王様のブランチmemo 週末トラベル「青森で冬ならではの絶景や味覚を満喫!」

国内
※写真はイメージです

2018年1月27日に放送された王様のブランチの週末トラベルは、冬の青森でした。東京から八戸まで東北新幹線で約2時間45分と思ったよりも近い青森は、近年人気急上昇中の旅先です。2017年年末年始の国内旅行の人気上昇都道府県ランキングでは1位、国内のみならず海外からのお客さんも急増している注目の旅行先!雪と氷が生み出す自然のアートやノスタルジックな旅情感を味わえるレトロな街並み、市場で味わう冬の味覚など魅力いっぱいの青森が紹介されました。

⇒⇒「王様のブランチ」(週末トラベル) のその他の記事はこちら

スポンサーリンク

八食センター

青森県の玄関口でもある八戸市は、太平洋に面しているため冬は晴れの日が多く、意外にも雪が積もる日は少ない。八食センターは、青森県最大の港町でもある八戸でぜひ訪れたい場所。全長170メートルの広々とした市場内には60以上の店舗があり、地元の漁港であがった新鮮な魚介を販売している。

この時期のおすすめは、八戸産の朝獲れ生イカ(スルメイカ)や八戸前沖サバ、八戸産ホッキ貝。八戸はイカの水揚げ量が日本一!また、八戸前沖サバは、日本最北のサバ漁場である八戸の前の海で獲れたサバで脂ののりがとてもよく、日本一脂ののったサバともいわれるブランドサバです。ホッキ貝も弾力があり噛み応え抜群。市場内には立ち食いコーナーや市場で買った食材を炭火で焼いて食べることのできる七厘村があり、お皿や調味料などはそろっているので気軽に海鮮を炭火焼きで楽しめる。

七厘村利用料:(2時間)大人350円、小学生100円

 


Photo by じゃらん

紹介された商品
  • カキ 1個 300円
  • キク 1個 300円
    タラの白子は、赤い筋が菊の花のように見えることから東北地方の太平洋側ではキクと呼ばれている。タラの白子を生で食べられるのも旬のこの時期、八戸ならで!

 

 

住所青森県八戸市河原木字神才22-2 地図
TEL0178-28-9311
営業時間・市場棟:9:00~18:00 ・味横丁:9:00~19:00 ・厨スタジアム:9:00~21:00
定休日水曜 ※繁忙期は市場棟は営業

ととや烏賊煎

八戸市の三日町と六日町の間にあるみろく横丁には、26の小さな屋台が立ち並んでおり、旬の海鮮料理や青森の郷土料理を食べることができる。その中で旬のイカ料理を食べるならおすすめなのがととや烏賊煎

紹介されたメニュー
  • いか刺 800円・税抜
  • いかゴロ焼 980円・税抜
  • 海の幸3点貝焼 1600円・税抜
  • 八戸せんべい汁 500円・税抜

 

住所青森県八戸市三日町10 八戸屋台村みろく横丁内 地図
TEL0178-45-5540
営業時間17:00~23:00
定休日不定休
食べログ

十和田神社

八戸から車で2時間ほどの十和田湖にある十和田神社は、東北最強のパワースポットと言われる場所。平安時代の807年に坂上田村麻呂が創建したといわれる古社は、荘厳なたたずまいで空気も凛と澄んでいるように感じられる。この時期の雪化粧されたたたずまいもまた趣がある。


Photo by じゃらん

 

住所青森県十和田市大字奥瀬十和田湖畔休屋486 地図
TEL0176-75-2425

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

この冬、9年ぶりに冬季営業を再開した星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルは、自然とアートが調合した森に佇む小さな美術館をテーマにしたホテル。館内には、奥入瀬を愛した芸術家である岡本太郎さんの作品が飾られている。巨大な暖炉「森の神話」が置かれたラウンジでは、青森名産りんごのスイーツや湧き水でいれたコーヒーなどがいただける。

紹介されたメニュー
  • 森の神話 1300円・税込
  • 幸福りんごのミルフィーユ 1300円・税込


Photo by 一休

半露天風呂付の渓流ツインルーム は、インテリアをあえてシンプルにすることにより窓からの奥入瀬の自然の景色を存分に楽しむことができるようになっている。

宿泊料:1泊2食 1人/29500~ 税・サ別 ※2名利用時

 


Photo by 一休

氷瀑の湯は、日本初というこの時期しかはいれない露天風呂。温泉の背面には滝が凍ったときにできる氷瀑、そして正面には奥入瀬の自然を見ながら幻想的な入浴を楽しめる。


Photo by 一休

お食事は約1800個ものりんごが並ぶウェルカムりんごセラーが出迎えてくれる青森りんごキッチンでいただくことができる。インテリアのモチーフはりんご、内装もりんごをイメージしているそう。約80種類の料理が並ぶビュッフェスタイルのお料理の中には、りんごを使った鶏とりんごのクリーム煮やスモークサーモンがりんごの甘みを引き立てるサーモンとりんごのマリネなどもある。また、牛バラ焼きなどの青森のご当地グルメやシェフが目の前で料理を仕上げてくれるライブキッチンもあり、出来立てアツアツの料理がいただける。

  • 奥入瀬CIDRE  2560円・税込 ※数量限定
    ここでしか飲むことのできないオリジナルシードル。

 


Photo by 一休

 

 

住所青森県十和田市大字奥瀬栃久保231 地図
TEL0570-073-022

氷瀑スノーシューツアー

奥入瀬渓流ホテルでは、宿泊者限定の無料ツアーが開催されている。氷瀑スノーシューツアーでは、ブーツとスノーシューをはいて銚子大滝のすぐ近くにまで行くことができる。奥入瀬渓流は、特別保護地区なので夏の間は規制場所になっており銚子大滝のすぐ近くにまで行くことはできないが、雪が積もっている冬の間だけ近くに行くことができ氷瀑を間近で見ることができる。寒さがピークになる2月には見事な氷瀑を見ることができるそう。

冬の奥入瀬渓流ガイドツアーでは、岩壁からしみでた水が凍り最大約20メートルの氷柱ができる馬門岩などを見ることができるほか、テンなどの野生動物に出会うことも珍しくないそう。また、夜には氷瀑ライトアップツアーも行っており千筋の滝の氷瀑や馬門岩のライトアップされた幻想的な姿を堪能することができる。


Photo by 一休

 

※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
※本記事内の情報は、作成時の情報になります。現在の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
memoruをフォローする
memoruのいろは

コメント

タイトルとURLをコピーしました