚で甘いと評判の三陸・広田湾産のカキで衣を薄くなじませた後に上質なラードで軽く揚げており、衣が薄くてさくっさくっ、カキはジューシーで口の中に旨みがいっぱいに広がります。1日約100食はでるという冬の名物料理です。


Photo by 食べログ

すべての魚の目利きを担当しているのが店主の岡田さん(82歳)です。50年間毎朝築地に仕入れに行き、おいしいものを手頃な価格で提供できるようにしているそうです。ちょっとわかりづらい場所にありながらも連日大盛況の長く愛される路地裏の名店です。

住所:東京都中央区銀座2-3-4
営業時間:11:30〜22:00(L.O.21:30)
日曜日定休

フレンチレストラン ビストロ カシュカシュ

銀座8丁目、見番通りから並行する並木通りへと続く薄暗い狭い路地をはいったところに「ビストロ カシュカシュ」はあります。知る人ぞ知る隠れ家的なこちらのお店はフレンチの名店「アピシウス」で14年間修行を積んだ斎木シェフが20年前にオープンしたもので夜はコース 7200円(税込)からと高級店ですが、1日限定10食でスペシャルなランチをいただくことができます。それが、サラダ・デザート・コーヒーが付いた平日週替わりランチ(1500円・税込)です。番組取材の時のメーンはハンバーグ・オン・リゾット。新潟県魚沼産の塩沢コシヒカリでつくったトマト味のリゾットの上にハンバーグがのった一品でビグレットソースがかけられています。ハンバーグにつかっているお肉は和牛の赤身、脂に甘みがあるアグー豚、2歳のメスの蝦夷鹿肉の3種類でより深い味わいに仕上げています。ハンバーグからあふれでるばかりの肉汁がリゾットにしみて絶妙な味わいのおいしさです。


Photo by 食べログ

もう一品、こちらのお店でぜひいただきたいメニューがシェフの自信作でもある名物メニュー、フォアジャガ(1650円・税込)です。
丁寧に焼いたフォアグラをふかしたジャガイモの上にのせてマスタードソースをかけた一品でほくほくなジャガイモと濃厚でクリーミーなフォアグラが最高にマッチ、まるで高級なじゃがバターをつけて食べているような味わいです。


Photo by 食べログ

※ こちら からインターネット予約できます。

住所:東京都中央区銀座8-6-19 渡辺ビル1F
営業時間:月~金 11:45~13:30,18:00~23:00 土 11:45~13:30,17:30~20:30
日曜・祝日休み

まとめ

どのお店も知らなければなかなか行けそうにないお店ばかりでしたね。銀座は表通りを歩くことはあってもなかなか路地裏に入っていくことはありませんが、おいしいお店を探しに路地裏を歩いてみるのも楽しそうだなと思いました。皆さんも気になるお店がありましたらぜひ行ってみてくださいね。



スポンサーリンク
news every.
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました