ヒルナンデスmemo 栃木県大田原市後編 淡水魚の水族館、人気のパン屋さん、そして幻の大田原牛

12月18日放送のヒルナンデスでは前回に引き続き森三中とロバーツの同期旅で栃木県の大田原市が紹介されました。案内人は生まれも育ちも大田原という森三中の大島さんです。今回は大島さんの栃木県大田原市おすすめスポット第2位と第1位、そしてもうすぐベスト5入りの一店です。海なし県ならではの淡水魚の水族館や幻の牛といわれる大田原牛、遠方からも多くの人が訪れる人気のパン屋さんをまとめたヒルナンデスmemo大田原市後編です。

スポンサーリンク

第2位 栃木県なかがわ水遊園

栃木県唯一の水族館がなかがわ水遊園です。水族館というと海のお魚を展示していることがほとんどですが、この水族館は海なしの栃木県ならではの淡水魚をメインに展示しているめずらしい水族館です。大田原市には日本一鮎がとれる清流、那珂川が流れておりこちらの水族館では那珂川の魚を多く展示しています。水槽の水も那珂川からひいているそうです。上流に生息しているイワナや下流に生息しているコイやナマズの他、ヤマメやニジマス、ウグイなど様々な魚がいるのですが海水魚に比べるとどうしても似たような魚が多くちょっと地味です(笑)

なかがわ水遊園の見どころと言えるのがアマゾンのトンネル水槽です。南米のアマゾン川を再現したこちらの水槽ではアマゾン川の魚と聞いて誰もが最初に思い浮かべる有名なピラニアの他、ナマズやエイなど約100種類の魚が泳いでいます。この水槽にいる世界最大級の淡水魚であるピラルクーは体長2.5m ほどですが成長すると体長5m以上にもなるそうです。他にもアマゾンのナマズであるタイガーシャベル ノーズ・キャット、ちょっと怖そうな顔をしているけど実はおとなしい性格というナマズの仲間オキシドラスや水草などの植物や水面に落ちてきた木の実を食べるという丸々とした弾丸のような見た目の体長60cmのブラック・コロソマ、黒字に白いドット模様でおしゃれな外観だけど実はしっぽに毒を持っているというエイ、ポルカドット・スティングレイなど普段はなかなか見る機会のないアマゾンの魚たちを見ることができます。

Photo by Tony Hisgett(CC BY 2.0)

また、地上階にはかわいらしいカピバラの茶々丸くんがいます。カピバラは実はアマゾン川流域の水辺に生息する動物で陸の天敵から身を守るために水中で泳ぐこともあるそうです。カピバラの檻の中にある池はその下にあるアマゾンのトンネル水槽とつながっていて運が良ければトンネル水槽の中で泳ぐカピバラの姿を見ることができるそうです。トンネル水槽では12月1日~24日までの期間(11:00~12:00,土日のみ 13:00~14:00)にサンタクロースの水中散歩を開催しており水槽で泳ぐサンタが見れます。

Photo by Paul VanDerWerf(CC BY 2.0)

なかがわ水遊園では絵手紙作り教室(1回100円~)や木のオブジェ作り(1回450円~)、真珠アクセサリー作り(1回500円~)などさまざまな体験講座を受けることもできます。今回、森三中とロバーツの6人が体験したのが水族館ならではのスノードーム作りです。80度の熱湯につけるとやわらかくなるおゆまると呼ばれるプラシチックの粘土で好きな形を作り容器の蓋に針金で固定します。液体のりを容器にそそぎこみ雪は着色したニジマスの鱗で表現しています。容器に蓋をしたら完成です。

住所:栃木県大田原市佐良土 2686
開園時間:9:30~16:30(水族館の入館は、閉館30分前まで)
休園日:毎週月曜日(祝・休日の場合は翌日),毎月第4木曜日
毎年1月第4週の月曜日から金曜日(施設メンテナンスの為)

公式HP  栃木県なかがわ水遊園

もうすぐベスト5 天宮のパン

おしくも今回のランキングにははいっていませんが、大島さん的にもうすぐベスト5というのがこちらのパン屋さんです。大島さんと小中高の同級生の星田さんが経営しているお店で大田原の中心部から車で40分ののどかな田園風景の中にぽつんと佇んでいます。ピーナッツコッペパン(180円・税別)やクリームパン(150円・税別)そして粒あんとバターたっぷりのコッペパン、あんバター(200円・税別)など数々の素朴でなつかしいパンが店内には並べられています。その中でも一番の人気のパンが角食パン(半斤300円・一斤600円・税別)です。栃木県産の小麦ゆめかおりから作るこちらのパンはフワフワモチモチで焼かずにそのまま食べてもおいしくいただけます。決して立地条件が良いとはいえないのですが遠方からも多くのお客さんが星田さんの焼くパンを求めてお店を訪れるという人気のパン屋さんです。

住所:栃木県大田原市両郷412-1
営業時間:10:00〜16:00 ※売り切れ次第終了
月曜・火曜定休

第1位 大田原 牛超

今までに受けたテレビの取材は130件以上という高級ステーキのお店です。こちらのお店の売りが幻の牛とも呼ばれる大田原牛です。実は大田原牛は大田原牛超が育てるプライベートブランド牛で市場にでまわるのは年間わずか30頭ほどしかないという貴重な牛です。さしが細かく入った見事な霜降りの大田原牛は脂の融点が驚くほど低くわずか19度で溶けはじめるそうです。そのため口に入れるとあっという間にとろけてしまいます。

お店の一番人気メニューは特上フィレステーキ 150g (1万円・税別)です。そしてこのステーキと並ぶ人気メニューが濃厚ビーフカレー(2800円・税別)です。カレーの中にごろごろと入っているお肉はもちろん大田原牛。ステーキとしても使われるリブロースやスネ肉、ゲタカルビ、カルビといった味わいや食感の違う4種類のお肉を使ってぜいたくにお肉だけでカレーのダシをとっているそうです。そのため大田原牛の旨味が凝縮したコク深いカレーになっています。今回、カレーと一緒に森三中とロバーツがいただいていたヒレの中でも最高級の部位であるシャトーブリアンも200gで2万円(税別)ともちろん値ははりますが本当においしそうでした。ステーキやカレーの他にもハンバーグやシチュー、すき焼きやしゃぶしゃぶなどのメニューもあります。

住所:栃木県大田原市本町1-2701
営業時間:ランチ 11:00~14:30, ディナー 17:00~21:00
元旦のみ休み

公式HP 大田原 牛超

まとめ

前回に引き続き森三中の大島さんによる大田原市のおすすめスポットが紹介された今回、個人的には大田原牛超が一番気になりました。お肉好きなので毎回ついついお肉に目がいってしまいます(苦笑)おいしいに違いないと容易に想像がつくステーキはもちろんですが、大田原牛のお肉がごろごろと入っている濃厚なカレーはぜひ一度食べてみたいと思いました。皆さんも機会がありましたら大島さんの大田原おすすめスポットぜひ訪れてみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました