石ちゃんの満腹グルメツアーmemo 秋田の海鮮料理、B級グルメに超デカ盛りグルメ。グルメだけではなく伝統文化を体験できる場所や水族館もご紹介!

2月3日に放送された「石ちゃん&美女軍団 あ、来た!よかった!秋田新幹線満腹グルメツアー」では、今年の3月で開業21年目を迎えるという秋田新幹線で東京から約3時間50分の秋田へ。復活した20年前の伝説のB級グルメや超大盛りメニュー、お得な漁師飯などのグルメの他、秋田の伝統文化を体験できる場所や子どもも喜ぶ人気の水族館が紹介されました。それでは石ちゃんの満腹グルメツアー in 秋田 memo スタート!

スポンサーリンク

豊月

花火の街として知られている大仙市。年間4回の花火大会が開催され約90万人の観光客が訪れます。そんな大仙市の大曲駅からすぐ近くの場所にある和菓子屋さんが「豊月」です。お店では花火の筒をイメージしたブランデーケーキである夜空の大輪(162円・税込)やまるで羊羹のような見た目だけど実は蒸しあげたお餅である三杯もち(1048円・税込)などが販売しています。ちなみに三杯もちは米粉・片栗粉・小麦粉を一杯づつ三杯いれてつくるのでこの名がついているそうです。

住所:秋田県大仙市大曲通町2-25
営業時間:8:00~20:00

和ダイニングふじ

大山駅近くにあるホテル富士の中にある「和ダイニングふじ」では約20年前大曲の人々に愛されていたB級グルメをいただくことができます。そのB級グルメが1995年に惜しまれながら閉店したカネトクデパートのフードコートでだされていたメニューのひとつ旨麺(ウーメン)です。大曲カレー旨麺(756円・税込)の麺はコシのある特製の中太中華麺をつかっています。そこに鰹だしのきいた和風スープを注ぎ入れ、7種類のスパイスでつくる自家製カレーをかけて揚げ玉とネギ、なるとをトッピングしたら完成です。うどんでもラーメンでもない新感覚の一品、一緒にでてくるご飯をひたして食べてもおいしいです。


Photo by 食べログ

住所:秋田県大仙市大曲通町1-28 ホテル富士1F
営業時間:11:00~14:00,16:00~22:00
日曜日定休

秋田市民市場

大曲駅から秋田新幹線で30分、秋田駅から歩いて30分ほどの場所にある秋田市民市場は野菜や果物から秋田の海で獲れた新鮮な鮮魚、さらには日用品までそろうまさに秋田市民の台所です。この市場で観光客におすすめなのが市場の好きな食材を自分でとって自分好みにつくれる名物の市場丼です。

市場丼の作り方は・・
①専用のトレイを借りる
②お惣菜屋さんでご飯を購入(162円・税込)
③青い提灯が出ているお店で好きな食材を購入してご飯にのせたらできあがり


Photo by じゃらん

今回、石ちゃんがつくった市場丼は・・
(畠山つくだ煮店)白魚 約120円
(マルイ伊藤鮮魚店)カニ 約500円(一本)
(魚繁伊勢谷 まぐろ屋)大トロ 約370円
(上村鮮魚店)ウニ 約830円
(安亀商店)ギバサ 約100円,  白子 約400円, 筋子 約230円

合計約2680円(税込)の豪華でちょっとユニークな丼でした。ちなみにギバサ(正式名アカモク)とは秋田では家庭料理でおなじみの栄養満点の海藻でたたいてあるのでネバネバしています。こんな風に自分で好きな具材をのっけて丼をつくるのも楽しいですね。

住所:秋田県秋田市中通4-7-35

公式HP   秋田市民市場

秋田市民俗芸能伝承館

青森ねぶた祭、仙台七夕まつりとともに東北三大祭りのひとつに数えられているのが秋田竿燈まつりです。毎年8月3日から6日まで開催されるこのお祭りでは灯りが灯された46個の提灯がついた竿燈を体の1点で支えあげて豊作祈願をおこないます。大人用の竿燈は重さが長さ12m、重さが50kgもあり、本番ではさらに支柱をつぎたすのでその高さは約15mにもなるそうです。手はもちろん、額や腰などで長い竿燈を支えるのはまさに名人芸。


Photo by じゃらん

そんな実際にまつりで使う竿燈を展示しているのが秋田市民俗芸能伝承館です。大人用の竿燈の他に小学生用の重さ5kgのものや中学生がつかう重さ30kgの竿燈もあり実際に秋田の伝統文化を体験することもできます。

住所:秋田県秋田市大町1-3-30
営業時間:9:30~16:30
12/29~1/3は休み

山の五代

秋田でも有名なデカ盛りのお店が「山の五代」です。スタミナ丼Wチョモランマ(1350円・税込)は最初に豚バラ肉 300gと大量の野菜を炒めて甘辛いタレで味付けしたものをご飯4合の上に、さらにその上に飯2合と具材がのった超デカ盛りメニュー。肉鍋定食 Wチョモランマ(1400円・税込)大量のご飯と鍋で肉鍋がでてきます。見た目は豪快だけど野菜の旨みがとけこんだやさしい味のお鍋です。お店には「お腹のパンクの修理はおこなっておりません」の貼り紙が・・大盛りはお腹と相談して注文してくださいね。


Photo by 食べログ

住所:秋田県秋田市太平八田字大岱下24-1
営業時間:11:30~21:00
木曜日定休

元湯 雄山閣

秋田駅からJR男鹿線でアクセスできるなまはげで有名な場所が男鹿半島です。男鹿温泉郷にある「元湯 雄山閣」は敷地内に源泉があり良質な温泉を楽しむことができます。このお宿の名物がなまはげの口からお湯が噴きだす噴き流し温泉「なまはげの湯」です。お湯の泉質はナトリウム塩化物泉で関節リウマチ・神経痛・冷え性・腰痛症に効能があります。塩分が多いので湯冷めのしにくい温泉です。なまはげの口からはあまりにも勢いよくお湯が噴きだしているので浴室の床には湯の花ができています。


Photo by じゃらん

2月末までのおすすめ宿泊プランが鱈づくし御膳プラン(1人/15270円~ 2名1室)です。男鹿の海でとれた旬の鱈を存分に味わえるこのプラン、中でも女将のおすすめがとろっとろの鱈白子バター焼きです。また、秋田の名物であるきりたんぽ鍋(1人前1620円・税込)も別注文することができます。


Photo by じゃらん

6千本限定! 超希少な日本酒

酒造り現場の活性化をはかるために秋田県の蔵元集団によって結成されたNEXT5が製造した日本酒が「THE HARVEST 2017 (8856円・税込)」です。お米は秋田の美郷錦をつかっており毎年冬に新作を発表しますが予約の時点ですぐに売り切れになるという超希少なお酒です。甘さがありながらもすっきりとしたのど越しのTHE HARVEST 2017 はすでに販売終了、2018年の新作は年末に発表予定です。NEXT5の公式HPは見つからなかったのですが、2017年の予約は各酒屋さんで受け付けていたようです。

ニュー畠兼

入道崎に多彩ななまはげグッズを販売しているユニークな外観のなまはげ御殿があります。その中にある「ニュー畠兼」では絶品の漁師飯をいただくことができます。男鹿名物の石焼御膳(2160円・税込)には味噌仕立てのスープにクロソイや真鯛などの海鮮がはいっています。食べる直前に約800℃に熱した石をいれて一気に煮たててからいただきます。


Photo by 食べログ

住所:秋田県男鹿市北浦入道崎字昆布浦2-69
営業時間:4月~10月 6:00~18:00 11月~3月 8:00~17:00

男鹿水族館GAO

男鹿水族館の大きな見どころのひとつが男鹿の海 大水槽です。男鹿の海で見られる約40種2000匹の生き物が展示されており、毎年年末年始と2月の第2金曜~日曜の14時からはなまはげダイバーの餌やりも行われており一緒に記念撮影をすることもできます(2018年は2/9~12)。また、こちらの水族館で一番の人気者がホッキョクグマの豪太くんです。他にもかわいらしいペンギンやアシカのショーなどを見る事ができます。


Photo by じゃらん

住所:秋田県男鹿市戸賀塩浜

公式HP  男鹿水族館GAO

三代目ほたる

男鹿の海鮮をつかった料理が自慢のお店が「三代目ほたる」です。こちらでは男鹿のB級グルメや超お得な海鮮定食をいただくことができます。男鹿のB級グルメである男鹿しょっつる焼きそば(680円・税込)はハタハタなどを塩漬けにした秋田の伝統的な魚醤しょっつるをベースにしたタレで粉末ワカメを練りこんだ特製麺と男鹿の海鮮を炒めた焼きそばです。男鹿しょっつる焼きそばは男鹿市内の24店舗で食べることができお店ごとに趣向をこらしたいろいろなアレンジをした焼きそばを提供しています。


Photo by 食べログ

マル得ほたる定食(1800円・税込)は魚の仕入れ状況により中身は若干異なるそうですがお盆2膳に紅ズワイガニのボイルやさけの三平汁、ほっけ焼きなど10種類以上の魚介をつかった料理がのった贅沢な定食でお値段も超お得です。


Photo by 食べログ

住所:秋田県男鹿市船越字内子294-77
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)7:00~22:00(L.O.21:30)※夜は完全予約制
月曜日定休

まとめ

秋田新幹線で東京から約3時間50分と近いわけではありませんが電車1本で気軽に訪れられるのは嬉しいですね。海鮮やB級グルメなど魅力的なグルメもたくさんある秋田、みなさんもぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
特番
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました